« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

2010年5月16日 - 2010年5月22日

2010年5月22日 (土)

アオスジアゲハ

happy01  まだこのブログで紹介していなかったアオスジアゲハ。飛翔中をねらいましたが、このアオスジアゲハ、後ろ羽根を半分ほど失っていましたが、元気に飛び回っていました。

Dsc_5594_2

Dsc_5614

白や紫の花を好み、公園や照葉樹林などでよく見られるチョウです。↑

Dsc_5626

チョウではありませんが昨日の一枚。ハナフェスタ記念公園の花の地球館の通路では、たくさんのツバメが巣があり子育て真っ最中でした。赤ちゃんの黄色いくちばしが印象的で、きっと母親から餌を確実にもらうための仕組みなんですね。↑

2010年5月21日 (金)

ヒマラヤの青いケシ

今日は真夏の陽気に誘われて、バラがみごろということで花フェスタ記念公園に。でも、バラより面白い花はないかと見つけたのがヒマラヤの青いケシ。

Dsc_55371

咲いていたのはメコノプシスベトニシキフォリアとメコノプシスグランディスの2種類だそうですが、これがどちらの花かはわかりません。↑

Dsc_5539

花びらを落とし始めた青いケシ。こちらはいっそう ブールーがきれい。↑

Dsc_55661

つぼみ。この青いケシ、毒の成分は持っていないとのこと。↑

2010年5月20日 (木)

ニワゼキショウ

happy01 最近我が家の裏庭に勢力を拡大し、花をいっぱい咲かせているニワゼキショウ。アメリカ原産の帰化植物。

Dscn1228

朝に咲いて夕方にはしぼんでしまう1日花ですが、次から次ぎにと花を咲かせるため1日で終わる花とは思えない。

Dscn12292

最近見かけるようになった白い花のニワゼキショウ。

2010年5月17日 (月)

カワガラス

happy01 一昨日、郡上八幡の清流よしだ川で見たカワガラス。初めて写真に撮りました。

Dsc_53351

山地の渓流にすみ、 水中にもぐって餌をとる。カラスより小型で留鳥。↑

Dsc_5336_2

カラスといっても真っ黒ではなく黒褐色で足も銀色。↑

Dsc_4262

郡上八幡の市内を流れる吉田川。豊富な湧水を集めて長良川に合流します。毎年夏には「新橋とびこみ」という橋の上から、仮装などして飛び込む行事が行われますが、川面から橋の欄干までは12メートルほどあります。2月に行われる鯉のぼりの寒ざらしも有名です。↑

2010年5月16日 (日)

ザゼンソウとエンコウソウ(リュウキンカ)など

happy01 昨日の続きなりますがひるが野高原でミズバショウの他に咲いていた花を紹介します。

Dsc_5195

ミズバショウの間に花を咲かせていたザゼンソウ。大きな仏炎包の中に、こん棒状の花をも持ちますが、花はすでに終わりを告げ、大きな葉を伸ばし始めていました。花の姿が達磨大師の座禅姿に似ていることから。↑

Dsc_51891

エンコウソウ。山地の湿原に咲く花で、リュウキンカと同じ花ですが、花茎が横に伸びる変種。↑

Dscn1216

フッキソウ。山地の林内に生育し雄しべの下部に雌しべがつく。↑

Dsc_5202

おなじみカタクリの花。平地より一ヶ月遅れの開花のようです。↑

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »