« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

大晦日

 2011年もあと僅かになりましたね。このブログを見て下さっている皆さんはどんな大晦日をむかえられていますか。子供の頃は大晦日には玄関に門松を立て、新しい歳を向かえる準備をしましたが、門松は国土緑化運動やどんど焼きの風習もなくなり、唯一大晦日を感じるのは紅白歌合戦ぐらいになりました。父や母がいなくなり、子供達も外にでて寂しい大晦日を迎えるこの頃になりましが、大きな病気や事故に遭遇せず一年が過ぎたことはなによりと感謝しています。来年も元気でいる限りブログをつづけようと思っていますので、ぜひお立ち寄り下さいね。
それではよいお年をお迎え下さい。

201010102

今年撮った写真からコラージュしました。

2010年12月29日 (水)

隠れキリシタンの遺物か

 我が家ではかっては28日にお餅をつき29日はお墓掃除という習わしがありました。苦をつくきこむから9のつく日にお餅をついてはだめで、苦を掃き出すから9のつく日に掃除をするという単なる語ろ合わせだったようです。今はお餅はつかなくなりましたが、29日から休みに入ることもあって、天気が良ければ家のまわりの掃除や、お墓掃除は29日に行うのが引きつづき習わしになってしまいました。
今日は雪と雨の降るあいにくの天気で大掃除とまではいきませんでしたが、それでもやみ間を狙ってお墓掃除を行いました。そんななか、周辺の掃除をしていて出てきたのは、盃大の皿で底に十字とも×印とも思える絵が描かれた不思議な皿でした。

Dscn2965

白い磁器製ですので新しい時代のもののようですし、図柄は素人が描いたもたもののようです。隠れキリシタンの遺物かも知れないなーなどと勝手に想像しましたが、戦時中の日本赤十字社か銃後看護の関連のもののようです。

2010年12月28日 (火)

イノシシの柵作り ②

 昨日に続いて今日は午後からイノシシの柵のパーツを運び、山中のイノシシの出そうな場所に設置作業を行いました。

Dscn2962

まだ間伐材や竹が生で柵のパーツが重く、予定していた場所より少し移動して、作業のしやすい耕作放棄地で組み立てを行いました。仕掛けの設置は年明け以降とし、その間はイノシシの出没を観測することにしました。

2010年12月27日 (月)

イノシシの柵作り

 今日は一昨日に岡崎に視察にいって見てきたイノシシの柵作りを行いました。

Dscn29602

まずは竹と間伐材の切り出をして、必要な長さに切りパーツの組み立て作業を行いました。

Dscn2961

パーツを作成し組み立てると柵らしくなってきました。明日はパーツを山の設置場所に運び再度組立てます。

2010年12月26日 (日)

初歩のデジタルカメラ教室

 昨日より少し穏やかな陽ざしの今日は、みたけケスポーツ文化倶楽部主催の初歩のデジタルカメラ教室に参加 「みたけの森」で撮影実践を行いました。

Dsc_5715

コンデジでの撮影が基本ですが、マクロで花だけを撮るのか、樹木全体を入れて撮るのか、それぞれ自分のアングルをみつけ一生懸命撮影に挑みました。

Dsc_5694

連日の冷えこみで水車小屋の氷柱も大きくなっていて、格好の被写体になりました。高速シャッターかスローシャッターか選択で後ろの水車の写り具合い違ってきます。

Dsc_5734

こちらは先生に教えていただいたアングルで、湖面のきらめきとまだ花の残るセイタカアワダチソウをパシャリ。

Dsc_5749_2

竹林の竹の根元。ご指導は「煩わしい枯れ葉や雑草は取り除いたほうがよい。」でした なるほど撮影前の気配りも大切ということを学びました。   

2010年12月25日 (土)

イノシシの檻

 今日は自治会の有志で、岡崎市の山間に間伐材と竹でイノシシの檻を作成し、捕獲に成果を上げているグループがあると聞き、檻の作成について見学に行ってきました。
太平洋ベルト地帯の市ですが、三河山間地の集落周辺はイノシシの出没が多く、市全体のイノシシの捕獲数で年間2千頭をこえるほどとか。グループだけでも今年は130頭ほどの捕獲されているそうです。
まだまだ増加傾向のうえ、さらにイノシシも知恵を付けてきていて、警戒心が強くなり、従来の鉄筋などによる檻には入らなくなってきており、自然に近い檻の作成が必要となり、間伐材と竹で作った檻を罠として作られているそうです。

Dsc_56171

まずは色々な資料により説明を受けました。

Dsc_5651

こちらは現地設置型の檻で、すべて間伐材と増え続ける竹林の竹を利用しているそうです。

Dsc_56441

こちらは私達が取り組もうとしている移動式の檻り。(資料より掲載)

Dsc_56111

話は飛びますが、今日はこの冬一番の寒波だったようで、我が家周辺にも雪がうっすらとつもり、初めて積雪を観測しました。

2010年12月24日 (金)

飛びもの

昨日の続きになりますが、野鳥を撮る人達の中では、ただ単に留まっている小鳥たちを撮るのではなく、飛んでいる姿を撮ることが傑作写真の条件のようになってきているようです。私も連写で挑戦しましたがなかなか難しく、感と偶然と良いカメラが必要のように感じました。

Dsc_9231_2

こちらはシャツターチャンスが少し早かったようです。

Dsc_9217_2

広げた羽が下に向いて小鳥の顔が見えません。

Dsc_9195_2

こちらはまあまあの写真ですが、小鳥の顔にピントが合っていませんでした。
いずれもニコンD300の1秒間に6コマ~8コマ連写機能で撮りましたが、小鳥が画面に入っているのは1コマ程度でした。

2010年12月23日 (木)

松尾池のヤマガラ

 今日は二年ぶりに岐阜市の松尾池に行きました。今日は祝日と天候にも恵まれ、カメラマンばかりでなく、おおくの家族連れもおとずれ、おおにぎわいでした。
多くの人がオシドリ目当てでしたが、肝心のオシドリはあまりの人出にビックリしたのでしょうか、池の岸の茂みに引っこんだままでした。たまに数匹が姿を見せる程度でしたが、そんなオシドリを待つ間に、子供達とふれ合いを深めたのはヤマガラだったようです。

Dsc_9417

Dsc_9280

子供達が餌(ヒマワリの種やピーナッツなど)を手にすると、代わる代わる餌をくわえて飛んでいきました。昔は神社のおみくじ引きにも現れたヤマガラ。人なっこい性格なのですね。

Dsc_9221

こちらは木柵に置かれたヤマガラのカービング(真ん中)。やってきたヤマガラが不思議そうにカービングを覗き込んでいました。

Dsc_9538

それでも時々姿を現すオシドリ。写真は仲良く寄り添うオシドリ夫婦

2010年12月22日 (水)

菜花一番咲き

 我が家の畑に育った菜花が黄色い花をつけていました。最初に花をつけた一番咲きです。

Dscn2913_2

蕾のうちに食べると美味しいかもしれませんね。

Dscf2804

こちらは隣の畑のかかし。少しリアルで、人と間違えることがよくあります。

2010年12月21日 (火)

モズのメス

 期待していた今日の皆既月食は、この地域は厚い雲に覆われ、見ることができませんでした。残念でしたが、来年は12月10日ということで、来年に期待することにしましょう。
裏庭にモズが時々やってきますが何時もオスでしたが、今日は久しぶりにメスの姿をみることができました。

Dscf27951

モズのメス オスは太く黒い過眼線があり、背は青灰(せいかい)色ですが、メスの過眼線は褐色で頭部の色と区別がつきません。

Dscf2797

カメラのレンズを向けて数秒後には飛び立っていきました。

Dscf2801 

こちらは畑の近くの電線に3羽とまったキセキレイ。

Dscf2800

真ん中のキセキレイを拡大しました。
キセキレイ 主に水辺に生息し、尾を上下に振ることからシリフリオカメとよぶところもあるようです。翼と尾が黒く、お腹が黄色で白い眉斑があるのが特徴だそうです。

2010年12月20日 (月)

ウサギと年賀状

今日は午前中の雨でようやく年賀状の作成に取りかかりることができましたました。
今年も自筆によるラストで年賀状にと筆を取りましたが、なかなかウサギのイメージがわかず、既成のイラストを参考にした。結果は平凡なウサギの姿になりましたが、とりあえず年賀状の一陣を出すことができました。

I

平凡なウサギ姿にに終わった年賀状のイラスト。

Dscf2790

明日は十五夜で皆既月食が見られますが、今日はその1日前の月。日本ではこの月の模様からウサギの餅つきを連想されるのが一般的です。
外国ではハサミを広げたカニや、読書をする女性に見られることもあるようです。皆さんは何に見えるでしょうか。明日は月の出から地球の影に入った月が見られそうですが、晴れるといいですね。

2010年12月17日 (金)

今日もトゲトゲ

 このところ毎日冷え込みを更新しているのでしょうか、今日の朝も一番の冷え込みで外は霜で真っ白でした。ということで今日も恐縮ですが霜の写真です。Dscf2759_2

ホトケノザについた霜。葉の姿をとどめず、まるでイガクリみたいでした。

Dscf27571

ネギの葉も縦横に関係なくトゲトゲになっていました。

Dscf2751

霜の発達する条件の違いからでしょうか、こちらについた霜は針状でなく、鱗片状に重なってついていました。

2010年12月15日 (水)

へんなダイコン

 今日も畑に残っているダイコンを収穫したら、写真のようなダイコンがありました。成長の途中で地中に伸びず上にのびたようです。赤ちゃんの手のようにも見えますが、皆さんは何に見えますか。

Dscn2766

Dscn2770

角度を変えてみると5本指のように分かれていました。

2010年12月14日 (火)

越前琵琶

 今日は成人講座の終了式。修了証書授与と講座のまとめの後に、田中旭泉(たなかきょくせん)さんの越前琵琶を聞きました。
演目は今日の12月14日、赤穂浪士討ち入りの日にちなんで、「大高源吾」「別れ盃」が演じられ、なかなか聞くことのない貴重な体験をしました。

Dscn2754

まずは琵琶という楽器や、越前琵琶の由来など自己紹介を交えてお話がありました。

Dscn2759

四弦琵琶と五弦琵琶による演目のうちこちらは五弦琵琶による「別れの盃」の場面。それにしても赤穂浪士の討ち入りの日は雪の日でしたが、今日はとても暖かな陽気で地球温暖化を再認識する一日になりましたね。 

田中旭泉(たなかきょくせん) 氏 昭和45年福井県生まれ 岐阜県八百津町在住 祖父(琵琶収集家)の影響を受け、6歳の頃より琵琶奏者の道を歩む。平成4年 琵琶楽コンクールで最年少優勝 文部大臣奨励賞、日本放送協会会長賞受賞など多数の賞を受賞。フランス・ドイツ公演も実施され、現在は全国各地で活躍されている。

2010年12月12日 (日)

アリジゴク

 嘗祭の行事で神社に行った折り、拝殿の軒下にアリジゴクを発見。子供の頃を思い出し小さな棒で探したら、やはり口にハサミを持ったアリジゴクが出てきました。最近は見ることが少なくなりましたが、このアリジゴクはトンボに似たウスバカゲロウの幼虫としてよく知られていますね。

Dscn2741

雨水が当たらない乾いた場所にすり鉢状の巣を作り、アリなどの小さな昆虫が落ちてきた時、地中からハサミを出して捕らえ、体液を吸います。

Dscn27441

地中いるアリジゴクを小さな棒で外に出してみましたが、しばらくするとお尻から土の中に再び潜ってしまいました。
アリジゴクには肛門がなく、羽化するまで排泄物をため込んでいるといわれます。これは常に巣の乾燥を保ち、獲物を捕らえやすくするための工夫かも知れませんね。

2010年12月11日 (土)

自然を楽しむ科学の目

 今年も、日本自然科学写真協会写真展が、「自然を楽しむ科学の目」と題して 岐阜県博物館で開催されていましたので行ってきました。いつもこんな写真が撮れたらいいなーと感動してきます。小さなミジンコから壮大な天体写真まで展示されていて、ネイチャー写真に興味のある方にお勧めですよ。なお、展示は12月26日までです。

Dscn27372

パンフレットの写真は可愛いアシカの子供。

Dscn2714

写真展会場のようす。家族づれで見に来られる方が多かったようです。

Dscn2717

自然が織りなす造形美を題材にした写真もあります。

Dscn2740 

今年も買った写真集。SSPとはsociety of scientific photography の略

2010年12月10日 (金)

初 氷

 今日の朝はこの冬一番の冷え込みで、東海地方のあちこちでは初氷が張ったとニュースで伝えていました。我が家でも、裏庭においてあったバケツに氷りが張っていました。この地域では初氷かどうかわかりませんが、しっかりと厚さで張っていました。

Dscn2705

バケツに張った氷を取りだしてみました。

Dscf2718

こちらは菊の花についた霜。昨日の小雨のせいか地面も真っ白になっていました。

Dscn2701

庭のサツキの葉も真っ白。

 

2010年12月 8日 (水)

プリントゴッコ

 いよいよ年賀状の作成時期になりましたが、今日、土蔵の棚を整理していたら出てきたのは箱に一式入ったプリントゴッコ。インクやランプがまだ沢山残っていましたので、あまり使わないまま しまっていたようです。

Dscn2684

黄色い箱に入っていたプリントゴッコB6セット。1977年にハガキ専用で発売開始となっていたもの。

Dscn26891

こちらは機材と一緒に入っていた印刷用紙や説明書など。イラスト集に 88と書かれていたので、22年ほど前のプリントゴッコのようですが、77年の発売開始ですので10年もたってから購入したもののようです。

Dscn2686

プリントゴッコのランプ。写真の閃光球(フラッシュ)と同じ物で一回コッキリの使い捨てでした。

プリントゴッコ。理想科学工業が家庭用シルクスクリーン型小型印刷機として1977年に販売開始 以降数度にわたり機種改良がなされ 2008年まで製造販売されていた。

 

2010年12月 7日 (火)

ダイコン

 我が家の畑のダイコンが大きく成長し収穫時期を迎えています。

Dscn26831

畑の大根を見ていない人には不思議かもしれませんが、大根はニンジンやゴボウと違い地中だけでなく地上にも大きく成長し伸びていきます。成長しすぎると空洞部分(ス)ができまずくなります。早めに収穫して漬け物にすると良いかもしれませんね。

Dscn26811

こちらは三本に分かれたダイコン。味はどうでしょうか。

2010年12月 6日 (月)

湯の町雨情公園

 一昨日の下呂の続きになりますが、下呂温泉合掌村の近くに湯の町雨情公園がありますが(昭和初期に作詞家 野口雨情が下呂温泉を訪れ「下呂小唄」などを作ったことから、雨情が残した童謡などを刻んだ碑などを配した公園)、ここも紅葉とその落ち葉が綺麗でしたので紹介します。

Dsc_8779

Dsc_87871_3

遊歩道にも落ち葉が落ちコントラストが綺麗でした。

Dsc_8768 

ちょっと変わったモニュメントもありました。

Dsc_8791

石段に落ちた松葉ともみじの葉。

※ 野口雨情 (明治15年~昭和20年) 茨城県出身 作詞家 童謡民謡などの作詞を手がけ、代表作に「七つの子」「赤い靴」「シャボン玉」 などの童謡や「船頭小唄」などがあります。

2010年12月 5日 (日)

下呂温泉合掌村

 このところ写真関連の行事で追われて、ブログを書くのが滞りましたが、今日は昨日行った下呂温泉合掌村で行われた撮影会での写真を掲載します。

Dscf2708

Dsc_8987

上2っはモデル撮影会のようす。

Dsc_8792

公園内のもみじ。まだ紅葉が少し残っていました。

Dsc_8872

園内の鯉たち。園内の池の鯉は人が近づくと寄ってきて、大きな口を開け餌を求めます。

Dsc_9133

:下呂の温泉街を背景に夜行われたミュージック花火。12月いっぱいは毎土曜日打ち上げられるそうです。

2010年12月 2日 (木)

ユキムシ(雪虫)

 小春日和の今日は風もなくユキムシの飛ぶ姿をおおく見ることができましたね。

Dsc_5547 

Dsc_55231

飛んでいる姿をマクロレンズで手持ち狙いましたが、ゆっくり飛んでいるとはいえピント合わせが難しく、今回はこの程度の写真しか撮れませんでした。

ユキムシ   アブラムシの一種でワタムシとかユキンコ、シロバンバともよばれ、冬が近づく晩秋におおく見られます。
実際は年中発生しているいわれます。そういえば桑などの葉の裏に、白い綿毛を付けたアブラムシを初夏に見たことがありますが同じ仲間なのですね。 

   

2010年12月 1日 (水)

全日本写真連盟岐阜県本部展開催中

 いま全日本写真連盟岐阜県本部展が岐阜県美術館にて開催されています。出品点数200点を超える大規模な写真展ですので興味のある方はお立ち寄りください。期日は12月5日(日)まで

Dscn2672

展示(一部分)のようす。

Dscn26652

私の出品作品(左側)。残念ながら入賞できず。

Dscn2673

飛山濃水中濃地域の部では何とか金賞をいただきました(作品右側)。

Dscn26681

一般部門最優秀賞作品(中央)。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »