« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »

2010年10月24日 - 2010年10月30日

2010年10月30日 (土)

ニシキギとアケビ

happy01 一足早く紅葉して真っ赤な実をつけたニシキギが秋の深まりを告げていました。

Dscf22641

茎にカミソリの刃のような突起物をもつニシキギ。赤い種皮が割れさらに真っ赤な種子が飛び出していました。

Dscf22351

こちらは近くの広場の土手に実をつけていたアケビ。野鳥たちに食べられたのかほとんどの実は種子を落としていました。

Dscf22392

こちらは唯一、まだ口を開けていなかったアケビの実。果皮を割ってみると白い果肉に包まれた黒い種子でいっぱいでした。白い果肉は甘く食べられます。

 

2010年10月29日 (金)

ヤマガラ、エナガ

happy01 今年は柿の木や桜の木など庭の回りの木々が早々に葉を落としたため、やってくる野鳥たちの姿がよく観察できるようになりました。

Dscf2213

Dscf22141 

エナガやシジュウカラの群れに混じってやってきたヤマガラ。葉を落とした桜の木にとまり盛んに木に潜む虫たちを探していました。留鳥。

Dscf2220

エナガ。ヤマガラと一緒に裏庭にやてきました。今日は写真に撮ることは出来ませんでしたが、冬鳥のジョウビタキもやってきていました。

2010年10月27日 (水)

アキノキリンソウとノコンギク

happy01 いよいよ菊の見頃ですね。近くの道路の土手にはキク科のアキノキリンソウやノコンギクもたくさん花をつけていました。

Dscn2476

アキノキリンソウ。同じような黄色い花をつけるキリンソウが夏に咲くのに対して、こちらは秋に咲くことからアキノキリンソウとよばれますが、高山帯では夏に見ることができます。

Dscn2472

ノコンギク。同じ場所にうす紫の花をつけて咲いていました。似た花にヨメナがありますが茎先に花が数個づつまとまってつきます。

Dscn2501

こちらは白いノコンギク。似た花にシロヨメナがあります。

2010年10月26日 (火)

ホコリタケ

今年はキノコが豊作だったようですが、今日は田んぼの畦で白い団子かマシュマロみたいなホコリタケを見ることができました。

Dscn2483_3

ホコリタケ。別名キツネノチャブクロともいわれますが、肉はスポンジ状で幼菌は食べられるそうです。成熟すると褐色となり、頭孔より胞子を放出しますが、ほこりを出しているように見えることからホコリタケとよばれます。

Dscn2485

アップで見ると表面が小さな突起物で覆われザラザラした感じです。

Dscn2496

つるべおとしの秋の夕暮れ。陽が西に傾く頃には冷たいが風がいっそう強くなり早々と家に帰りました。

2010年10月25日 (月)

アオムシくん寒くない

happy01 今日も時折雨がぱらつく小寒い一日でしたが、すこしづつ葉を落とし始めた裏庭のサンショウの木にはまだアオムシしんがいました。相変わらずひょうきんな顔で、じーっと寒さに耐えているように見えました。

Dscn2432

アゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫のようですが、元気にサナギになって冬を越せると良いですね。

Dscn2436

サンショウの実も赤い実から黒い実変わりつつありました。かむと口中がピリピリします。

Dscn2428

近くの林ではヤマウルシの木でしょうか紅葉し始めました。

2010年10月24日 (日)

3匹の子ネコ

happy01 近くのマレットゴルフ場に3匹の子ブタならぬ3匹の子ネコが飼われています。たぶん捨て猫になるところを保護されたようですが、3匹ともひとなつこく来場者に可愛がられているようです。

Dsc_4797

みけトラのAちゃん。子ネコというより大人のネコのようですが、近くに行くとすぐ足下に寄ってくる一番人慣れしたネコ。

Dsc_4798

こちらは一番小さいトラネコのBちゃん。一番若いのでしょう、3匹のうち一番後から近づいてきます。片目が不自由のようです。

Dsc_4802

真っ白な身体のCちゃん。一番おゃれで3匹の中間的存在。ペルシャが掛かっているのでしょうかブルーの瞳がとてもきれい。

« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »