« バサラカーニバル | トップページ | やっと書けた年賀状 »

2011年12月22日 (木)

地震でできた自然湖

happy01 ここ数日多忙で、ブロクの書き込みがここ数日途切れてしまいましたが、今日は一昨日に御岳の自然湖へ写真撮影に行ってきましたのでその時の写真を掲載します。

Dscf3130

御岳自然湖は昭和59年9月14日に起きた長野県西部地震によって土石流が川に流れ込みせきとめられてできた湖です。この長野県西部地震はマグニチュード6.8の直下型地震で、前日までの雨の影響で地盤がゆるんでいたため、あちこちで大規模な土石流が発生し、29名もの犠牲者が出ました。

Dscf3125_2

川沿いにあったカラマツ林などが、せきとめられてできた湖によって枯れ、かっての上高地大正池のような風景をつくっています。

Dscf3079

氷結しはじめた湖面がおもしろい模様を描いていました。真冬には全面氷結するようです。

Dscf3051

早朝は湖面も鏡のように静かで月や木々を写し込んでいました。

« バサラカーニバル | トップページ | やっと書けた年賀状 »

地学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バサラカーニバル | トップページ | やっと書けた年賀状 »