« しらびそ高原 | トップページ | 朝のキラキラ »

2011年10月30日 (日)

アンデス文明展

アンデス文明展が開催されているということで、今日は孫を連れてリトルワールドへ。今日はその展示物の一部を紹介します。

Dscf2484

アンデス文明といえばマチュピチですが、館内には大きなスクリーンがあり、その前で写真を撮ることもできて気分はマチュピチにいった気分。

Dscf24631

やっぱり1番目を引くのは黄金の装飾具。黄金の文明ともいわれたアンデス文明ですが、スペイン人によって滅んでしまったのもこの黄金のせいだったともいえます。

Dscf2479

レースを巻いた少女のミイラ。すでに高度な織物の技術が合ったことがうかがえます。

Dscf2468

バクチャとよばれる注水筒器。船に乗った人を表しているようですが、まるで水上バイクかロケットにでも乗っているようです。

Dscf24711

こうした、造形的な土偶のようなものもたくさん展示されていて興味が尽きませんでした。ただ孫はあまり興味がなかったようですので、じっくり見たい方は子供と別行動で、ゆっくり時間をかけた方が良いようです。

« しらびそ高原 | トップページ | 朝のキラキラ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しらびそ高原 | トップページ | 朝のキラキラ »