« 無題 | トップページ | 空中写真 »

2011年8月17日 (水)

ウリではなくカボチャだよ

happy01 畑の空いているところに植えた、スクナカボチャといわれるカボチャが大きく育ち、畑を飛び出して大きな実をつけていました。

Dscf4251_2

Dscf4252

漢字で「宿難南瓜」と書く、このカボチャは飛騨地方原産で、知り合いの農家の方からから種をいただき、一昨年から育てています。実は丸くならずまるでウリのようですが、甘味のあるホクホクした食感の美味しいカボチャです。 収穫したカボチャは重さ3㎏、長さは50㎝ぼどありました。.

« 無題 | トップページ | 空中写真 »

植物」カテゴリの記事

コメント

残暑お見舞い申し上げます。
天気予報では 明日から少し暑さが和らぐ?
と言ってましたが ほんとかな?
と思ったりしています。
宿難と書くのですね・・ 最近スーパーでも見かけます。丸いカボチャではなく 長いカボチャ
少し味わいが違います。
漢字の書き方初めて知りました。スーパーの表示は たいていカタカナです。

残暑見舞いありがとうございます。
節電のこの夏、早く涼しくなってほしいと思いますが、あまり早く季節が変わるのも寂しい気がしますね。
スクナカボチャ。飛騨地方で昔から作られていたようで名前の由来も伝説的なようです。
カボチャを露地で作ると場所を取りますが、保存がきくため重宝します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無題 | トップページ | 空中写真 »