« ショウリョウバッタの謎の死 | トップページ | 風の芸術 »

2011年9月 2日 (金)

クサギとカラスアゲハ

happy01 今、クサギの花が満開をむかえ強い芳香を放ち、その臭いに誘われ大型のチョウが代わる代わる飛んできます。今日はカラスアゲハが盛んに吸蜜していました。

Dscf14801

クサギノ花とカラスアゲハ カラスアゲハは普段は花に留まり丸くたたんだ口吻を伸ばし吸蜜します。

Dscf1483

Dscf1484 

しかし、時には口吻を垂直に伸ばしそのまま花に接近してホバリングしながら吸蜜することも。

Dscf15071

このカラスアゲハ、独占欲の強いチョウのようで、同じようにホバリングしながら吸蜜にきたホウジャクを追い払っていました。

クサギ 芳香のある花を咲かせ、枝や葉に傷をつけると独特の強い臭気を放つ。秋には紅色の萼に藍色の果実をつけ綺麗。

カラスアゲハ その名のとおり、ほぼまっ黒な大型のチョウで羽の表は少し青緑がかったメタリック調。

ホウジャク スズメガの仲間で、小さな羽根音をたててホバリングしながら吸密するため、ハチドリと間違われることもあります。 

« ショウリョウバッタの謎の死 | トップページ | 風の芸術 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ショウリョウバッタの謎の死 | トップページ | 風の芸術 »