« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

賑やかなマヒワ

一昨日いった河川環境楽園では多くの鳥たちに出逢いましたが、今日紹介するのはこのブログで初めて紹介するマヒワ

Dsc_2306

冬鳥で、集団できていました。身体黄緑色で、遠くから見るとメジロのようにも見えます。

Dsc_2328

地上に降りて採餌するときも、飛び立つときも集団で行動し、とても賑やかです。写真では確認しづらいかも知れませんが、地面おりたマヒワでとても賑やか、中には飛び跳ねながら採餌するものも。

Dsc_2311

飛び立つときも一斉。口に咥えた餌はもちろん離しません。黄緑色の胸をしているのがオスで、縞模様のある白い胸をしている方はメスだそうです。

2011年2月27日 (日)

御嶽宿のひな祭り

今日は、みたけスポーツ文化クラブの写真教室で、今 開催されている御嶽宿のひな祭りの撮影実践を行いました。

Dscn32752

ひな人形はこんなポスターのあるお店や施設で展示されています。

Dscn3246

撮影に余念のないメンバー。

Dscn3232 Dscn32781

商家竹屋では内裏びななどの衣装を身につけ、「ひな人形と写真を撮ろう」という催し物が行われていました。

Dscn3259

東の端の「たんどこ」では、つるしびなの展示や江戸時代のひな人形も展示され賑やかです。

Dscn3264

撮影のあと、お茶とお菓子をいただいての説明を受ける教室のメンバー。

Dscn32821

一般のお店も協力していただいて、シューウインドーなどにもひな飾りをしていただいています。
このほか「わいわい館」「中山道みたけ館」など数カ所で展示されています。

2011年2月26日 (土)

フクジュソウ(福寿草)

今年も河川環境楽園のフクジュソウが黄色い花を咲かせていました。

Dsc_2425

Dsc_2419

フクジュソウ 沖縄を除く各地の山野に生える多年草。やや寒冷な地方に多く分布し、落葉樹林内の湿った場所を好む。

Dsc_24121

こちらも近くに咲いていたミスミソウ。フクジュソウと同じキンポウゲ科の仲間で、本州、四国、九州の山地の落葉樹林内に生える多年草。花弁のように見えるのはがく片で野生主は白色。

2011年2月25日 (金)

スギ花粉大発生の前兆

 このところの暖かさで、近くの杉林は真っ赤に染まり、スギ花粉大発生の前兆を示しています。予報でもこの地方では昨年の7倍~8倍の量だそうです。昨年何ともなかった人でも今年は花粉症に悩ませられる可能性があるそうですよ。

Dsc_6373

南向きの杉林は、まるで紅葉しているほどに杉の花が色づいています。天候がよければ明日にでも大量の花粉が飛散するかもしれませんね。

Conv0404

こちらは昨年撮ったスギ花粉の顕微鏡写真。薄皮に覆われた花粉が体内などで水分を吸収し膨れあがり、やがてヒスタミンやロイコトリエンなどのアレルゲンを含む内容物が外に飛び出し、アレルギー症状をおこすといわれます。

2011年2月24日 (木)

写真コンテスト入賞作品

 最近応募した写真コンテストで駄作ながら賞をいただきましたので紹介します。
まずは下呂市G・Art写真の部で優秀賞に選ばれた下呂市雨情公園で撮影した作品「秋のプロムナード」。

Dsc_8779

下は写真専門誌「フォトコン」 4月号 フォトコンスクール・ネイチャーの部 銀賞に選ばれた「きらめく幼樹」。

Dsc_54201

自分ではまだまだ満足できない作品ですが、これからの励みになりました。

2011年2月23日 (水)

なんだこりゃギャラリー

最近撮った写真から一見しただけでは解らない写真を掲載しました。答えは最後で。

Dsc_5956

Dsc_0389 

Dscn3048

Dsc_6219

①  一番上の写真は花フェスタ記念公園に展示してある隕石の断面。金属物質と石物質が混ざった貴重なもののようです。
② 下呂の田の神祭りで祭りが終わり、参拝者がいなくなった会場に落ちていた、縁起物の寄進笠の切れ端など。この切れ端でも御利益があるるようでした。
③ 池の氷の割れ目。今年の冬は寒かったけれど、今はもう忘れてしまいましたね。
④ ウォーキングでいった、篠島の漁港に繋がれた漁船の影。海面の波によって色々変化してまるで現代アートのようでした。

 

2011年2月22日 (火)

今日の国際宇宙ステーション

今日も暖かい一日で、夕刻に外に出るのも楽になり、久しぶりに国際宇宙ステーション(ISS)を撮りました。)今回はコウノトリ(HTV)とドッキンクしたISSですが、2月25日にはスペースシャトル打ち上げられてドッキングし賑やかな宇宙ステーションになるようです。

Dscf34813

Dscf3482

Dscf34832

北西の空に現れ北東の空に消えていきました。

2011年2月20日 (日)

みたけスポーツ文化クラブ発足

 今日は地域限定の話題で恐縮ですが、足かけ3年ほどかけ進めてきた、みたけスポーツ文化クラブを今日立ち上げることができ、その設立フォーラムを開催しました。

Dsc_63171

設立セレモニーのあと、すでに実施している各サークルや教室の紹介と活動発表がありました。

Dsc_6323

こちらは「初めてのヒップポップ」教室の紹介で、幼児達の可愛いダンスが紹介されました。

Dsc_63292

大人向けにはフラダンス教室もあります。

Dsc_6312

こちらは「そば打ち」教室によるソバ試食会。挽き立て、打ち立て、ゆでたての美味しいソバでした。

Dsc_63601

出席者全員が参加しての「レッツ盆ダンス」。そのほかエアロビックス、ヨガ、パンづくり、デシカメ、和太鼓などの各教室および、既設のスポーツサークルの紹介などがありました。これらの教室は継続して行われますので、興味のあるものがありましたら、ぜひ入会参加して下さい。問い合わせは御嵩町B&G海洋センターまで。

2011年2月19日 (土)

恋の季節でしょうか

バレンタインもすぎてこのところの暖かさで、スズメたちのさえずりも一段と賑やかになってきました。きっと恋の季節が来たのでしょうね。

Dscf3438_2   

裏のシダレザクラの木には今日もスズメたちがたくさん来てチュンチュンチュンととても賑やか。

Dscf3457

やがてあちらの木、こちらの木と飛び移り追っかけっこをするものも。

Dscf3460

こちらのスズメも盛んにさえずりアピールしているようです。

2011年2月18日 (金)

みたけの森の紅梅

 暖かな陽気にの今日、みたけの森の紅梅が気になり、隣町に行った帰りに寄りました。咲いていたのは一株に一個ほどでしたが、蕾は膨らみ4~5日後には見頃をむかえるようでした。

Dsc_6231

Dsc_6235

僅かですが今日咲いていた紅梅の花。

Dsc_6238

ほとんどの紅梅は蕾でしたがこんなに膨らんでいました。

Dsc_2211 

一足早くこちらは満開の我が家のサクラの花。じゃなくて、プリムラ(サクラソウの仲間)。

2011年2月16日 (水)

春の海

 今日は2ヶ月ほど休んでいたウォーキングに参加し、知多の篠島を一周しました。

Dsc_6156

暖かな陽気の今日はウォーキングをしているとじっとりと汗をかくほど。

Dsc_6171

砂浜には、貝やヒトデなど色々なものが打ち上げられていて、宝ものさがしの楽しさも満喫。

Dsc_6183

陽ざしの少ない山中はとても快適。

Dsc_6142

高台から見下ろす海は、風もなく穏やかな「ひねもすのたりのたり」の春の海。向こうに見えるのは渥美半島で風力発電の風車がたくさんみえました。

Dsc_6193

島周遊コースの途中途中には小さな弘法堂が88あり、一周すると満願成就がはたせます。

Dsc_62001

こちらは篠島小中学校。小学校の建物が左で右が中学校。校門は1カ所のようで門柱は左が篠島中学校、右が篠島小学校と書かれていました。

Dsc_6166_2

突然のウォーカー訪れに、ワカメの箱もすぐ空になりオバチャン達もえびす顔。

2011年2月15日 (火)

積雪17センチ

 昨日の夕刻から降り出した雪は夜半ごろまで降り続き、朝はすっぽり銀世界。

Dsc_21761

積雪をものさしで測ったら17センチほどありました。

Dsc_21452_2

裏山のしだれ桜も雪で覆われ、まるでモンスター。

Dsc_2191

そんなシダレザクラの中にいたのはキシバト。一晩ここですごしたのでしょうか。

Dsc_21732

それでも昼頃には気温も上がり、雪解けが一気に進み野山の木々の雪はほとんど消えてしまいました。

Dsc_2126

こちらは防犯灯の明かりに照らした昨日の夜の雪景色。

2011年2月14日 (月)

下呂の田の神祭り

飛騨路に春を告げる祭りとして、毎年2月14日に下呂市で行われる田の神祭りが、今年も盛大に行われました。

Dsc_9997

下呂温泉合掌村で行われた禊(みそぎ)の行事。下呂の田の神祭りは「花笠まつり」ともよばれ、赤い花笠を被り踊る踊り手の若者が禊ぎの主役となります。

Dsc_0077

「獅子別れの舞」。禊ぎの地を離れ、森水無八幡神社に向かう前に行われる獅子舞。

Dsc_0171

神社では御輿が担ぎ出され、禊ぎの地よりの行列と一緒になり境内を練り歩きます。

Dsc_0105

餅のついた棒を鍬に見たたてて行う田打ちの舞。

Dsc_02431

竹で作られたササラをつかって踊られる花笠踊り。

Dsc_0276

祭りの最後は、寄進花笠、紅白団子、小竹箸など縁起物が参拝者に投げ込まれ、本年の五穀豊穣と無病息災家内安全が祈願され終了します。
春を告げる祭りでしたが、この後まもなく降雪に見回れあっという間に銀世界。本格的な春の訪れはもうすこし先のようです。

2011年2月13日 (日)

ランの花

  昨日のつづきで花フェスタ記念公園の温室に咲いていたシンピジュウムやコチョウランなどのランの花、この時期いちばん綺麗ですね。シベの形がおもしろそうでしたので、アップで撮りました。

Dsc_6024

Dsc_5949nef_2

Dsc_6021_2

ランの名前はわかりませんが、それぞれすこしづつ違い個性があります。

Dsc_6010

こちらはランではないようですが、顎も花弁もシベも緑色の不思議な花。知っている方があったら教えて下さい。

2011年2月12日 (土)

アカバナミツマタの花

 今日は久しぶりに花フェスタ記念公園にいきました。バラの季節とは違い、訪れる人はまだまだ少ないのですが、春の草花展も開催されていて、春の訪れを一足早く感じることができました。

Dsc_5992

Dsc_5991   

そんな公園の温室で一足早く花を咲かせていたミツマタの花。普通は黄色い花ですが、赤い小さな花でアカバナミツマタよばれる品種だそうです。

Dsc_6012

こちらは温室の外のミツマタ。やはり花はまだまだ先のようです。
ミツマタ 毎年3つ分枝することからミツマタとよばれ、中国、ヒマラヤ原産。室町時代に渡来し和紙の原料にしたそうです。

2011年2月11日 (金)

雪だるまとかまくらを作りました

今日は天気予報どおり雪が降り出し、あたりの景色はあっという間に雪景色。ちょうど遊びに来ていた孫にせがまれ、雪だるまと小さなかまくらを作りました。

Dsc_6076

まずは雪集めから。積雪は朝からの降雪だったため7~8㎝程で、ひとかきすると地面が見えてしまいました。

Dsc_6045

すこしづつ雪を重ね、ほぼ完成に近づいたプーさんの雪だるま。

Dsc_6087

さらに「かまくら」を作ろうということで挑戦しましたが、雪の量が少なく「ミニかまくら」で断念。

Dsc_61111

孫のアイデアで「かまくら」にも目鼻などを付けたら、となりのトトロ風になりました。

Dsc_6119

こちらは先ほど撮った夜のかまくら。広場の防犯灯がカクテルカラーの色を添えてくれました。

2011年2月10日 (木)

ロウバイとマンサク

 暖かくなったと思ったら今日は冷たい風が吹く一日で冬に逆戻り。それでも春の訪れを感じてか近所の農家の庭先にはロウバイやマンサクが花をつけていました。

Dsc_6037

ロウバイ 中国原産で、ロウソクの蝋のような花びらを持つことから蝋梅といわれるようですが、花は釣り鐘のように下に向いて咲く。寒の内から花をつけているものもあるようです。

Dsc_6018

マンサク 山の木々の中で春一番に花を咲かせ、まずさく花からマンサクになったとか。

2011年2月 9日 (水)

余呉湖伝説の風景

今日はネタ切れで、先に行った余呉湖の伝説の風景を紹介します。

Dsc_9720

余呉湖の羽衣伝説のある樹齢15年以上といわれるマルバヤナギ巨木のある風景。
天女が羽衣をこのヤナギの木に掛け水浴していたところ、羽衣を奪われ帰れなくなったしまいました。天女はその後奪った男と結婚し、その子供達がこの地の子孫となったといわれます。

Dscf3343

こちらは菊石姫竜神伝説の菊石姫の枕石のある風景。人の子として生まれた竜神が、育てられた恩にむくい干ばつから村を救い、また育ててくれた母親の命を救ったという伝説のなかで、最後に湖深くに帰るとき、しばし石を枕に休んだという石。

2011年2月 7日 (月)

梅一輪 一輪ほどの暖かさ

今日も暖かな陽ざしでしたが、風はまだ冷たい冬の風。行きつ戻りつして本格的な春になるようですが、畑の隣の梅の木は白い蕾を膨らませ、一輪一輪花を咲かせ始めました。

Dscn3214

紅梅は、あちらこちらで満開をむかえているようですが、こちらは小梅の木で近づくとほのかな香りが漂ってきました。

Dscn3218

ウメの木の下ではオオイヌノフグリも花をつけ始めていました。

2011年2月 6日 (日)

テンがかかった

 今日は畑で農作業していたら、近所の農家の方がイノシシの罠にテンがかかっていたといって、手にぶら下げみえた黄色い小動物、初めて見る冬のテンでした。

Dscn3200

すでに死んでいましたが、冬に毛が黄色く変わるキテンといわれるホンドテンのようです。

Dscn3205

毛は黄金色で柔らかくそのままマフラーかストールにしたいほど。近くにあった石をだかせて撮った写真はまるで生きているようですね。
ホンドテン イタチの仲間で、イタチより少し小さく体長は40㎝から50センチほど。雑食性で木登りも得意。夏と冬で体色が変わり、夏は茶褐色で、冬は薄い赤褐色か黄色に変わり、黄色に変わるものをキテンとよぶそうです。

2011年2月 5日 (土)

天然シャーベット

このところ暖かい日がつづき、この地域では積もっていた雪も日陰を残してほとんど消えてしまいました。
残った日陰の雪も朝の冷え込みと日中の暖かさで、溶けては氷っての繰り返しで天然のシャーベットになっています。

Dscn3173

融けた雪は再び氷り天然のシャーベット。

Dscn3175_2

さらに拡大するとキラキラ輝く宝石のようです。

Dscn3198

話は変わって、昨日ひょんなことから手にしたお金は、地方自治法施行60年周年記念硬貨。毎年6っの都道府県の図柄が平成20年から発行されていて、全都道府県の図柄が揃うのは平成28年になるそうです。つまり最後の都道府県は、2年後に地方自治法施行70周年を向かえるという、息の長い記念硬貨なようです。ちなみに発行トップは北海道、京都府、島根県で、ビリは未定。写真は今年1月に発行された愛知県図柄の記念硬貨。

2011年2月 4日 (金)

フキノトウを食す

昨日フキノトウの話をしたら、今日は妻がまだ小さな蕾のフキノトウを採ってきて、みじん切りにして「みそ和えにして食べたら」といって昼食時に出してくれました。食べると口いっぱいに春の香りと味か広がりました。

Dscn3168

裏庭で採れた小さなフキノトウ。

Dscn31611

食べたのはフキノトウをみじん切りにして、みそをかけたシンプルな料理。本当は天ぷらにして食べたかったのに~

2011年2月 3日 (木)

フキノトウも花開く

 今日は節分で、暦の上では冬は今日で終わりですが、暦に合わせたのでしょうか、今日の陽ざしはほんとうに春が来たよう。 南向きの斜面に毎年早く花を咲かせるフキノトウ。今年も忘れずに花を咲かせ始めていました。

Dsc_59341

一昨日まで雪に覆われていましたが、雪も融け花を咲かせ始めていました。

Dsc_5933

こちらはまだつぼみですが、あと2~3日でほころび始めるようです。でも条件反射でしょうか、フキノトウを見るとほろ苦さが口の中にいっぱい広がってきますね。

2011年2月 1日 (火)

春が来た

今日は天気予報どうり暖かな一日になり、白銀世界があっという間に消えてしまい、太陽の陽ざしのエネルギーを実感しました。季節は忘れずめぐり、春がすこしづつ近づいて来ているようですね。

Dscf3198

Dscf3203

Dscf3202_2

おなじみの冬鳥達も春の訪れを待ち焦がれていたようです。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »