« 朝のキラキラ | トップページ | 巨大サツマイモ »

2011年11月 1日 (火)

冬鳥がやってきた

今日から11月、小春日和の一日でしたが、あと一週間もすれば立冬です。そんな冬の訪れに先駆けて裏庭にやってきたのは冬鳥のジョウビタキ。ヒッヒッヒッ、カッカッカッと鳴きながら忙しく木の枝を飛び回っていました。

Dscf25121

まずは、しだれ桜のてっぺんで周囲の状況視察。でも人の姿を見てもあまり驚かないようで、静かに観察していると近くまでよってきます。

Dscf2526

やがて近くの地上の枯木に移り、中からイモムシを見つけ出して食べていました。

Dscf25021

こちらは以前に紹介したアゲハチョウの幼虫。葉っぱのほとんどなくなった小さなサンショウの木にいた幼虫ですが、鳥の糞のような姿から大きく成長し、触ると角もだしました。この後と、まだサンショウの葉っぱの残る大きな木に移してやりました。鳥たちに食べられず、無事にサナギになって冬が越せるといいですね。

« 朝のキラキラ | トップページ | 巨大サツマイモ »

」カテゴリの記事

コメント

今晩は、ジョウビタキの来訪にいよいよ寒くなるのか・・・そんな思いがします。
まだ我が家には顔をだしてくれませんが、毎日朝庭にでるのが楽しみになってきました。

木々の葉が落ちはじめ野鳥たちの姿が見やすくなりて、写真を撮るにも楽になりましたね。
我が家の裏庭には雄のジョウビタキが2匹現れ、時々追っかけこをしています。そんな姿を写真に収めようとしましたがやはり難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝のキラキラ | トップページ | 巨大サツマイモ »