« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

さようなら2011年

 いろいろあった2011年、明日からは2012年。暦が変わっても劇的に世の中が変わるわけではありませんが、せめて多くの人の命が失われることのない年であってほしいですね。

Dscf48591

沈みゆく太陽。今年最後の穏やかな夕陽。

Dscf4867

我が家の夕食は「年越しソバ」ならぬ「年越しみそ煮込みうどん」。アツアツでカメラのレンズが曇りました。

Dscf4858

床の間に飾った既製品の鏡餅と御神酒。農家なれど今は餅はつなくなってしまいました。

2011年12月28日 (水)

雪のウエーブ

 今日は比較的暖かでしたが、日陰では先日来の雪が凍りついていてなかなか融けません。

Dscf48531

表の屋根の雪は落ちてしまいましたが、北向きの屋根の雪は残っていて、一部はこんな垂れ下がり状態で綺麗なウエーブをえがいていますが明日にはドサッと落ちるようです。

2011年12月27日 (火)

今日もイガイガ

今朝の冷えこみも厳しく、昨日は雪が積もって真っ白だった庭の木々は、今日は霜で真っ白でした。

Dscf3357

選定した桑の木の先に霜がついてイソギンチャクのよう。

Dscf3362

こちらはサボテン?

Dscf3367

おなじみアジサイの冬芽。

Dscf3378

ムクゲの実についた霜。

2011年12月26日 (月)

豪雪の板倉

今日は撮影仲間と飛騨市宮川の種倉地区に板倉の撮影に行きました。
高山市を過ぎる頃から猛烈な雪に見舞われ、それでも何とか種倉につきましたが、降りしきる雪の多さに視界もきかず撮影は困難を極めました。

Dscf3302

降りしきる雪のため視界がききません。

Dscf3264

Dscf3305

降りしきる雪の中で撮影に挑む写真仲間。

Dscf3296

板 倉  土蔵に変わって板でつくられた山間地方の穀物など保管する倉庫。火災から倉を守るため母屋から離れた場所に造られていて、緊急時には寝泊まりもできる。

Dscf3344

Dscf3348

積もる雪にあちらこちらで除雪が行われていました。 

2011年12月25日 (日)

残り柿と雪

 今日はほぼ一日雪にみまわれ、予測していたよりも大雪になりました。
近くのまだ赤い実を残していた柿が気になり、さっそくカメラを片手に出かけることに。
途中、雪の重みで垂れ下がった竹に 行手を阻まれながらも、雪の帽子を被ったに残り柿を撮ることができました。

Dscf3251_2

湿った雪なのか。雪の重みで道路を塞ぐ竹。

Dscf32441

Dscf3254

Dscf3252

3枚とも別の場所の柿ですが、赤い実と白い雪のコントラストがとても綺麗でした。

2011年12月24日 (土)

やっと書けた年賀状

 多忙で書けなかった年賀状、推奨投函日が25日までとかで、今日、何とか書いて郵便局のポストに入れました。

Conv0001

上は年賀状に書いたラスト。絵手紙風に書こうとしましたが、龍は描写が細かく断念。久しぶりに童心に返りクレヨンで色づけしました。十二支のうちで実在の動物ではないのは龍だけで、そのためかネットなどで紹介されるイラストの姿はてんでバラバラで、それぞれ個性があっておもしろい。

2011年12月22日 (木)

地震でできた自然湖

 ここ数日多忙で、ブロクの書き込みがここ数日途切れてしまいましたが、今日は一昨日に御岳の自然湖へ写真撮影に行ってきましたのでその時の写真を掲載します。

Dscf3130

御岳自然湖は昭和59年9月14日に起きた長野県西部地震によって土石流が川に流れ込みせきとめられてできた湖です。この長野県西部地震はマグニチュード6.8の直下型地震で、前日までの雨の影響で地盤がゆるんでいたため、あちこちで大規模な土石流が発生し、29名もの犠牲者が出ました。

Dscf3125_2

川沿いにあったカラマツ林などが、せきとめられてできた湖によって枯れ、かっての上高地大正池のような風景をつくっています。

Dscf3079

氷結しはじめた湖面がおもしろい模様を描いていました。真冬には全面氷結するようです。

Dscf3051

早朝は湖面も鏡のように静かで月や木々を写し込んでいました。

2011年12月18日 (日)

バサラカーニバル

 毎年この時期行われる瑞浪市のバサラカーニバル。全国から250チームほとが集まり、駅前広場など9会場で踊りが披露され、多くの人で賑わっていました。

Dsc_7236

Dsc_7990 

Dsc_7435

「踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃそんそん~~」の歌の文句ではありませんが、時折小雪がちらつくほどの寒い日、踊っている方がどんなに楽しいかを実感した一日でした。

Dsc_7322

踊りだけでなく、コスプレを楽しむ人達もいて、シャッター道りも今日一日はとてもにぎやかになりました。

2011年12月16日 (金)

霰(あられ)舞う

 今日は冷たい風が吹く寒い一日。
時々雲と一緒にやってきたのは霰でした。
今年もあと2週間チョット。忘年会は少しずつ消化していますが、年賀状はまだまだ。
今年も絵手紙風に書きたいと思っていますが龍って難しそうですね。
Dscf48111

Dscf48161

Dscf4814

雪でなく霰ということは上空はそうとうな冷えこみのようです。

2011年12月14日 (水)

やっぱり気になる柿の種.

 今日は知り合いから富有柿をいただきました。いつもは頭の部分のへこみを利用し柿の種をさけて切りますが、あえてカキの種が切れるよう包丁を入れました。

Dscf4810

前にも紹介したことがありますが、柿を種ごと切ると顔があらわれなかなかおもしろい。胚乳の中の胚の先きには子葉もみられ地上に落ちれば春には芽を出せるよう準備万端のようです。

2011年12月13日 (火)

冬支度

 日中は小春日和の暖かさで、今日も畑で冬支度を行いました。

Dscf47952

この地域では白菜の葉をまとめて頭の方でワラで絡げます。こうすることで雨や雪などから白菜の中身を守ります。

Dscf4796

モミ殻焼。昨年以前のモミ殻には虫等が入ってることが多くこの時期に焼却します。焼却後の灰は肥料として利用します。昔はついでに焼き芋をすることもありました。

2011年12月12日 (月)

寒さ対策

 寒さ対策と行っても自分ではなく畑の野菜ですが、春キャベツの苗が大きく育ってきたためネットをかぶせてやりました。毎年、冬の間にヒヨドリなどに葉を食いちぎられたり、春先にはアオムシの被害にあうため寒さ対策を兼ねネットを施します。

Dscn3769

ネットを施すことで雪対策にもなり春先まで安心して放置できますのでとても便利です。

Dscf47911

畑への道の途中で見つけた実。つる性の植物の実で名前はわかりませんが、グラデーションがとても綺麗でしたので写真に撮りました。

2011年12月11日 (日)

皆既月食

 昨晩は4年ぶりの皆既月食で、テレビなどでも紹介され多くの方が真夜中の天体ショーをご覧になったと思います。私もカメラに望遠レンズをつけ撮影をこころみました。最初の欠け始め頃は雲も多く写真に収めることはできませんでしたが、半分ほどかけ始めた頃から雲も切れ始めて、きれいな皆既月食をみることができました。

Dscf30091

欠けはじめ頃は雲も多く、時々薄雲の中から欠けた月が見られる程度。午後10時5分頃。

Dscf30141

やがて雲が切れ始め大きく欠けた月が見られるようになりました。午後10時20分頃

Dscf30241

午後11時5分頃から皆既月食に入り月は赤銅色の変わりました。11時15分頃。

Dscf3026

日食と異なり月はまっ黒になることはなく不思議な姿をみせてくれました。11時30分頃。
次の皆既月食は3年後の2014年10月18日だそうです。

2011年12月10日 (土)

昨日は初雪を見ました。

 昨日はこの地域でも時々雪が舞い降りてきて初雪を見ました。山の方に降った雪が風に乗って運ばれてきたようですね。今日はそんな冷たい風はおさまったものの、この冬一番の冷えこみで朝は霜で外は真っ白でした。

Dscf4639

Dscf4679

数週間前まで緑を残していた草木も茶色く変わり冬本番をむかえていました。とはいえまだまだ冬の入り口で、これから先どこまで寒くなるのかチョッピリ不安もおぼえました。

2011年12月 8日 (木)

まだまだきれい

 低気圧の通過で今日も冷たい雨の一日したが、明日からはさらに大寒波が押しよせさらに寒くなるとか。そんなそぼ降る雨の中、所用で隣町(八百津町)に出かけましたが、途中にある海洋センター入り口の公園のモミジがまだまだ綺麗でしたのでカメラに納めてみました。

Dscf2989

Dscf2997_2

地上は雨にうたれて落ちたモミジの葉でびっしり。

Dscf29941

枝に残るモミジの葉もすべて深紅でした。

 

2011年12月 7日 (水)

残り柿

 今日は近くのホームセータへ。平日にもかかわらず多くの人で賑わっていました。師走の売れ筋である鏡餅や年末大掃除の洗剤などが店頭に並べられ、そして節電の冬を意識してかポケットカイロも特売されていました。自分の頭の中にはまだまだ師走の意識はないのに、こんな風景に出逢うと何となく忙しくなってしまうから不思議ですね。

Dscf4775

Dscf4778_2

あんなにたわわに実っていた柿も今は数えるほどになった残り柿。それでもまだまだ小鳥たちのご馳走になっているようです。

2011年12月 6日 (火)

イイギリの実

 今日はほとんど日射しもなく、午後には冷たい雨も降り出し寒い一日。そんな雨の中、林道で見つけたのは昨年も紹介したイイギリの赤い実。今年もブドウのふさのように実をたわわにつけていました。

Dscf4710

イイギリ 本州、沖縄のやや湿った山中に生育し大きな木となることもある。赤い実は鳥達にあまり食べられず遅くまで残ります。

2011年12月 5日 (月)

サザンカ

 紅葉も見ごろを過ぎ今はサザンが見頃をむかえています。今年は花も大きくなっていますね。

Dscf4721

Dscf4728

サザンカ  和名で山茶花と書くそうですが、当て字で茶山花と書いた方が読みやすいのでは。ツバキの仲間ですが雄しべが筒状にならないのが特徴のようです。

2011年12月 3日 (土)

蘇水峡とメタコイア

 雨のやみ間を狙って、八百津の丸山ダム下流の蘇水峡に、メタセコイアの紅葉を見に行きました。

Dscf47571

葉を落とし始めていて最盛期は過ぎていましたが、みごとに色づいていました。天気がよければもっと綺麗に見えるメタセコイアの林です。

Dscf4740

Dscf47501

林の下は車で通り抜けることもでき、上を見上げると天をつくメダコイアの木に圧倒されます。

Dscf47351

こちらは今日の蘇水峡。水鳥たちでにぎやかでした。

2011年12月 2日 (金)

夜 霧

時々雨の降る今日はこの地域では夕刻から濃い霧に包まれました。湿気の多い暖かい空気が夜の冷えこみで霧ができたようでしょうか。

Dscf4551

深い霧のためのため、広場の入り口の街路灯も早々と灯をつけました。

Dscf4700

見なれた夜の風景も霧によってずいぶん変わります。

2011年12月 1日 (木)

たこ足大根

 いよいよ今日から師走。泣いても笑っても今年はあと一ヶ月なのですね。
このところ大根、蕪、白菜など畑の野菜が育っていますが、なかなか我が家だけでは食べきれない状況で、ついつい収穫が遅れて大きくなりすぎています。そんな大きくなった大根を引っこ抜くと、ほとんどが先が分かれた多足大根でした。

Dscn37641

連作障害を避け、石の多い場所に作付けをした結果によるもののようです。

Dscf29651

松葉と赤い実。 木々が葉を落とし始めたこの時期、地上もとてもカラフルになっています。 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »