« 雪の日 | トップページ | 綿帽子 »

2011年1月17日 (月)

雪の里山

昨日から降り続いた雪も止み、今日の朝は集落をカメラ片手に一回り。通勤で車の行き交う道路から少し入ると、そこは人の足跡もないひっそりとした里山の原風景にであうことができました。

Dsc_9633

集落の外れにある、今は無人となった家屋。夏には小川にホタルが飛び交います。

Dsc_9609

田んぼには人影もなくひっそりと雪に埋もれていました。夏にあれほど鳴いていた蛙の声も今は聞こえません。

Dsc_9605_2

耕作されなくなった山すその田んぼには、朽ちかけた小屋がひっそりとたたずんでいました。

Dsc_96551

話は変わって、雪の日にはナンテンの実を食べによく訪れずれるヒヨドリ。今日もこの鳥だけはピ-ピーと元気でした。

« 雪の日 | トップページ | 綿帽子 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いい雪景色です。
静かで 物音ひとつしない静寂な世界が伝わってきます。
私も今日は昼に御嵩の森まで徒歩ででかけてきました。 たくさんの足跡にはびっくりです。雪景色の中を散策されねかたとも お会いしちょっとした会話もこころあたたまるものでした。

雪の日は雪が音を吸収するのでしょうかとても靜かですね。
みたけの森の雪景色もとても綺麗でしょうね、今回は行けませんでしたが、次回に雪が積もったら出かけたいと思っています。
今年は2月いっぱいまで寒い日がつづくと天気予報でいっていましたので、まだまだ大雪の日があるかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の日 | トップページ | 綿帽子 »