« 田んぼの住民たち | トップページ | 畑の住民 »

2011年7月14日 (木)

田んぼの住民 パート2

昨日の続きで 今日も田んぼとその周辺にいた生き物の紹介。といっても今日の生き物は、たまたま田んぼにやってきた生き物で、田んぼに永住する住民ではありません。

Dsc_72041

ノカンゾウのつぼみにいたのはおなじみシオカラトンボ(オス)。前に紹介したハラビロトンボより大きく、尾の先が黒いで見分けられます。雌はムギワラトンボともよばれ黄褐色に黒のしま模様。

Dscn3457

こちらもおなじみキリギリス。 畑や草地に住む昆虫で植物ののほか小昆虫も食べる。名前の由来はキリギリース キリギリースと鳴くことからきているといわれますが、本当の鳴き声は鳴き声はギーッチョン、ギーッチョンですね。

Dscn34531

ジャノメチョウ。 田んぼの土手にいて草むらを低く飛ぶ。ジャノメチョウの元祖ですが、他のジャノメチョウのなかまで一番地味。

« 田んぼの住民たち | トップページ | 畑の住民 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田んぼの住民たち | トップページ | 畑の住民 »