« みたけの森の下がりもの | トップページ | 侘(わ)びの世界 »

2011年1月22日 (土)

みたけの森の野鳥たち

happy01 今日も昨日の続きになりますが、みたけの森の散策で出逢った野鳥たちを紹介します。見慣れた野鳥達ですので、森の雰囲気を出すためロングで撮った写真を掲載します。

Dscf31371

まだ氷が残る湖面にカイツブリが盛んに水中に潜っていました。湖面の氷結のためでしょうか、湖面には他の水鳥たちは見られずこのカイツブリ1羽だけでした。

Dscf3139

こちらはメジロ。垂直の幹に水平に体を保つ姿は、出初めの梯子乗りのようでした。

  Dscf31483

ジョウビタキのメス。あまり警戒心が少ない鳥ですね。じっとしているといつも近くに寄ってきます。

Dscf3157

コッコッと小さな音を立てていたので、アカゲラかと思いましたがヤマガラでした。樹皮の中に潜む虫達を探していたようです。

« みたけの森の下がりもの | トップページ | 侘(わ)びの世界 »

」カテゴリの記事

コメント

カモではなくカイツブリなんですね
水面に浮かぶ トリ 全部カモだと思っていました

湖面の結氷のためかカモ類を見ることができませんでした。
カイツブリはカモに比べ小さな鳥ですが、いったん潜ると10秒ぐらいは湖面に出てきませんし、潜った位置よりずいぶん離れた場所に出てきます。出てくる場所が予測できないため、見ていても飽きない鳥です。
留鳥ですのでみたけの森にずーと居住ているのかもしれませんね。

今晩は
湖面の元気なカイツプリ良いショットですネ 
私も土,日の2日間は御嵩の森の尾根伝いを散策してきました。
ルリビタキ,コゲラやホオジロ,カシラダカ,ツグミ,などたくさんの元気な鳥達に出会いました。
クロツグミを探していますがいまだにあえません。今シーズンもだめかもしれません。

今、みたけの森は留鳥と冬鳥たちが一緒に見られにぎやかですし、広葉樹が葉を落とし野鳥達の姿が観察しやすくなってバードウォッチングには最適ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みたけの森の下がりもの | トップページ | 侘(わ)びの世界 »