« 2010年12月26日 - 2011年1月1日 | トップページ | 2011年1月9日 - 2011年1月15日 »

2011年1月2日 - 2011年1月8日

2011年1月 8日 (土)

ホオジロ

今日は付近の雑木林で久しぶりにホオジロの姿をみました。

Dscf2889

独特のさえずりは聞けませんでしたが、小枝に留まりチチッ、チチッと地鳴きをしていました。

Dscf2858

こちらは相変わらず賑やかなヒヨドリ。大きな木の実をくわえていましたが、くわえかたが悪かったのか、器用に木の実を回転させ、くわえ直して飛び去りました。

2011年1月 6日 (木)

第26回御嵩町美術展開催

happy01 明日から御嵩町中山道みたけ館で御嵩町美術展が開催されるため、トップ開催での写真の部の展示を行いました。興味のあるかたはお立ち寄り下さい。

Dscn2996

写真の部は展示総数27点で、明日から1月11日(火)まで展示されます。

Dscn29951

展示打ち合わせに余念のない役員。

Image02

美術展の会期は2月10日まで写真、陶芸と書、日本画、洋画、工芸の順に5日間ほどづつ開催されます。詳細は上の目録をクリック拡大のうえご覧下さい。

2011年1月 5日 (水)

イモムシハンドブック

happy01 今日、本屋に行って偶然見つけたのはイモムシハンドブック。身近な環境で見られる226のイモムシ、ケムシとその成虫やサナギまで掲載された図録でさっそく購入しました。今まで色々なイモムシ、ケムシに出逢っても名前がわからず解らず苦労していましたが,これで今まで以上にこのブログでイモムシ、ケムシを取り上げることができそうです。イモムシ、ケムシの嫌いな人はその時はパスしてくださいね。coldsweats01

Dscn29911

本屋で見つけたイモムシハンドブック。

Dscn29931

ページを開けるとこんな感じです。まだ未解決であった下の写真のサナギも名前が判明しました。

Dscn2407

芋ほりをしていたらでてきたゾウのような長い鼻をしたサナギ。エビガラスズメという蛾のサナギで幼虫はやはりサツマイモの葉などを食べる害虫だそうです。 

2011年1月 4日 (火)

ブルーな湖面

happy01 このところ早朝は氷点下の日が続きますが、近くのため池も薄氷が張り独特の模様を描いていました。

Dscf28931

氷った湖面が青空を映し、ブルーサファイヤのよう。

Dscf28911

氷の模様をさらにアップで撮ってみました。霜と同じように氷が成長していくようです。

2011年1月 3日 (月)

カケス

あっという間に正月三ヶ日も終わってしまいたが、歳を経るにつれその早さが増していくようです。今日も好天に恵まれ、日頃は林の中でギャーギャーと騒ぎ立ててはいるものの、なかなか姿を見せないカケスが今日は近くの桜の木にやってきました。しかし、なかなか用心深く、人の姿を見るとすぐ近くの林に引っこんでしまい、100メートルほど離れた木陰からようやく写真に撮ることが出来ました。

Dscf2907

300㎜でも小さくしか写らないので画像を拡大しました。眼光鋭く精悍な顔をしていて、なかなか綺麗な鳥ですが、鳴き声がギャーギャーで今ひとつとといったところ。

Dscf2913

普段はナラやカシの実を食べているようですが、今日は地面にも降りて虫を探しているようでした。

Conv0045

参考までに、こちらは数年前に奄美大島で出逢ったルリカケス(後ろ姿しか撮れなかった貴重な一枚)。国の天然記念物です。

2011年1月 2日 (日)

早朝の訪問者

happy01 昨日とかわって今日は快晴。早朝は放射冷却による冷えこみで外は霜に覆われ真っ白。そんな早朝に近くの広場に時々やってくるセグロセキレイすが、寒い冬を乗り切るためかメタボリックで丸々としていました。夏に見るスマートなセグロセキレイとはすいぶん違います。

Dscf2879

Dscf2881

いつも田んぼの周辺で見かけますが、冬で食べ物が少ないせいもあるのしょうか、行動範囲を広げてやってきているようです。

Dsc_5764

こちらは生垣に落ちた枯れ葉ですが、虫食い部分にも霜がつきキラキラと輝いていました。

« 2010年12月26日 - 2011年1月1日 | トップページ | 2011年1月9日 - 2011年1月15日 »