« めい想の森とミツバツツジ | トップページ | ハナモモなど »

2011年4月27日 (水)

「駒つなぎの桜」など

happy01 今日は写真仲間のあいだで有名な、長野県阿智村にある「駒つなぎの桜」を下見がてら撮影に行ってきました。

Dscf3667

源義経が奥州に下るとき、馬をつないだと言ういわれから、「駒つなぎの桜」いわれるとエドヒガンサクラ。
今日はまだ3分咲き程度でしたが、中央道 園原原インターを降りてすぐにあるため、カメラマンや観光客の方で賑わっていました。地元の人によって、サクラの映り込みできるように、田んぼには水が張られ見学者のための場所も作られていました。写真を撮っている方に聞いたら、写真を撮るには、花びらが生える早朝か、山並みが暗く沈む夕方が狙い時だとか。花びらが田んぼに散るころも狙い時かもしれません。連休が見頃かも知れません。

Dscf36872_2

こちらは同じく阿智村清内路にある「黒船桜」。ペリーが日本に来航したとき植えられたといわれるシダレザクラ。近くに寄ることもできますが、お墓の中にあるため、上の写真は道路(256号線)の歩道から根元部分が見えないアングルで撮った写真です。夜にはライトアップもされているそうです。

Dscf3700

一石栃(イチコクトチ)の枝垂れ桜」。馬篭宿から妻籠宿にぬける馬篭峠付近にある桜で、子安観音堂の敷地内にあり、観音堂と共に昔から地域の人に親しまれてきたサクラ。看板を注意していかないと通り過ぎてしまうかも知れません。

Dsc_36451

妻籠宿から清内路をへて、昼神温泉につうずる国道256号線はハナモモ街道といわれ、ハナモモが沿道に植えられ桜と共に彩りを添えていました。まだつぼみも多く連休中には十分楽しめますね。

« めい想の森とミツバツツジ | トップページ | ハナモモなど »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

okuyaさんお久しぶりです。阿智村は良く行きます が、桜の名所を観たことがありませんでしたので、写真で楽しませていただきました。木の形がすばらしいですね。南信州は近くて、自然、歴史を感じさせられる風土と山河に恵まれ、何度いっても良い所ですね。

takeチャンさん久しぶりですね。長野県は高遠のサクラをのぞいて、シダレサクラなどのの名木が多いけれど、見られる時期が限られていて、あまり知られていませんね。
南信州は温泉もあり良いところですが、今年は震災の影響か観光客が少ないようで、帰りに馬篭宿寄ってきましたが、観光客は数えるほどでした。
ゴールデンウイークにはきっと増えると思いますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« めい想の森とミツバツツジ | トップページ | ハナモモなど »