« 意味のない写真 | トップページ | チャレンジスポーツ »

2011年3月26日 (土)

またまた真冬に逆戻り

happy01 震災,津波、放射能汚染とトリプルパンチの日本。被災地の方々を思うと、せめて暖かな春であってほしいと願うのに、今日も雪も降る真冬並みの寒さにみまわれ、私達の地域でも一時は、数十メートル先が見えないほどの降雪がありました。

Dscf3107

Dscn33292

猛烈ともいえる降雪に木々や地面は真っ白に変わっていきました。.

Dscf3098 

それでも太陽が顔お出し陽ざしが強くなると、積もった雪は早々に融け始めました。明日の朝は氷点下の冷えこみになるかも知れませんね。

« 意味のない写真 | トップページ | チャレンジスポーツ »

自然」カテゴリの記事

コメント

最近のブログの写真にも、春到来を感じさせる草花の美しい画像を見せて頂いているなかで、これ! 御嵩!と思ってしまいます。
私も今日は鳥見に出かけ、寒さで震えながら鳥待ちしていたところ、突風でまたも三脚が転倒してしまいました。   
前回の苦い経験が生かせず残念でしたが、幸いレンズ・カメラとも正常でしたのでほっしています。

ま冬の吹雪そのものですネ
明日はおだやかな日になってほしいものです。

危ういところで大損害に至る所でしたね。いくら注意しても不運に巡り会うこともあり、今が幸いと思って生きることも大切かも知れませんね。
昨年の猛暑の反動で、今年の冬は例年より寒いと根拠もなくいわれましたが、そのとおりりになってしまいました。それでも願興寺あたりの桜の蕾も真っ赤に色づいてきていましたので、あと一週間もすれば春らしくなるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 意味のない写真 | トップページ | チャレンジスポーツ »