« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

ハルリンドウ

この時期いつも紹介するハルリンドウ。毎年花を咲かせる場所に行ってみましたが、イノシシの荒らされたようで数株だけしか残っていませんでした。そのなかでも咲いていたのはたった一輪。

Dscf33911

株元にはまだ蕾がたくさついていましたので、これからも花をつけるようです。

Dscf3394

近くにショウジョウバカマも咲いていましたが、やはりイノシシ掘り起こされていて数が激減していました。

Dscf3399

近くの広場に植えられていた木(ナンジャモンジャの木のようですが不明)の冬芽と葉痕が、サルの顔のように見えました。

2011年3月30日 (水)

カケスがやってきた

 畑にいると、裏の林にカケスの姿がありました。先日購入したカメラを望遠側に合わせ撮ろうとしましたが、700mmを超える焦点距離ではなかなかヒントがあわず慌てましたが、どうにか2枚ほどシャッターを切ることができました。それでもピントが合っていたのは1枚のみでした。

Dscf3308

木の実が少なくなったのか時々畑にやってくるようです。相変わらず鋭いまなざしと丈夫なくちばし。羽の一部がプルーで綺麗な鳥ですが、いかつい顔がちょっと怖い。枝の影が邪魔でしたね。

2011年3月29日 (火)

水ぬるむ

 近所の農家の小さな池にオタマジャクシがしがいっぱいいました。最近は湿田がなくなってオタマジャクシを見る機会が少なくなりましたが、水ぬるむ小さな春を見つけることができました。

Dscf33251

Dscf3319

ツチガエルのオタマジャクシシでしょうか、ずいぶん大きくなっていました。

Dscf3333

こちらは少し深いところにいた魚ですが、カワムツでしょうか。暖かくなったせいか俊敏におよいでいました。

2011年3月28日 (月)

カタクリが見頃

 今日は午前中は冷えこんでいましたが、午後からは暖かな春の陽気になったので、オヤジ爺さんのブロクに触発されて隣町の可児市の鳩吹山のカタクリを見に行きました。
入り口付近はまだまばらでしたが、奥の方は8割ほど咲き見頃をむかえていました、地元ボランティヤの監視員さんの話では見頃は今週末とか。

Dscf3231

場所によっては立錐の余地がないほどの群生。

Dscf3271

重なった株から数本のカタクリが咲き、枝分かれして数個の花をつけているように見えるものもありました。

Dscf3255

まだ蕾の多い場所では、一番乗りだといわんばかりに誇らしげに花を咲かせたカタクリも。超ローアングルで撮りました。

Dscf3242

写真を撮る人スケッチをする人。いずれも小さなカタクリに、腰を落としたり座り込んだりして、悪戦苦闘されてみえました。

2011年3月27日 (日)

チャレンジスポーツ

 今日はみたけスポーツ文化倶楽部で、小学生を対象にチャレンジスポーツが行われましたので、手伝いの傍らすこしだけ色々な軽スポーツにチャレンジさせていただきました。

Dscf3148

まずは、ドッチビーというフリスビーとドッチボールを掛け合わせたようなスポーツ。フリスビーをドッチボールに置き換え相手にぶつけて得点を競う競技ですが、ふわふわと定まらす飛び交うボールに悪戦苦闘します。最後に残るのは子供だけで、俊敏な動きの子供達に大人はなかなかついて行けませんね。

Dscf31602

キンボール。4人一組になり交互に相手チームにボールを打ち込み、受けた側は床に触れさせることなく打ち返すというスポーツ。大きなふわふわボールはなかなか思うように扱いできません。写真は練習風景。

Dscf3177

輪投げ。輪が入ったピンで点数が決まりません。輪の中に点数を示した色の面積が、点数に加算されるという偶然も加味される輪投げ。
いずれもゲーム感覚のスポーツですが、私の硬直した身体と思考は子供達について行けないのを実感しました。

2011年3月26日 (土)

またまた真冬に逆戻り

震災,津波、放射能汚染とトリプルパンチの日本。被災地の方々を思うと、せめて暖かな春であってほしいと願うのに、今日も雪も降る真冬並みの寒さにみまわれ、私達の地域でも一時は、数十メートル先が見えないほどの降雪がありました。

Dscf3107

Dscn33292

猛烈ともいえる降雪に木々や地面は真っ白に変わっていきました。.

Dscf3098 

それでも太陽が顔お出し陽ざしが強くなると、積もった雪は早々に融け始めました。明日の朝は氷点下の冷えこみになるかも知れませんね。

2011年3月25日 (金)

意味のない写真

今日は何となく撮った写真ですが、見方を変えればおもしろそうでしてので紹介します。

Dsc_6382

日本庭園風の池の中を仲良くずーと泳いでいた 真鯉と錦鯉。真鯉が常に先に進み錦鯉が寄り添っていました。鯉の仕草にも和の文化を感じました。

Dscn3323

ノラ猫がやってきた。カメラを向けたら勝手に撮るなと怒った。このブログに載せたら肖像権で訴えられるかも。

Dscf3509

農家の軒先にぶら下げてあったダイコンとトウガラシ。トウガラシはなぜか引力にさからい少し抵抗していたが、ダイコンはまっすぐにのびて真面目であった。食べ比べるとその性格がわかるといわれます。

2011年3月23日 (水)

心配な露地野菜

心配していた地震と津波による原発事故は、農産物の放射能汚染までに発展しているようですが、目に見えないだけに不安が一層拡大しているようですね。発生場所から遠く300キロ以上離れた我が家の畑ですが、収穫する葉物は大丈夫だろうかなどと心配にになり、昨日からは全国放射能情報をチェックするようになりました。

Dscf3026

今日収穫した露地野菜。ネギ、ほうれん草、小松菜、菜花ですが、このうち、ネギは形状から汚染を受けにくいそうです。なるほどと思いました。形状からすればブロッコリーなど最悪かも知れませんね。

Dscf3083

話は全然変わりますが我が家の裏庭のスイセンが花をつけ始めました。新しいカメラはバリアングルのモニターですので、地面すれすれからの目線で撮ることが出来るようになりました。

Dscf3088

こちらは地上目線のツクシ。 

2011年3月22日 (火)

キブシ

 このところ雑木林ではマンサクの後を追ってダンコウバイやアブラチャン、キブシなどが黄色い花を咲かせ始めました。

Dsc_6466

Dsc_6464

ブドウの房のように花をつけたキブシ。雌雄異株で種子からは昔しヌルデの代用としてロウを採ったとか。

Dsc_6455

野山の木ではありませんが園芸種のシダレ梅。普通の梅よりも芳香が強いようで、離れていても花の香りが漂ってきました。

2011年3月21日 (月)

ショウジョウバカマも咲き始めました。

 雨のやみ間に、いつもショウジョウバカマが花を咲かせる山の田んぼ行きました。南向きの斜面にのショウジョウバカマは幾つか花を咲かせていましたが、今年はイノシシに荒らされていて数が激減していました。

Dscf3051

Dscf3054

雨に濡れて咲くショウジョウバカマ。

Dscf30571

こちらは近くに見られたタマゴケの仲間。マッチ棒のような蒴(さく)とよばれ胞子体がニョキニョキ出ていました。久しぶりの雨に元気を取り戻したようです。

2011年3月20日 (日)

ようやくサクラ開花か

 先日紹介した道沿いのカンザクラと思われるサクラが蕾を付けていましたが、その後の寒波の影響で開花が遅れてしまいようやく花をつけ始めました。

Dscf30381

Dscf3041

この花、花を下に向けて咲くため、空がどうしても入ってしまいますのでストロボ発光させて撮りました。

2011年3月19日 (土)

ネオ一眼レフ

 最近、ニコンやブジ、ソニーなどからコンデジクラスではありますが、一眼レフ風のネオ一眼なるものが相次いで発売され人気をえているようです。
今まで畑に行くときや、散歩に行く時にはコンデジか一眼レフを持って行って出かけましたが、一眼レフは重くてかさばりますし、コンデジでは望遠側がものたりなかったりしましたので、私もブロク専用にと古い一眼レフを下取りに出だし、フジの製品を手に入れました。35ミリ換算で24ミリから720ミリの30倍ズームでありながらレンズの明るさもf2.8~5.6と明るく、もちろんフルハイビジョン動画も可能です。今日はその試写を行いましたので紹介します。

Dscn3380

今回入手したフジのファィンピックスHS20 形。外見はほとんどデジタル一眼レフで、本格的なデジタル一眼レフより小さく軽いですが、ポケットには入りません。

Dscf3031

まずはマクロ撮影ですが、スパーマクロ機能があり1センチまで近寄れます。モニターがバリアングルで使いかってもよく、描写もなかなかです。写真はフキノトウの花。

Dscf3016

こちらは梅の花で中望遠域の写真。どんなカメラでも苦手な被写体です。バソコンである程度処理が必要のようです。

Dscf3020

スズメを720ミリ望遠をF5.6の解放で撮りました。手ブレ補正があると行っても手持ちではちょっと無理があるようで、家の柱にカメラをくっつけて撮りました。シャッター速度は1,100分の1(ASA400) ですが絞りをもう一段は絞る必要があったかも知れませんね。
ピント、絞り、シャッタースピーなどもマニアルで選べますし一眼レフとコンデシが合体したような感じです。大きな作品作りには、画質が物足りないかも知れませんが、なかなか便利なカメラだと感じました。

2011年3月18日 (金)

ツクシ(スギナ)

今日は昨日より少し暖かく、畑の畦にはポピュラーですが春を代表するツクシが顔を出し、タンポポも花を咲かせていました。

Dsc_6448

Dsc_6450

ツクシ ごぞんじスギナの子。 頭部の胞子穂とよばれる部分をさわると胞子がいっぱい出てきました。サヤであるはかま(袴)を取って卵とじなとでよく食べられましたが、最近はあまり食べられていないようですね。

2011年3月17日 (木)

無題

 今日も真冬に逆戻りの一日でしたね。畑に出てもピューピューと冷たい風が吹き、早々に家に帰りました。家に入るとホットしましたが、帰る家も失った災害地の皆さんが、寒くつらい日々をすごして見えることを思うと胸が痛みます。 それにしても奈落のどん底にある日本の円が高くなるなんて、考えても見ませんでした。資本家達の飽くなき欲望に原発災害以上の恐ろしさを感じましたが、私の無知から来る思いだったらおわびします。今日の写真は数日前に撮った花の写真を掲載します。

Dsc_5970

Dsc_5981

Dsc_5982

名前は解りませんがそれぞれサボテンの一種です。

2011年3月16日 (水)

中山道ウォーキング

 今日は「みたけ道草ウォーキング」で中山道をウオーキング。やはり今回の東日本大震災で開催中止を検討しましたが、参加者への募金活動もかねて実施されました。

Dsc_6412

今回のコースは中山道を歩く、恵那市深萱~まきがね公園まで6㌔ほど。写真は深萱から山中コースに入るメンバー。

Dsc_6416

山中コースに入ったとたん、クマ出没注意の看板。

Dsc_64251

でも突然に山中で出くわしたのはニホンカモシカ。グループが通るのを、逃げようともせずこちらをずーと見ていました。「クマでなくてよかったね」の声がしました。

Dsc_6426

山中とはいえ中山道で、途中色々な史跡を見ることができました。こちらは不気味な言い伝えの残る「首なし地蔵」。「一人でこのコースは歩けないね」との声も聞こえました。

Dsc_6414

こちらは道沿いに咲いていたオウレンの花。初めて見る花でした。

Dsc_6432

やがて視界が開け、遠くに雪をいだいた恵那山を見ることができました。

Dsc_6443

しかし、途中で雪に見舞われることもしばしば。誰からともなく「寒~い」の声 。

Dsc_6433

Dsc_64361

帰り道に寄った岩村では、「いわむら城下町のひなまつり」 (この地域では旧暦でひな祭りが行われるところが多く4月3日まで) が開催されいて、江戸時代の「享保のひな人形」も飾られていました。最後にバスの中で、募金箱が回され参加者による募金を行いました。

2011年3月14日 (月)

オオイヌノフグリとタネツケバナ

今は4月上旬並みの暖かさ。そんなこともあってか畑の雑草が一斉に花を咲かせていました。つみ取られてもつみ取られても新しい芽を出し花を咲かせる、そんなけなげでしたたかな姿を見習うべきかもしれませんね。

Dscn3370

もう1月中半より花をつけ始めていたオオイヌノフグリ。地面が小紫色に見えるほど花をさかせていました。

Dscn3369

こちらはタネツケバナ。苗代の種もみを水に浸ける頃に咲くことから名前が付けられました。早場米地帯ではそろそろ田植えの準備も始まるようですね。

2011年3月13日 (日)

祭りと震災地支援

 今回の東北関東地方の未曾有の災害で被災された皆さんには心よりお見舞い申し上げます。テレビで刻々と流れてくる悲惨な映像に衝撃をおぼえ、あらためて自然の猛威に恐怖をいだくとともに人間のひ弱さを実感しました。そんなひ弱で、限りある命しかない人間同士が、いがみ合い殺し合う愚行は何としても止めなければなりませんね。話が飛躍してしまいましたが、今回の大災害でここ数日間、日本各地で行われる予定でした色々な行事や、催し物が中止されいますが、そんな中にあつて長野県飯田市では、「時又初午はだか祭り」が行われました。主催者は祭りを開催をするかどうか非常に迷われたそうですが、行方不明者の無事と被災地の早期復興を祈願するとともに、祭りの収益の一部を被災地に見舞金として送ろうと、前向きな発想で実行に踏み切ったそうです。

Dsc_2713

うまや縁起物の俵、宝船などの御輿を担いで若者達が天竜川に入り身を清める祭り。

Dsc_27271

すべての御輿に震災復興祈願や震災見舞いと垂れ幕をかかげ、被災地のお見舞いと復興祈願がなされました。

Dsc_2773_2

来場者へ募金活動も行われていました。この祭りで始まった小さな支援がやがて大きな支援となっていくことを感じました。

2011年3月10日 (木)

あともう少し

道路沿いのサクラの蕾が赤くなっていたので、近づいてみると蕾が大きく膨らみ、あと数日で開花をむかえるばかりになっていました。

Dscn3297_2

このサクラはカンヒザクラ系の早咲きの花のようで、毎年3月中旬頃には開花します。

Dscn3295

サクラとは関係ありませんが、近くにぶら下がっていたウスタビガのまゆ。黄緑色でとても綺麗でしたが、ウスダヒガは秋に羽化するため中は空っぽだそうです。

Dsc_6387

イラガのまゆ。こちらは成虫が羽化するのは春でサナギが中に入っているとのこと。 

2011年3月 9日 (水)

日帰り温泉の旅

 今日は知り合い有志で日帰り温泉の旅に出かけました。場所は初めての長野県南木曽の「富貴の湯」というところ。泉質はアルカリ性単純温泉で温泉に入ると肌がつるつるして女性に好まれそうな湯でした。

Conv0002

10人ほどはゆうに入れる桶の露天風呂。まだ雪の残る景色をみながらの露天風呂もとても快適でした。

Dscn3325

しかし、温泉でくつろいでいるうちに時ならぬ降雪に見回れ、温泉を出る頃には外は真っ白な銀世界に変わってしまいました。話に聞けば標高は700㍍もあり珍しい話ではないとのこと。

Dscn33361

帰り道によったのは、中津川市にある民家の土蔵を改装しした、その名も「かわらや」という喫茶店。とても落ち着いた雰囲気のお店でした。

Dscn3331

スイーツが食べたくなり、苺シホンケーキを注文。ふんわりしたシホンケーキに、練りチーズと苺のとても美味しいスイーツでした。

2011年3月 8日 (火)

またまたイノシシ捕獲

 昨晩、農家の方から地域で作った柵にイノシシが入っているとの連絡をうけ、早朝にイノシシの捕獲の手伝いに行きました。
猟期に入ってから三回目の捕獲ですが、猟期が3月15日(通常は2月15日ですが有害鳥獣であるイノシシは岐阜県では1ヵ月延期されています。)で終わりますので、最後の捕獲となるようです。

Dscn33051

今日のイノシシは60キロを超えるメスのイノシシ。

Dscn33021

檻の中にいるとはいえ、カメラを向けると興奮しむかってきました。山の中で突然こんな大きなイノシシに出逢ったらどうなることかと思うと恐怖ですね。

2011年3月 6日 (日)

冬芽も膨らむ

久しぶりに隣町の土岐に行った帰り「若人の丘」でウオーキング楽しみました。「土岐少年自然の家」が閉鎖されたこともあってかて、今の時期は人影をほとんど見ることができないほど閑散としていました。それでも丘の樹木達は冬芽を大きく膨らませ春本番の準備をしていました。

Dsc_63891   

暖かそうな綿毛に包まれたシデコブシの冬芽も、はち切れそうなほどに膨らんでいました。

Dsc_64073

こちらはハンノキのなかまヤシャブシでしょうか、芽鱗を落としつぼみが大きく膨らんでいました。

Dsc_64081_3 

Dsc_63791 

ご存じのマンサクの花は至る所に咲いていました。

Dsc_64053 

アセビもたわわに白い花をつけ今が見頃でした。

2011年3月 5日 (土)

祈年祭

 今日は地元神社の祈年祭で、当番ということもあって午後から大忙しでした。 祈年祭(きねんさい)とは今年の五穀豊穣を祈る祭りで、収穫を感謝する秋の新嘗祭(にいなめさい)と対になる祭。4月には本神社の大祭が行われることもあって、神社の拝殿にお供えものをして、神職による祝詞や、玉串奉典など限られた式典のみを行いますが、神社境内外の清掃、お供えものや、しめ縄、御幣などの準備と飾りは手抜きなく行いますので結構たいへんでした。

Dscn32901_2

お供えものは洗米、お餅、お酒、塩、水を基本に、野の幸、山の幸、海の幸、川の幸を献上しますがその順序は決まっています。並べる順序をすぐ忘れてしまいますので写真に撮っておきました。

2011年3月 3日 (木)

ガラス越しのひな人形

 今日は3月3日で、当然のことながら話題はひな祭りですね。ひな人形を飾るのはほとんどの場合、当然のことながら家の中ですが、うだつの町美濃市では、道行く人が気楽に見られるよう、ショウウインドーやガラス戸越しに飾っている家も多くあります。でも、写真に撮るときは屋外の景色がガラスに反射し、ひな人形はなかなか思うように撮れませんね。そこであえて、その映り込みを利用して、おもしろく採る方法もありますので紹介します。

Dsc_2489

このお店は本日はお休みで、お店の中に入ることができませんが、ガラス戸越しにみることができます。そんなお店の中を見る観光客をシルエットにして写真をとりました。店のお休みを告げる「不定休日」の張り紙も、観光客に配慮して貼ってありました。

Dsc_2496

お店の入り口に飾られたひな人形 ? これはショウウインドー越しのおひな様で、ガラスに写った向かい側の美容院の玄関にピントを合わせ映り込みをうつしたもの。どちらが本物か解らないところがミソですね。

Dsc_24921_2

こちらは呉服屋さんのショウウインドーに飾られたおひな様。観光客の映り込みが心霊写真のようですが、観光客の方の服に陳列品の模様を重ねて、服の模様に見立ててみました。

2011年3月 2日 (水)

ネコヤナギ

 冷たい風の一日でしたが、それでもあちこちの梅の花は満開をむかえ、小川のネコヤナギも花を咲かせ始めて春は着実にやってきているようです。

Dsc_2480

冬芽の殻を帽子のように被ったかわいいネコヤナギの花。

Dscf3519_2

透きとおったワタゲは逆光でキラキラ輝いていました。

Dscf35451

こちらは雄しべが伸びて黄色い花粉を付けていました。赤い雄しべは葯で、花粉を付ける前の状態。

2011年3月 1日 (火)

一挙大公開

今日は、先日行った河川環境楽園で出逢った鳥たちを一挙に紹介します。見なれた鳥たちですが、多くの種類の鳥たちに出逢えて、さすが環境楽園だと感心しました。

Dsc_2273

まずはモズ(オス)。留鳥ですが冬は暖かいところですごし春に繁殖するそうです。

Dsc_2381

こちらも厳つい顔をしたシメ。 夏北海道などで繁殖し冬に暖かい地方に移動する。

Dsc_2390

ジュウビタキ(オス)。冬鳥で秋ごろから北海道、北日本、関東以南と暖かい地方に移動してくるそうです。

Dsc_2397

シロハラ。冬鳥で中部以西の林内で地上の種子や昆虫などを採餌する。

Dsc_2446

エナガ。 留鳥で群れをつくって行動することが多いようです。

Dsc_2451

シジュウカラ。留鳥で胸から腹にかけての黒い線が太いのがオス、細いのがメスだそうで写真のシジュウカラはオスのようです。

Dsc_2418

キジバト。 留鳥で鱗模様が特徴。デデポッポート鳴くハト。

Dsc_2251

ツグミ。おなじみの冬鳥

Dscf2833

カワウ。 池の上空を飛んでいきました。

Dsc_2453

この日、池であったのはカルガモだけでした。ほかのカモはどこに行ったのでしょうか。このほか見かけたのはおなじみヒヨドリと昨日紹介したマヒワなどでした。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »