« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »

2010年9月26日 - 2010年10月2日

2010年10月 2日 (土)

モズの高鳴き

happy01 少しずつ秋もふかまり、このところと高鳴きいわれる鳴き声でさえずり始めたモズ。今日も裏山の木にとまりさかんに鳴いていました。

Dscf2151

縄張りを知らせているのかキョ、キョ、キョとかキィ、キィ、キィと大きな声で鳴いていました。
それにしてもあれほどたくさんいたススメ達が、モズの訪れと共にほとんどいなくなってしまいました。まだ稲の刈り取りの終わらない地方に移動したのかも知れません。

Dsc_79422

こちらは隣町にある棚田。稲の刈り取りはすっかり終わり、銀色のススキの穂が風に揺れて、秋の深まりをいっそう感じさせてくれました。

2010年9月30日 (木)

ゴマダラカミキリ

雨あがりの畑にいたコマダラカミキリ。黒地に白い水玉模様のおしゃれなカミキリムシ。

Dscn2222

成虫はミカンやモモの果樹などに住みつき葉や樹皮を食べ、幼虫は木の中に入り材を食べる害虫として有名です。強靱なあごを持っていますのでかまれないように注意が必要。

Dscn2216

ミョウガの花。このところの雨で裏庭のミョウガが花をつけはじめました。地下茎から出てくるためあまり目にすることのない花ですね。

2010年9月29日 (水)

ソバ畑

今の時期ソバの花があちこちで見頃をむかえているようですが、中津川市坂下の椛ノ湖近くのソバ畑でもソバの花が見頃をむかえていました。

Dscf2018

平日にもかかわらずカメラマンや観光客がきていました。

Dscf1993

ソバ畑の中にもヒガンバナが咲いていて、白と赤とのコントラストが綺麗。

Dscf1997

ツマグロヒョウモンも花いっぱいで楽しそう。

2010年9月28日 (火)

ルツボではなくツルボ

happy01 野草の名前をいったん誤って覚えてしまうとなかなか修正がききませんが、ツルボもそういった野草の一つで、今もって口に出るのはルツボです。

Dscf2132

ツルボ。スルボともよばれ、ヒガンバナの咲く頃に畑の畦などに、淡紫色の小花からなる穂状の花を咲かせます。ヒガンバナ同様に葉が出るより先に花を咲かせます。

Dscf1955

ツチイナゴの幼虫。成虫は土のような色をした大型のバッタで、草の茂みなどで越冬し、翌年の春に活動します。ニンジンの葉にとまっていました。

2010年9月26日 (日)

きつねの嫁入り

happy01 昨日の夜はカメラ仲間と飛騨古川で行われた「きつね火まつり」の撮影に行ってきました。メインは飛騨古川に残る民話のきつねの嫁入りの再現で、夜のとばりとともに町中が幻想的なきつねの里ととなりました。

Dsc_7649

まつりのムードを盛り上げるため、希望者には無料できつねメークを行うことができます。

Dsc_7679_2

日が暮れると嫁入り行列が町中を練り歩きます。新郎新婦は結婚を前にした公募で選ばれたカップル。

Dscf2098

Dsc_7777

嫁入りの行列は総勢は50人ほど。

Dscf2080

商店街の店先はこうしたきつねの置物などで飾り付けられ、ムードを引き立てていました。

Dsc_7753

街の行列が終わと特設ステージで結婚の儀が行われます。
写真は結婚の儀で三三九度の盃を受ける花嫁。

Dsc_7901

結婚の儀で披露される祝いの舞の一つ「蛇闘楽」。祝いの宴が終わると祭りは終了。

« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »