« 巨大蛾 クスサン | トップページ | セイタカアワダチソウ »

2011年10月17日 (月)

ヤマガラとエゴノキ

happy01 秋になって野山は木の実が食べ頃をむかえ、小鳥たちがせわしく木々を飛び交う姿を見かけるようになりましたね。夏にたくさん実をつけていた道沿いのエゴノキですが、今日はヤマガラたちがやってきて盛んに熟した実を採取していました。

Dscf2220

エゴノキの近くにやってきたヤマガラ。

Dscf2221

近くのエゴノキに移り、忙しく実を食べたり、どっかに実を運んでいるようででした。果肉に毒性があるエゴノキの実はヤマガラ以外に食べる鳥はいないようで、その場で食べる以外に冬場の食料として土の中や木の隙間などに貯蔵しているといわれます。

Dscf2228

エゴノキの下はこんなに実や殻がいっぱい落ちていました。

Dscf2227

夏にはビッシリ実をつけていたエゴノキですが、葉も落ち実も僅かになってきて寂しいほど。

« 巨大蛾 クスサン | トップページ | セイタカアワダチソウ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 巨大蛾 クスサン | トップページ | セイタカアワダチソウ »