« 2011年3月20日 - 2011年3月26日 | トップページ | 2011年4月3日 - 2011年4月9日 »

2011年3月27日 - 2011年4月2日

2011年4月 2日 (土)

各務原市桜まつり

昨日、今日の暖かさは、咲き始めたサクラの開花を促し、この地域では各地で見頃をむかえようとしています。今日は全日写連の各務原市桜まつり撮影会が開催され行ってきました。

Dsc_2792

コブシの花の満開の中、市民公園では色々なイベントが開催されていました。

Dsc_29142

こちらは境川のサクラ。朝はまだ3分咲きといったところでしたが、今日の暖かさで5分咲きくらいになったのでしょうか。中学生以上は200円、小学生以下は無料という桜観覧船も運行され、川に風情を添えていました。皆さん花より団子のようで、出店の立ち並ぶ周辺はたくさんの人でにぎわっていましたが、このあたりはのんびりした春うららの風景でしたが、東日本の被災者の方々を思うと複雑な思いもいがよぎりました。

Dsc_29992

撮影会の帰りには、近くの蘇原自然公園に立ち寄り、カワセミ撮影にチャレンジしました。野鳥専門のカメラマンがすでに20人ほど方が超望遠レンズでカワセミを撮影されて見えました。三脚も超望遠レンズも持たない私達は、到着後20分ほどで飛来したカワセミを一度撮影しただけで、早々に退散しました。

2011年4月 1日 (金)

写真展開催中

全日本写真連盟のフォト白川支部及び、フォト可茂支部の指導者でも合った、二科会会員 秋松一也先生の遺作と会員の作品を展示した「秋松一也遺作展」を可児市文化創造センター アーラ で今日から4月4日(月 )まで開催しています。お近くで写真に興味のある方はぜひお立ち寄りください。

Dscn3391

Dscn3393

Dscn3394

2011年3月31日 (木)

ハルリンドウ

この時期いつも紹介するハルリンドウ。毎年花を咲かせる場所に行ってみましたが、イノシシの荒らされたようで数株だけしか残っていませんでした。そのなかでも咲いていたのはたった一輪。

Dscf33911

株元にはまだ蕾がたくさついていましたので、これからも花をつけるようです。

Dscf3394

近くにショウジョウバカマも咲いていましたが、やはりイノシシ掘り起こされていて数が激減していました。

Dscf3399

近くの広場に植えられていた木(ナンジャモンジャの木のようですが不明)の冬芽と葉痕が、サルの顔のように見えました。

2011年3月30日 (水)

カケスがやってきた

happy01 畑にいると、裏の林にカケスの姿がありました。先日購入したカメラを望遠側に合わせ撮ろうとしましたが、700mmを超える焦点距離ではなかなかヒントがあわず慌てましたが、どうにか2枚ほどシャッターを切ることができました。それでもピントが合っていたのは1枚のみでした。

Dscf3308

木の実が少なくなったのか時々畑にやってくるようです。相変わらず鋭いまなざしと丈夫なくちばし。羽の一部がプルーで綺麗な鳥ですが、いかつい顔がちょっと怖い。枝の影が邪魔でしたね。

2011年3月29日 (火)

水ぬるむ

happy01 近所の農家の小さな池にオタマジャクシがしがいっぱいいました。最近は湿田がなくなってオタマジャクシを見る機会が少なくなりましたが、水ぬるむ小さな春を見つけることができました。

Dscf33251

Dscf3319

ツチガエルのオタマジャクシシでしょうか、ずいぶん大きくなっていました。

Dscf3333

こちらは少し深いところにいた魚ですが、カワムツでしょうか。暖かくなったせいか俊敏におよいでいました。

2011年3月28日 (月)

カタクリが見頃

happy01 今日は午前中は冷えこんでいましたが、午後からは暖かな春の陽気になったので、オヤジ爺さんのブロクに触発されて隣町の可児市の鳩吹山のカタクリを見に行きました。
入り口付近はまだまばらでしたが、奥の方は8割ほど咲き見頃をむかえていました、地元ボランティヤの監視員さんの話では見頃は今週末とか。

Dscf3231

場所によっては立錐の余地がないほどの群生。

Dscf3271

重なった株から数本のカタクリが咲き、枝分かれして数個の花をつけているように見えるものもありました。

Dscf3255

まだ蕾の多い場所では、一番乗りだといわんばかりに誇らしげに花を咲かせたカタクリも。超ローアングルで撮りました。

Dscf3242

写真を撮る人スケッチをする人。いずれも小さなカタクリに、腰を落としたり座り込んだりして、悪戦苦闘されてみえました。

2011年3月27日 (日)

チャレンジスポーツ

happy01 今日はみたけスポーツ文化倶楽部で、小学生を対象にチャレンジスポーツが行われましたので、手伝いの傍らすこしだけ色々な軽スポーツにチャレンジさせていただきました。

Dscf3148

まずは、ドッチビーというフリスビーとドッチボールを掛け合わせたようなスポーツ。フリスビーをドッチボールに置き換え相手にぶつけて得点を競う競技ですが、ふわふわと定まらす飛び交うボールに悪戦苦闘します。最後に残るのは子供だけで、俊敏な動きの子供達に大人はなかなかついて行けませんね。

Dscf31602

キンボール。4人一組になり交互に相手チームにボールを打ち込み、受けた側は床に触れさせることなく打ち返すというスポーツ。大きなふわふわボールはなかなか思うように扱いできません。写真は練習風景。

Dscf3177

輪投げ。輪が入ったピンで点数が決まりません。輪の中に点数を示した色の面積が、点数に加算されるという偶然も加味される輪投げ。
いずれもゲーム感覚のスポーツですが、私の硬直した身体と思考は子供達について行けないのを実感しました。

« 2011年3月20日 - 2011年3月26日 | トップページ | 2011年4月3日 - 2011年4月9日 »