« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

カエデやモミジの花

 秋に色鮮やかに紅葉する木々も今は花を付けていますが、地味な花のため人目を引くことなくひっそりと咲いています。

Dscf3689

イロハモミジの花。若草色の葉が出そろう頃、マッチ棒の先ほどの小さい赤い花をつけます。

Dscf3670

Dscf3672

イタヤカエデの花。赤い新芽が出る頃、黄色い花をつけます。

2011年4月29日 (金)

ネギの開花

 食べられず残していたネギが「ねぎ坊主」をつけ、中には開花し始めているものもありました。

Dscf3709

一斉にねぎ坊主をつけたネギ。このねぎ坊主を付けると、ネギは硬くなり食に適さなくなります。

Dscf3713

Dscf3717

苞(ホウ)いわれる薄い皮に覆われた花序は、500ほどの小さな花のつぼみの集まりで、薄皮が破れると小さな花たちが開花します。最後まで見たことがありませんが、やがて花は種子をつけネギは枯れてしまうそうです。
我が家の場合は根の上部10㎝ほど残し刈り取ってしまいます。やがて株別れして若い芽が出てきますのでそれを新たな苗にします。

2011年4月28日 (木)

ハナモモなど

 今日は昨日撮影し紹介できなかった写真を私なりに選んで3点をとりあげました。

Dsc_3588

阿智発電所のダム湖。エメラルドグリーンの湖面と対岸のツツジ耐の対比がとても綺麗でした。

Dsc_3699

馬篭宿の古い家屋とシダレモモ?の花。

Dsc_3705

水が張られた水田に写ったハナモモと恵那山。

2011年4月27日 (水)

「駒つなぎの桜」など

 今日は写真仲間のあいだで有名な、長野県阿智村にある「駒つなぎの桜」を下見がてら撮影に行ってきました。

Dscf3667

源義経が奥州に下るとき、馬をつないだと言ういわれから、「駒つなぎの桜」いわれるとエドヒガンサクラ。
今日はまだ3分咲き程度でしたが、中央道 園原原インターを降りてすぐにあるため、カメラマンや観光客の方で賑わっていました。地元の人によって、サクラの映り込みできるように、田んぼには水が張られ見学者のための場所も作られていました。写真を撮っている方に聞いたら、写真を撮るには、花びらが生える早朝か、山並みが暗く沈む夕方が狙い時だとか。花びらが田んぼに散るころも狙い時かもしれません。連休が見頃かも知れません。

Dscf36872_2

こちらは同じく阿智村清内路にある「黒船桜」。ペリーが日本に来航したとき植えられたといわれるシダレザクラ。近くに寄ることもできますが、お墓の中にあるため、上の写真は道路(256号線)の歩道から根元部分が見えないアングルで撮った写真です。夜にはライトアップもされているそうです。

Dscf3700

一石栃(イチコクトチ)の枝垂れ桜」。馬篭宿から妻籠宿にぬける馬篭峠付近にある桜で、子安観音堂の敷地内にあり、観音堂と共に昔から地域の人に親しまれてきたサクラ。看板を注意していかないと通り過ぎてしまうかも知れません。

Dsc_36451

妻籠宿から清内路をへて、昼神温泉につうずる国道256号線はハナモモ街道といわれ、ハナモモが沿道に植えられ桜と共に彩りを添えていました。まだつぼみも多く連休中には十分楽しめますね。

2011年4月26日 (火)

めい想の森とミツバツツジ

 今日はミツバツツジがきれいとの話を聞き、午後から隣町(八百津町)のめい想の森に出かけました。

Dsc_3422

最盛期は過ぎていましたが、まだまだ見頃でした。駐車場付近のミツバツツジとたびそこ橋のコラボレーション。

Dsc_3424

Dsc_34681

遊歩道脇にもたくさんのミツバツツジ咲いています。

Dsc_34711

展望台から見たミツバツツジの群生。

Dsc_3475

連休の後半にはサツキも見頃をむかえるようです。

2011年4月24日 (日)

新緑とアケビの花

Dsc_68432

木々が芽吹き新緑の季節をむかえました。緑の新芽だけでなく紅色や黄緑色などもあり、グラデーションがとてもきれいです。

Dsc_6865

そんな林の中にアケビ(ミツバアケビ) の花を見つけました。雄花、雌花が別々に咲きますがどちらが雄花か雌花でしょうか。

Dsc_6860

それぞれをアップしました。上の写真が雌花。

Dsc_6859

ブドウの房のようになっているのが雄花だそうです。

2011年4月23日 (土)

デザイン的な作品

 先日行った下呂温泉合掌村での写真のなかで、少しデザイン的な写真を掲載します。

Dsc_6818

灯籠の穴から紅梅を撮りました。手前のボケが気になります。

Dsc_6833

合掌の家の壁に掛かっていた鋤(スキ)。馬か牛に引かせて代かきをしたもののようです。 

Dsc_6812

サクラの花びらを浮かべた池に鯉が泳いでいました。家族ずれの鯉みたいでした。

Dsc_6819_2

古い家屋には、蛍光灯よりも白熱灯があいますね。

2011年4月22日 (金)

アオキの花

 毎年紹介するアオキの花がさいていました。紫色の小さな花がとても可愛い。

Dscf3639

紫色の4ッの花弁に黄色い4ツの雄しべ。雌雄異株で写真は雄花。

Dsc_3405

こちらはアオキの実。昨年から実を付け、今は真っ赤になっています。

Dscf3624

アオキとは関係ありませんが、今白い小花をいっぱいつけ、ヤナギの木のように見えるユキヤナギが見頃となっています。 

2011年4月21日 (木)

ハナモモ

 最近あちらこちらで目にするようになったハナモモが花盛りをむかえています。

Dsc_33891

Dsc_33801

Dsc_3384

道路脇のハナモモ。邪魔なカーブミラーですが、映り込みを入れれば写真になりそうです。

2011年4月20日 (水)

南飛騨は花ざかり

 昨日とうって変わった好天の今日、ウォーキングで南飛騨 萩原にある健康の森を散策しました。今はヤマザクラと新緑のコラボレーションがとてもきれいでした。

Dsc_6796

健康の森の入り口付近にあるシダレザクラも今が見頃をむかえていました。

Dsc_6787

案内人の方のガイドにより山には入るメンバー。途中、カタクリやショウジョウバカマなど見ることもできました。

Dsc_68261 

こちらは帰りに寄った下呂温泉合掌の里風景。

Dsc_68361

合掌の里では下呂市のシンボルキャラクターのカエルがむかえてくれました。

2011年4月19日 (火)

昔あったこんなもの

 一昨日の久田見祭りの日、街のお店の店先に 子供たちのため、昔懐かしい物がクイズ形式で展示されていました。

Dsc_66631

Dsc_66642

我が家にも展示物のほとんどがありましたね。今あるのは形が変わった正座椅子ぐらいでしょうか。

2011年4月17日 (日)

久田見祭り

 東日本大震災で危ぶまれましたが、今年も久田見祭りが開催されました。
6台の山車が曳き回される豪華な祭りで、特にそれぞれの山車で行われるカラクリは、国、県の民俗無形文化財に指定されています。

Dsc_6666

各町内を曳きまわされた山車は白鬚神社に集結し、この後、1キロほど離れた神明神社に向かいます。

Dsc_3156

神社前の参道は急な坂道で、登り切ると広い境内に入り、そこで6台の山車が再び勢揃いしてカラクリ奉納が行われます。

Dsc_32822

今年のカラクリは神話「天の岩戸」(写真上)を題材したものや、義経の最期「平泉衣川館」などストーリー性のあるカラクリが多く奉納されました。

Dsc_3295_2

どのカラクリも最後は「頑張れ日本」、「がんばれ東日本」などとかかれた垂れ幕が下がりました。

Dsc_6778

神明神社での神事やカラクリ奉納が終わると、再び白髭神社にもどり、同じようにカラクリの奉納が行われます。

2011年4月16日 (土)

ミツバツツジ

Dsc_30291

桜が散り始め、今見頃をむかえているのはミツバツツジですね。

Dsc_30301

Dscf3597

ミツバツツジ 枝先に葉が3枚輪生することからミツバツツジといわれますが、葉に先立って紅紫色の花をつけます。

2011年4月15日 (金)

サクラ散る

 今日は久しぶりに午後から雨。 散り始めたサクラが雨に打たれいっそう花びらを落としていました。しかし、「春雨じゃ濡れていこう」などとは言っていられない心配な雨でもあります。

Dscf3575_2

近くの広場の駐車場はサクラの花びらでいっぱい。建物の後の山にはマレットゴルフ場があり、朝から賑やかでしたが、雨が降り出した午後には人一人いなくなり、静寂な広場となりました。

Dscf3583

池の水面にも、桜の花びらがいっぱい浮かんで、池に影を落としたサクラが満開状態。

Dscf35911

我が家の庭にまで花びらが飛んできていました。

2011年4月13日 (水)

ミモザアカシア

 今年もミモザアカシア(フサアカシア)が黄色い花をつけ満開をむかえました。

Dscf3481

Dscf3482

いつも紹介するゴルフ場のミモザではなく、農家の横の畑に植えられたもの。

Dscf3476

近くにはツバキが植えられていて、地上にはたくさんの花が落ちていました。

2011年4月12日 (火)

百花繚乱

 このところの野山では、ヤマザクラやコブシの花などが一度に見られ、さしずめす百花繚乱といったところですが、今日はそのうちのモクレン科の植物の花をとりあげました。

Dscf3598

真っ白なコブシの花。

Dscf3594

大きな花弁が垂れ下がり、シベが見えずらいのが難点。

Dsc_66151

Dsc_6618

こちらは山に咲くシデコブシ。コブシの花弁より細く、枚数が多いのが特徴です。

Dscf3478

ごぞんじモクレンの花。シモクレンとよばれる種で、他に白いハクモクレンもありますが、いずれも中国原産です。

2011年4月11日 (月)

オオタカの幼鳥

 知り合いの病気見舞いに行った帰り道、春の芽吹きを楽しむため遠回りして林道を通っていたら、見なれぬ鳥が木にとまっていました。 トビにしては小さいと車から眺めたらオオタカの幼鳥のようでした。

Dscf36252

車を止め、まずは助手席のドアを開け、枝に止まっているところを一枚。特徴の白い眉斑と黒い過眼線がわかります。

Dscf36231

Dscf3622

さらに車を降りてカメラを構えると、さすがに警戒してか羽を広げて飛び立ちました。最近購入したネオ一眼で連写しましたが、こうした飛び物は少々きついようです。

2011年4月10日 (日)

サクラ満開 パート2

 今日も、蘇水峡周辺の桜の写真を掲載します。

Dscf3429

桜の幹を強調し水墨画のような雰囲気を出しました。

Dscf3486

新緑とサクラのコラボレーション。赤い新芽が色を添えました。

Dscf3424

幹が折れていた桜の枯木。こちらも日本画のようです。

Dscf34612

木曽川の柔らかな水面の光とサクラが 春の夕暮れをつげていました。

2011年4月 9日 (土)

サクラ満開

 このところの暖かさで、この地域ではサクラが満開をむかえていますが、隣町八百津町の木曽川沿いのサクラも見頃むかえています。

Dscf3422

午前中の雨でしっとり濡れたサクラは墨絵で描いたよう。

Dscf3457

対岸から木曽川を隔てて見た蘇水峡公園の桜。

Dscf34511

丸山発電所とサクラ。水が管路を通りその落差で 水車を回して発電をする エコでシンプルな発電システム。原発事故により再認識されるかもしれませんね。

Dscf3439

途中で出逢った八百津だんじり祭りの山車。明日も役場前から大船神社までの曳き回しが行われます。

2011年4月 7日 (木)

今日の奈良井宿

 昨日、今日と中山道の宿場である妻籠宿と奈良井宿にでかけましたが、暖かな好天にもかかわらず閑散としていました。お店の方に話を聞くと、陽春のこの時期から観光客が多くなってくるのに、今年は震災の影響か、バスツァーのキャンセルが相次いでいて、観光客が激減しているといってみえました。東日本の震災の影響はこんなところにも現れているようです。

Dsc_6524

少ない観光客でのんびりした雰囲気が漂う妻籠宿。

Dsc_6562

Dsc_6570

こちらもほとんど人影のない奈良井宿。散策する私達の独占状態。

Dsc_65661

お店の入り口などは色々デコレートされていて、こういうのを見て歩くだけでも楽しい。

Dsc_6567_2 

奈良井宿の家の軒先に取り付けられている不思議仕掛け。何に利用するものでしょうか。

2011年4月 5日 (火)

スギナの花粉

今日も朝は冷え込みましたが、日中はポカポカ陽気。広場にたくさん顔を出していたツクシ(スギナの胞子径)を足でけると花粉が舞い上がり、靴が真っ白になるほどでした。さっそくツクシを家に持ち帰り、花粉を顕微鏡で拡大してみました。

Dsc_65223

六角形の胞子嚢床の下に、タコのようにのびた胞子嚢があり、胞子がいっぱい出ています。

Dsc_65152

胞子を拡大すると胞子は緑色で弾糸とよばれる4本の糸をもっています。湿った状態では収縮していて、乾くとスプリングのように伸びて胞子が外に飛び出る仕掛けのようです。

Dsc_6518

暗視野でみると胞子は宇宙人のように見えますし、透きとおったエメラルドグリーンはまるで宝石のようでもあります。 

2011年4月 3日 (日)

シデコブシ

 我が家のシデコブシが見頃ををむかえています。

Dsc_6500

Dsc_6476Dsc_64941

シデコブシ モクレン科の植物で、自然には東海地方の一部のみに見られる植物。

2011年4月 2日 (土)

各務原市桜まつり

昨日、今日の暖かさは、咲き始めたサクラの開花を促し、この地域では各地で見頃をむかえようとしています。今日は全日写連の各務原市桜まつり撮影会が開催され行ってきました。

Dsc_2792

コブシの花の満開の中、市民公園では色々なイベントが開催されていました。

Dsc_29142

こちらは境川のサクラ。朝はまだ3分咲きといったところでしたが、今日の暖かさで5分咲きくらいになったのでしょうか。中学生以上は200円、小学生以下は無料という桜観覧船も運行され、川に風情を添えていました。皆さん花より団子のようで、出店の立ち並ぶ周辺はたくさんの人でにぎわっていましたが、このあたりはのんびりした春うららの風景でしたが、東日本の被災者の方々を思うと複雑な思いもいがよぎりました。

Dsc_29992

撮影会の帰りには、近くの蘇原自然公園に立ち寄り、カワセミ撮影にチャレンジしました。野鳥専門のカメラマンがすでに20人ほど方が超望遠レンズでカワセミを撮影されて見えました。三脚も超望遠レンズも持たない私達は、到着後20分ほどで飛来したカワセミを一度撮影しただけで、早々に退散しました。

2011年4月 1日 (金)

写真展開催中

全日本写真連盟のフォト白川支部及び、フォト可茂支部の指導者でも合った、二科会会員 秋松一也先生の遺作と会員の作品を展示した「秋松一也遺作展」を可児市文化創造センター アーラ で今日から4月4日(月 )まで開催しています。お近くで写真に興味のある方はぜひお立ち寄りください。

Dscn3391

Dscn3393

Dscn3394

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »