« イモムシハンドブック | トップページ | ホオジロ »

2011年1月 6日 (木)

第26回御嵩町美術展開催

happy01 明日から御嵩町中山道みたけ館で御嵩町美術展が開催されるため、トップ開催での写真の部の展示を行いました。興味のあるかたはお立ち寄り下さい。

Dscn2996

写真の部は展示総数27点で、明日から1月11日(火)まで展示されます。

Dscn29951

展示打ち合わせに余念のない役員。

Image02

美術展の会期は2月10日まで写真、陶芸と書、日本画、洋画、工芸の順に5日間ほどづつ開催されます。詳細は上の目録をクリック拡大のうえご覧下さい。

« イモムシハンドブック | トップページ | ホオジロ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

今日、写真展を見に行ってきました。okuyaさんのモノクロ写真は独特で、写真を究めた作品のように思いました。

ここんにちは
先日 写真展見せていただきました
モノクロ写真。。懐かしいですね。
カラーが当たり前の時代において 何となく
郷愁を誘われる感じがします。
カラー写真を撮るより難しいでしょうね?きっと

私の子供のころ、 写真が貴重だったころ、
すべて写真はモノクロ。今見るとすべてセピア色に変色(と言っていいのかどうか)しています。
今 あえて セピア色で写真を作る技術もあるそうですので。。。

takeチャンさん、蚊取線子さん、美術展に足を運んでいただいてありがとうございました。
今回の私のモノクロ写真はカラーで撮ったものをモノクロ変換してプリント仕上げにしたものです。
キラキラした水しぶきを強調するためにモノクロ仕上げにしましたが、今やデジタル写真になり簡単に加工ができるようになりましたね。ただ何でも加工すれば良いというわけでもありませんので、自分の表現したいイメージの範囲で行うということが鉄則のようです。
写真を始めた頃はモノクロ写真全盛期で、自分でフイルムの現像やプリントを行っていましたが、水洗という行程をいい加減にすると、日が経つと黄色く変色してしまいました。今は家庭のカラープリンターで簡単に印刷した写真でも100年以上は色あせないそうです。写真関連の技術も日進月歩ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イモムシハンドブック | トップページ | ホオジロ »