« テンがかかった | トップページ | 余呉湖伝説の風景 »

2011年2月 7日 (月)

梅一輪 一輪ほどの暖かさ

今日も暖かな陽ざしでしたが、風はまだ冷たい冬の風。行きつ戻りつして本格的な春になるようですが、畑の隣の梅の木は白い蕾を膨らませ、一輪一輪花を咲かせ始めました。

Dscn3214

紅梅は、あちらこちらで満開をむかえているようですが、こちらは小梅の木で近づくとほのかな香りが漂ってきました。

Dscn3218

ウメの木の下ではオオイヌノフグリも花をつけ始めていました。

« テンがかかった | トップページ | 余呉湖伝説の風景 »

植物」カテゴリの記事

コメント

今日のように暖かい日射しを受けると この梅の香りがただよってくるようです。

暖かくなり貧乏人にはありがたいですが、何かと忙しくなってるので、ちょっぴり不満なところうあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テンがかかった | トップページ | 余呉湖伝説の風景 »