« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | 志賀高原と草津温泉の旅 その一 »

2011年9月25日 (日)

ノシメトンボとマユタテアカネ

happy01 秋の到来と共にトンボも軽やかに飛ぶようになった気がしますね。今日のトンボはノシメトンボとマユタテアカネ。

Dscf1631

Dscf16261

ノシメトンボ 羽の先が黒褐色のトンボ 水田や沼で羽化し里山の林や高山まで移動する。

Dscf1633

Dscf16353_2   

マユタテアカネ(♀) 名前は顔に眉をたてたような黒い斑紋があることから。 水辺で羽化しますが林などに見られます。雄は成熟すると赤くなります。 

« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | 志賀高原と草津温泉の旅 その一 »

動物」カテゴリの記事

コメント

マユタテアカネの眉紋は眉というより
鼻の穴に見えてしまい可笑しくなってしまいます。
腹端の突起は上に反り上がり,
胸の黒条はぽつんと孤立した状態なので同定は楽でした。
もっと成熟した赤いマユタテアカネを写したくなりました。

itotonbosanコメントありがとうございます。写真が趣味の私、昆虫や植物の名前は図鑑などを調べ載せていますので間違っているものがあるかもしれません。そのときは教えてくださいね。
itotonbosanのブログやHPも参考にさせていただきますので今後ともよろしく。

翅の先端が黒褐色のトンボはノシメトンボばかりと思っていました。
しかし,コノシメトンボ・リスアカネ・マユタテアカネの♀も黒褐色になるトンボでした。
でも,胸部脇の中央黒条が上縁まで達していれば,ノシメトンボだと分かりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | 志賀高原と草津温泉の旅 その一 »