« フユノハナワラビとウドの花 | トップページ | 生命界の掟 »

2010年10月 9日 (土)

毒キノコばかり

happy01 一日雨の今日、裏山にキノコをさがしにいきました。見つかったのは毒キノコばかりのようでした。

Dsc_47681

Dsc_4756

ドクベニタケ。山の中でいちばん目立つキノコでその名のとおり食べられない毒キノコ。

Dsc_4769

アミタケ。イグチの仲間で毒がないそうですが食用にはむかないキノコ。

Dsc_4772

ホウキタケの仲間。食られるホウキタケより毒のあるハナホウキタケよく似ています。

Dsc_47922

テングタケ。傘の表面に白いイボ場の状のものが点在し、紅色バージョンのベニテングダケ 同様の毒キノコ。

Dsc_47893

ハツタケ?。今日見たキノコの中で唯一食べれらそうなキノコ。傷をつけるとワイン色の液をだしますが、液はしばらくすると青紫に変わりキコの表面に残ります。

« フユノハナワラビとウドの花 | トップページ | 生命界の掟 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フユノハナワラビとウドの花 | トップページ | 生命界の掟 »