« マルベリーの花 | トップページ | 元気をもらったコンサート »

2011年5月21日 (土)

にぎやかになった田んぼ

happy01 今日もうだるような暑さ。田植えが始まり、水が引かれた田んぼには人だけでなく、生き物たちも集まり始め、一気に賑やかになってきましたね。

Dscf00733

水が張られた田んぼに一番のりしたのはアマガエル。長い土の中での冬眠生活から解放され、さっそく恋のラブコールでしょうか、大きな声で「クワッ クワッ」と鳴きはじめました。写真はニホンアマガエルのオス

Dscf0087

こちらも水の張られた水田に、産卵のためぺアで現れたホソミオツネントンボ。成虫で雑木林のササやシダの中で越冬するイトトンボの仲間。越冬中は体色が褐色ですが、田んぼにやってくる頃、綺麗な青色に変化します。写真 下の雌は、まだ体色が完全に青くなりきっていないようです。

« マルベリーの花 | トップページ | 元気をもらったコンサート »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルベリーの花 | トップページ | 元気をもらったコンサート »