« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »

2011年7月17日 - 2011年7月23日

2011年7月23日 (土)

夏の勲章

happy01 このところ賑やかになってきたセミたちの鳴き声。特に賑やかなのは朝晩カナカナとなくヒグラシでしょうか。夏休みに入り、遊びに来ている孫も庭でたくさんの蝉の抜け殻を見つけ、大はしゃぎでした。

Dscn3463

孫がはしゃいでつけたセミの抜け殻の勲章( ブローチが本当かな) 。一番下の小さなニイニイゼミの抜け殻のぞきほとんどがアブラゼミのようです。

2011年7月22日 (金)

水滴写真パート3

happy01 今日も午前中は霧雨模様の天気で、まだ咲いている紫陽花などに張られたクモの巣も水滴がいっぱい。さっそくカメラを持ち出し、この頃はまっている水滴写真にチャレンジしました。

Dscf07461

Dscf0743

アジサイの上に張られたクモの巣に水滴がいっぱい。まるで宝石を散りばめたよう。

Dscf07681

こちらはネコジャラシについた水滴。小さなカメムシの仲間が歩くのに大変そうでした。

2011年7月21日 (木)

ムクゲの花盛り

happy01 今日は台風一過の爽やかな天気とはいかず、曇り空で時々雨のぱらつくムッとする暑さでした。こんな夏の日に似合うムクゲの花がこの地域では最盛期を迎えています。

Dscf41713

近所の農家に咲く、かなり大きなムクゲの木。最近は色々な色のムクゲの花が咲きカラフルになりました。

Dscf41721

夏らしく花をアップしてストロークをつけてみました。

2011年7月20日 (水)

増水の丸山ダム

happy01 台風の影響による昨晩の強い雨で木曽川の増水状況が見たくなり、隣町に行った帰りに丸山ダムに立ち寄りました。ゲートの解放状況は5門のうち2門の解放で、心配したほどの増水でなかったようです。

Dsc_4957

今日の丸山ダムの放流状況。2つのゲートから流れ落ちる水は真っ白で、上流で土砂崩れなどの災害が発生していないことを伺わせます。

Dscf0723_3

ゲートから放流される木曽川の水。

Dsc_4964

90㍍ほどの落差で落ちた水は、海の波の花と同じような現象によって泡を作ります。

2011年7月19日 (火)

大井川鉄道パート2

happy01 一昨日の続きで大井川鉄道撮影会で撮った面白写真? の紹介。

Dscf0526

鮎のぼり 大井川の鮎のPRでしょうか、鯉のぼりならぬ鮎のぼりがはためいていました。やはり鯉のぼりよりスマートな体型ですね。

Dscf0644

揺れる吊り橋 大井川にはこうした吊り橋がありスリルも楽しむことができます。 お年寄りの方もみえましたよ。大丈夫かなー coldsweats02

Dscf0610

SLが落とした石炭の燃えガラ?。まだ火がついていて枕木が燃えそうでした。

 

2011年7月18日 (月)

朝焼け

今朝、ベッドで目を覚ましたら窓の外が真っ赤で、慌てて外に出てみると空全体を包む真っ赤な朝焼けでした。朝焼けが出ると天候は下り坂といわれますが、この現象はやはり台風6号の接近を予兆する自然現象かも知れませんね。

Dsc_4933

Dsc_4934 

大井川鉄道

happy01 昨日は写真サークルの大井川鉄道のSL撮影会に参加、夜遅くブログにその報告をアップしたつもりが書き込みができず失敗。だいぶ疲れていたので操作を誤っていたようです。ということで一日遅れになりますが大井川鉄道のSLのワンショットを掲載します。

Dsc_4828

まずは定番、大井川にかかる鉄橋を通過するSL。このところの小雨の大井川は水量が少なく、河床ばかりが目立ちました。

Dsc_4852

終点の千頭駅では乗客ゃSLファンでごったがえしていました。

Dsc_48722

若い運転手(助手? )さん、夏空を見上げ何かを思いふけっているようでした。よく磨き込まれたC5644のプレートが目を引きます。

Dsc_49091

日本一小さなトンネルをくぐるSL。 終点の千頭駅には転車台がないため、帰りは機関車がバック状態で客車を引っぱります。

大井川鉄道 東海道線本線金谷駅から大井川本線終点の千頭駅までと、千頭駅から井川駅までをアプト式で運行している私鉄路線。SLは本線のみで運行され、シーズン中は2往復 通常期は1往復 運行されている。

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »