« ブルーな湖面 | トップページ | 第26回御嵩町美術展開催 »

2011年1月 5日 (水)

イモムシハンドブック

happy01 今日、本屋に行って偶然見つけたのはイモムシハンドブック。身近な環境で見られる226のイモムシ、ケムシとその成虫やサナギまで掲載された図録でさっそく購入しました。今まで色々なイモムシ、ケムシに出逢っても名前がわからず解らず苦労していましたが,これで今まで以上にこのブログでイモムシ、ケムシを取り上げることができそうです。イモムシ、ケムシの嫌いな人はその時はパスしてくださいね。coldsweats01

Dscn29911

本屋で見つけたイモムシハンドブック。

Dscn29931

ページを開けるとこんな感じです。まだ未解決であった下の写真のサナギも名前が判明しました。

Dscn2407

芋ほりをしていたらでてきたゾウのような長い鼻をしたサナギ。エビガラスズメという蛾のサナギで幼虫はやはりサツマイモの葉などを食べる害虫だそうです。 

« ブルーな湖面 | トップページ | 第26回御嵩町美術展開催 »

自然」カテゴリの記事

コメント

山形県にもえびがらすずめのさなぎいました私もこのサナギなにかぎもんにおもってましたがやっとわかりましたありがとうございます。

イモムシ、ケムシは農作物の害虫になるものもいて、あまり好きにはなれませんが、個性的なスタイルのものもいて興味をそそりますね。
今日もオクラに付いていたのは配色の綺麗なフタトガリアオイガでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルーな湖面 | トップページ | 第26回御嵩町美術展開催 »