« タカサゴユリ | トップページ | ショウリョウバッタの謎の死 »

2011年8月31日 (水)

三役そろい踏み

大相撲とはまったく関係ありませんが、今裏庭にミズヒキとギンミズヒキが花をつけ、半月ほど前から咲いている玄関横のキンミズヒキの花とで、今3っのミズヒキの花が同時に見ることが出来ます。

Dsc_7728_2

ミズヒキ。 タデ科の植物で針金のような花穂をのばし小さな花をつけます。名前は4枚の萼のうち3枚が赤、1枚が白で水引のように見えることから。

Dscf1440

ギンミズヒキ。 ミズヒキと同じ仲間ですが、こちらの花は白一色。

Dscf1444

キンミズヒキ。 ミズヒキ、ギンミズヒキがタデ科の植物なのにたいし、こちらはバラ科の仲間で花穗が長く 金色の水引に似ていることから、キンミズヒキと名前がつけられました。

« タカサゴユリ | トップページ | ショウリョウバッタの謎の死 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タカサゴユリ | トップページ | ショウリョウバッタの謎の死 »