« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »

2011年6月26日 - 2011年7月2日

2011年7月 2日 (土)

恵みの夕立

happy01 この地域では ここ数日間雨が降らず畑の農作物の生育を心配していましたが、今日の夕刻に雨を降らせた夕立は畑作物にとってはめぐみの雨となりました。

Dscf4005

畑作物ではありませんが、バラの中で一番最後に花をつけた白いバラ。このところの猛暑で生気を失っていましたが今日の夕立で少しは生気を取り戻したようです。

Dscf39981_2 

道端に植えられたヤグルマギクも凛として元気になりました。
ヤグルマギク 一般的にはヤグルマソウとよばれますが、ユキノシタ科のヤグルマソウ区別するため、ヤグルマギクとよぶようです。

 

2011年7月 1日 (金)

ナデシコ

happy01 日本の女子サッカーチームの名前にもなっているナデシコが花盛りを迎えています。

Dscf0441_2

隣との境を流れる水路に咲いているナデシコ。別名をカワラナデシコとよばれ秋の七草にもなっています。ということは自然はもう秋なんですね。

Dscf0437

こちらはタンポポの綿毛。飛び出した種がアクセントになっていました。涼しい山すそではタンポポの花が今でも咲いています。

2011年6月29日 (水)

恐るべし節電需要

happy01 今日も猛烈な暑さでしたが、我が家は山中の集落にあり、まだまだエアコン無しですごせます。それでもやはり扇風機のお世話にはなります。ところが先日、子供が節電対策で必要との理由をつけて私の部屋の扇風機を一台持って行ってしまいました。今日は足りなくなった部屋の扇風機を補うため近くのホームセンターに行ったところ、扇風機はみあたらず、やむなく家電量販店に行くことに。しかし、その量販店でもあるのは壁掛けタイプ扇風機が少しとミニ扇風機、特殊なサーキュレーターのみで、普通の扇風機は売り切れていて注文販売となっていました。店等には「節電需要で生産が追いつかず現在予約販売しています。」とチラシが貼ってありました。節電対策と猛暑により少しは消費が上向くのでしょうか。

Dsc_7198

こちらは、取り付けがめんどくさそうでしたが、いつ入荷するかわからないのを待つよりもと、やむなく購入した壁掛けタイプ。クロス張りのため柱の位置がわからす、取り付けに苦労しましたが、これなら誰も部屋から持ち出させないと一安心。でもこのタイプも明日には在庫がなくなるようでした。

Dscf3967

今日も田んぼにはハラビロトンボ。シオカラトンボやシオヤトンボとよく間違われますが、雄は成熟すると腹部が黒っぽい色から塩をふいたような色に変わります。

Dscf3964

ハラビロトンボ♂ 口の上にある鼻斑 ? がメタリックブルーに輝いているのが特徴です。   

2011年6月28日 (火)

梅雨明け

happy01 今日は昨日までの天気とうって変わって、カッと照りつける真夏の日射し。 梅雨明けしたようだと思っていたら、やはり九州南部は梅雨明け宣言が出たようでした。私達の地域はまだでしたが、例年よりも早い梅雨明けになりそうです。

Dscf3958

Dscf39543

久々の夏の日射しに、午後からは延び延びになっていた田んぼのあぜ草刈りにいきました。伸び伸びになっていたあぜ草の中に見つけたのはネジバナです。綺麗な花で残しておきたい思いもありましたが、作業の効率上、刈り取ることにしました。weep

Dscf3971

話がまったく変わりますが、こちらは午前中に成人講座があり、その講座で作ったツクシとスギナの盆栽。イメージとしては似ていますが、実物とは大分違います。ちなみに材料は紙粘土です。

2011年6月27日 (月)

雨の日の訪問者

happy01 昨夜も真夜中に目が覚めるほどの強い雨が降りました。こんなとき時々朝に窓に張り付いているいるのは蛾です。強い雨を避けるためやってきたようですが、普段は撮れないお腹の部分が撮れる貴重な機会です。

Dscf3953

強い雨の翌日はこんな風にお腹を向けて窓に止まっています蛾を見ることが出来ます。

Dscf0435

長雨の影響で広場の芝生にニョキニョキ顔を出したのはオオヒメノカサ(大姫傘)という名のキノコ。名前に似ず小さなキノコです。

 

2011年6月26日 (日)

日陰を好むヒカゲチョウ

happy01 このところの暑さで、昆虫たちの中にも日陰を選んで飛ぶものもいて、ヒカゲチョウはその代表みたいな存在です。

Dscf04281

ヒカゲチョウ 名前のとおり陽を避けて飛ぶチョウで、林内や夕方、曇りの日になど良く飛び回ります。つまり無理をせず熱中症にならない対策というところですね。
花が開花していない時間に活動するため、もっぱらナラやクヌギの樹液とか腐った果実など吸って生きています。

Dscf04211

ベニアジサイ 話は変わってこのところ目にするようになったベニアジサイ。装飾花が咲きはじめは白色ですが、やがてピンク色から紅色に変化します。普通のアジサイはシットリした大人の雰囲気ですが、こちらはちょっと可愛い感じがしますね。

« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »