« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »

2010年2月28日 - 2010年3月6日

2010年3月 6日 (土)

春のきのこ

happy01 この時期話題にもならないキノコですが、森の中を歩いてみると枯れ木などにカワラタケなど色々なキノコ見ることができます。特に雨に濡れたキノコは色もきれいで森の散策の楽しみにもなります。

Dscf0165

Dscf0168

Dscf0169

Dscf0170

専門書によれば、色や形の微妙な違いにより種類も違うようです 。

2010年3月 5日 (金)

祈年祭

happy01 今日は地元神社の祈年祭が行われ、今年の五穀豊穣と地区の人たちの幸せが祈念されました。

Dscn0699

Dscn07001_2 Dscn07031

秋の新嘗祭と並ぶ例祭で、本祭は4月14日に行われます。 

2010年3月 4日 (木)

桜が開花しはじめました。

happy01 町道わきに植えられていた桜の幼木。雨に打たれながらも淡いピンクの花をつけ始めていました。

Dsc_3260

早咲きのカンザクラと思われます。↑

Dsc_3268

カンザクラはオオシマザクラとカンザクラの交配種で、早い所では1月頃から花をつけ始めるそうです。伊豆の河津桜は同種とか。↑

2010年3月 3日 (水)

つくし三兄弟

happy01 畑の土手に、暖かい陽ざしに誘われてあちこちに顔をだしていたツクシ。三本並んでいたのは兄弟でしょうか。

Dsc_3087

近くの梅の花は満開で紅白そろつていい香りを放っていました。↓

Dscf0186

Dscf0183_2 

2010年3月 2日 (火)

内裏様の条件

happy01 明日は3月3日で桃の節句のひな祭り。 あちこちでひな人形が飾ってありますが、内裏様の顔をよく見ると、大抵が顔は面長で目は切れ長のつり目で凛々しい姿。丸顔でたれ目でにこやかなエビス顔の内裏様はないようです。

Dscn0684

町の竹屋資料館に飾られていた内裏様。口は小さく鼻高く、目はつり目で顔は面長。

Dscn0686

こちらは土雛で、内裏様は耳も大きくやはり面長。美男の条件なのでしょうか。

Dscn0670

つるし雛も飾られていました。

2010年3月 1日 (月)

田んぼの白い花たち

happy01 暖かい日がつづき田んぼの畦にはハコベ、タネツケバナ、オオイヌノフグリなどの小さな花達が咲いていました。

Dsc_30801

白い小さなハコベの花。ご存じ春の七草の一つで、よくオオイヌノフグリと一緒に咲いていいます。↑

Dsc_30771

タネツケバナ。名前は種もみを水につけるころ咲くことからつけられたとか。↑

Dscf01531

こちらは花ではありませんが、頬が白いのでホオジロと名前が付けられた鳥。本では「一筆啓上つかまつり候」と鳴くと紹介されていますが、今日はピィチクピーと短くさかんに鳴いていました。↑

2010年2月28日 (日)

菜の花や月は東に陽は西に

happy01 今日の夕方は東の空に大きな月が出てきて、満月かなとカレンダーを確認しましたら、月齢は14日で明日が満月のようです。陽が沈むとと同時に東に出るこの時期の月は、赤みをおびて中秋の名月に肩を並べる名月ではと感じ「菜の花や月は東に陽は西に」思い浮かべました。

Dscf0147

菜の花を一緒に撮し込むことはできませんでしたが、春らしい大きな月を撮ることが出来ました。

« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »