« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »

2010年3月7日 - 2010年3月13日

2010年3月13日 (土)

カンザクラ満開

happy01 開花し始めたと数日前に紹介したカンザクラ。このところの寒さでその後の開花が遅れていましたが、暖かさを取り戻した今日は開花が一気に進み、ほぼ満開状態になりました。

Dsc_32302_2

下は裏庭に咲き出したムスカリの花。ブドウの実逆しまにしたように見えみることから、別名ブドウヒヤシンスともいわれます。地中海原産。

Dsc_32192

 

2010年3月12日 (金)

春の大雪

happy01 「小さな春さがし」の旅の報告の続きになますが、ツアー最終日の9日は午後頃より降雪がひどくなり、バスの外の景色は春から真っ白な真冬の景色に一変。春のなごり雪にしては多すぎる雪に慌てて帰宅の途につきました。

Dsc_31713

高崎のだるま寺に訪れた頃から本格的な雪に見舞われ、バスを降りずに車内から参拝。↑

Dsc_31291

車窓からの眺めは白一色に変わっていきました。↑

Dsc_3193

往きに高速道路から眺めたのどかな春の田園風景も帰り白と黒の冬景色になりました。↑

2010年3月10日 (水)

小さな春さがし

happy01 今回、群馬県にいったのは「小さな春さがし」というツアーで、途中寄のは秋間梅林と沼田のいちご農園でした。

Dsc_3165

秋間梅林は収穫用の梅が1万本以上植えられているそうで、観光目的でないため紅梅は少なく華やかさはありませんが、梅の花の香りはいっぱいでした。

Dsc_31641

梅林というより梅の里の集落を散策という雰囲気で、見たこともない大きな梅木の花はまだ6分咲きといったところでした。途中に句碑があり、中には今回私達が訪れた心境そままの「はるばると来しが観梅 早かりし」の句もありました。

Dsc_3166

こちらは観光いちご農園。ここのところの天候不良でいちごのいろみが悪く観光客の制限中とか。

Dsc_3167 

それでも大きなイチゴを集中的にゲットし、早春の味覚を楽しみました。

2010年3月 9日 (火)

気になる山塊

happy01 昨日今日と上信越自動車道を利用し群馬県方面にいきました。その上信越自動車道で気になるのがグランドキャニオンを思わせる妙義山系の山々です。Dsc_3145

Dsc_3137 Dsc_3133

昨日はうっすらと雪化粧した山容を見ることが出来ましたが、帰りの今日は雪のため見ることが出来ませんでした。

2010年3月 7日 (日)

110カメラと初期のデジタル一眼レフカメラ

happy01 カメラのお話ですが、ロッカーに眠っている古いカメラを2っ紹介します。1っは1970年~1970~1980年代に流行った110カメラでワンテンカメラといっていたカメラ。もう一つは12年ほど前のデジタル一眼レフカメラ。

Dsc_3113

110カメラ。レンズ付きフイルムカメラ「写るんです」以前のカメラで、110サイズというカセットフイルムを入れて撮るカメラ。ストロボを付けるアクセサリーシューや三脚穴、レリーズ取り付け穴などもついていて本格仕様になっています。110カメラは小型軽量で簡単ということで女性がカメラを持ち歩ける時代をつくりました。↑

Dsc_3114

110カメラのフイルム。サクラカラーの名前が懐かしいですね。↑

Dsc_3123

こちらはフイルム一眼レフのサブカメラとして12年ほど前に購入したオリンパスC-1400Lというカメラ。買った値段は覚えていませんが、当時の定価が128,000円ほどで画素数は141万画素程度しかありませんでした。スマートメデヤという媒体を使い最高画質で10枚程度しか写真が撮れませんでしたね。今や機能は10倍、値段は10分の1となっています。オリンパスのホームページには今も一眼レフ製品として紹介されています。↑

« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »