« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

2010年7月25日 - 2010年7月31日

2010年7月31日 (土)

羽島の大賀ハス

happy01 今日は全日写連の撮影会で羽島市竹鼻の七夕祭りの撮影会があり、途中によった大賀ハスの里。ピークは過ぎていたことと、今年は例年になく花つきが悪く開花していたのは数えるほどでした。

Dsc_6429

大賀ハスの花。 僅かに咲いていたハスの花をみんなで必死に撮りました。

Dsc_6423

ハスの葉の上の水滴。ハスやサトイモの葉の表面は、ビロードの細かい毛で覆われ、水をはじく構造になっているそうで、その仕組みは特殊な繊維の加工に応用されているそうです。

Dsc_6441

ハスの実。地下茎のレンコンを思い出させますね。お土産にハスの実の砂糖ずけをいただいたことがあります。

2010年7月30日 (金)

ダイコンソウ

happy01 今、キツネノボタンのような黄色い花を咲かせているダイコンソウ。先に紹介した尾瀬にはミヤマタイコンソウが咲いていました。

Dscn18091

ダイコンソウ。名前は根生葉がダイコンの葉に似てることからつけられました。花の裏に隠れているはキリギリス?の幼虫でしょうか。

Dscf1428

花びらを落としたダイコンソウ。

Dsc_6138

こちらも花びらを落としていた尾瀬のミヤマダイコンソウ。このほか山地の林下にはオオダイコンソウの花が咲きます同じ仲間だけあって花びらを落とした姿もよくにています。

2010年7月28日 (水)

今日の犠牲者

happy01 丸山ダム資材運搬道路(通称エコロード)は山真ん中を走っていることもあり、時々動物たちの横断する姿をみることがあります。しかし道路が良くなったことで車も量も多くなり、さらには通る車のスピード早くもなって、こうした動物たちが事故に遭う確率も高くなってきているようです。今日は野ウサギが交通事故による犠牲者となっていました。

Dscn18083

お尻と後ろ足部分を自動車に轢かれようで、後ろ足大腿骨部分が飛び出ていました。轢かれたあと数分間は生きていたかも知れませんが、ウサギにとって大切な後ろ足は致命傷だったようです。写真はリアリティを避けるためモノクロ化し、一部をソフトフォーカス化しました。

2010年7月27日 (火)

ヒメウラナミジャノメとウラギンシジミ

happy01 連日の猛暑の中でも、元気に飛び回っている小さなチョウたちですが、裏庭でヒメウラジャノメとウラギンシジミにあいました。

Dscf1452

ヒメウラナミジャノメ。羽の裏面にさざ波のような模様と、蛇の目の斑がありウラナミジャノメより小型ということから名前が付けられました。小さいながらも朝から夕方まで元気に飛び回っています。

Dscf1377

ウラギンシジミ。シジミチョウの中で羽の裏面にまったく模様のないチョウ。羽を閉じているときはモンシロチョウと間違えることもあります。表面は雄は黒褐色、雌は灰色。

Dscn1806

近くにいたケムシ、この猛暑に冬の衣装姿で見るからに暑そうでした。マメドクガの幼虫のようです。

2010年7月26日 (月)

巨大イモムシ

happy01 イモムシ、ケムシの嫌いな人には申し訳ありませんが、今日は孫をつれて野菜の収穫にいって見つけたのは、トマトの木にいた5~6cmほどもある巨大イモムシ。ススメガの幼虫にも見えますが、成虫の種類は不明です。大きさからいって大きなチョウになるのは間違いなさそうです。

Dscn1792_2

本来は緑色している身体が黄色く変化したものかも知れません。

追伸 上の幼虫の名前がわかりました。クロメンガタスズメという蛾の幼虫のようで、畑の野菜に着く害虫といわれます。

Dscn1803

今日収穫した野菜たち。

2010年7月25日 (日)

背泳の名手 マツモムシ

happy01 このところカラカラ天気で、田んぼの水路の水が激減していましたが、そんな水路で背泳ぎで元気に泳いでいたマツモムシ。羽や腹部に空気をためていて背泳ぎも上手ですが、空を飛ぶこともできます。

Dscf14061

触ると刺すこともある小さいながらもどう猛。大きな後ろ足をオールのように漕ぎ素早く泳ぎます。

Dscn1786

同じ水路に立てられた竿の先にとまっていたたのはハラビロトンボ(雄)。若い個体は黄色で成熟すると黒くなり、さらに老熟すると白い粉を生じシオカラトンボに似てきますが腹部が扁平で区別できます。

« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »