«  霜降 | トップページ | 異星人現れる »

2011年10月25日 (火)

絵手紙に初挑戦

happy01 今日は月一回の成人講座「手作り工芸」の日で、挑戦するのは絵手紙。 初めての絵手紙で四苦八苦しましたが楽しい時間をすごせました。

Dscn37401

まずは講師の先生よりの絵手紙の基本の説明。○ヘタでいい、ヘタがいい・・上手に書こうとは思わない、見たまま感じたまま心を込めて一生懸命に書こう。 ○絵手紙は下書き無しのぶっつけ本番。書き始めたら途中で止めず最後まで仕上げる。○お手本なし。人まねしないで絵も言葉も自分流で仕上げる。

Dscn3742

自分流とはいえ味のある作品に仕上げるにはコツがあるようで、線を描くには筆を立て、てっぺんを持ってゆっくりゆっくり書く。こうすることで、かすれたり、ブレたりした味わいのある線が書けるそうです。色をつける場合も綺麗に塗りつぶさないこと。かすれ、色むら、ぬり残し (特に光る部分や白い部分は塗り残しで) がいい。

Dscn3736

自宅で採れたミカンや柿と顔彩絵の具、線描筆、彩色筆など準備し、さあ挑戦!

Dscn3746_2

講師の先生のアドバイスを受けながら書く受講生。

Dscn37451

少しなれてきて、途中で柿の葉っぱも画材に。しかし、いつの間にか机の上はごちゃごちゃになってきました。

Dscn3748

暖かい言葉を文字に添えて、最後は落款を押して仕上がり。落款は必須のようです。2時間ほどで3枚仕上げましたが、あっという間の時間でした。

«  霜降 | トップページ | 異星人現れる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

«  霜降 | トップページ | 異星人現れる »