« 夏の終わり | トップページ | コルチカム »

2011年10月 7日 (金)

地歌舞伎

happy01 今日は中学時代の同級生が出演することもあって、隣町日吉にある美濃歌舞伎博物館相生座の地歌舞伎見学にいきました。地元保存会の人達の熱演による歌舞伎が行われ会場は熱気につつまれました。

Dscf1723

8月と10月の年2回行われる地歌舞伎。秋は敬老公演として地元及び周辺のお年寄りの招待もあって会場は満員御礼となりました。

Dscf1802

壇ノ浦錣軍記(だんのうらしころぐんき)の一場面。

Dscf1807

ご存じ白浪五人男が勢揃いする青砥稿花紅彩画の花道での一場面。

Dscf1844_2

最後は今日のハイライト、恋女房染分手綱のうち、重の井子別れの一場面。家老役の友人と子役の名演技が光り、会場は満場の拍手と多くのおひねりが飛びました。

Dscf1863

最後は役者と舞台裏方さんも参加してのお礼の挨拶。会場はやんややんやのかけ声と拍手につつまれました。今も岐阜県の東濃地方ではこうした保存会による地歌舞伎が各所で演じられています。

« 夏の終わり | トップページ | コルチカム »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の終わり | トップページ | コルチカム »