« ダイサギとオオバン | トップページ | 昔の農具 »

2011年1月27日 (木)

珍百景

happy01 今日は湖北で出逢った「何これ珍百景」とまでは行きませんが、おもしろそうな写真を紹介します。

Dsc_9758_2

まずはイチジクの冬芽。イチジクの冬芽だけなら珍しくもありませんが、こちらは腰にイチジクの実をぶら下げている冬芽。腰に荷物をぶら下げどっかにいこうとしているのでしょうか。

Dsc_97821

こちらは池に浮いていたスイレンの実のアップ。絵画 ムンクの「さけび」のようにも見えます。

Dscf32922

家の中のジヨゥビタキ。しっかりと鍵がかけられた家にジョウビタキが入っていて、窓からでようとしていましたがでることができず困っていました。どこから入ったのでしょうか、その後無事に出られたのでしょうかcoldsweats02

« ダイサギとオオバン | トップページ | 昔の農具 »

自然」カテゴリの記事

コメント

2枚目の写真はとっても面白いです。
パンダみたいです。 これに似たカモを今年も御嵩の造成池でみました。
パンダがも別名ミコアイサです。
昨日から小雪が降ったりやんだりの天候ですが 写真のジョウビタキの餌とりはこんな天候はどうしているのでしょう? 鳥達も大変で雪をさけて隙間からはいりこんだのでしょうか 早くやんでほしいものです。

ミコアイサは琵琶湖のビオトープでよく見ますが、御嵩にいるのですね。初めて知りました。御嵩も自然が豊かなのですね。
雪が降ると雪のない樹下に出てきて食べ物を探すため、今日もシロハラが来ていましたが、鳥達も雪が降ると大変なようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイサギとオオバン | トップページ | 昔の農具 »