« 2011年1月9日 - 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月23日 - 2011年1月29日 »

2011年1月16日 - 2011年1月22日

2011年1月22日 (土)

みたけの森の野鳥たち

happy01 今日も昨日の続きになりますが、みたけの森の散策で出逢った野鳥たちを紹介します。見慣れた野鳥達ですので、森の雰囲気を出すためロングで撮った写真を掲載します。

Dscf31371

まだ氷が残る湖面にカイツブリが盛んに水中に潜っていました。湖面の氷結のためでしょうか、湖面には他の水鳥たちは見られずこのカイツブリ1羽だけでした。

Dscf3139

こちらはメジロ。垂直の幹に水平に体を保つ姿は、出初めの梯子乗りのようでした。

  Dscf31483

ジョウビタキのメス。あまり警戒心が少ない鳥ですね。じっとしているといつも近くに寄ってきます。

Dscf3157

コッコッと小さな音を立てていたので、アカゲラかと思いましたがヤマガラでした。樹皮の中に潜む虫達を探していたようです。

2011年1月21日 (金)

みたけの森の下がりもの

今日は早朝の気温が我が家の玄関で-5度でしたので、みたけの森の散策を兼ねて水車小屋のツララを撮に行きました。。

Dsc_58201

期待していたほど大きくはありませんでしたが、鍾乳石のような綺麗なツララが下がっていました。

Dscf3031

ツララノ撮影を終えて散策の途中に見つけた下がりもの。ヤママユでウスタビガのマユのようです。

Dscf3032

こちらもヤママユですが蝶の種類は不明。

Dscf3144

大きなぶら下がりものにも出逢いました。メジロの巣でしょうか、苔をいっぱいくつっけ暖かそうな巣でした。

2011年1月20日 (木)

カシラダカ

happy01 今日も午前中は雪でしたが、午後には雪が止んだため、家の畑までカメラを片手に散歩に出かけました。
そんな散歩の途中に農家のモモの木に見つけた小鳥の集団。最初はスズメの集団と思いましたが、よく見るとカシラダカの集団でした。

Dscf3005

スズメによく似たカシラダカの集団。スズメのように騒がしくさえずらないで静かです。

Dscf3019

Dscf3026

カシラダカ 冬鳥で、ホオジロによく似ていますが大きさはスズメぐらい。頭高(カシラタカ)といわれるように、頭部に短い冠羽を持つのが特徴。鳴き声はチッと一声。

2011年1月19日 (水)

大物イノシシ

happy01 我が家の畑の近くのに山林に、近所の農家の方が仕掛けられた檻があり、その檻に大物のイノシシが入り、押っ取り刀でお手伝いにいってきました。

Dscn3103

体重は80きキロほどの雄のイノシシで檻の中で大暴れしていました。

Dscn31081

口は裂け血だらけ状態になりながらも、丈夫な金網を食いちぎって必死に檻から出ようとするイノシシ。
我が家の畑の農作物を荒らしたと思われる憎きイノシシですが、殺処分される時は少し複雑な思い。

2011年1月18日 (火)

綿帽子

happy01 今日も雪に関する紹介になって恐縮ですが、緩みかけていた雪上に今朝も新しい雪がうっすらと積もり、綺麗な雪景色でした。そんななか庭の木々達も綿帽子を被り、まもなくやってくる春を待っているようでした。

Dsc_9664

綿帽子を 少しだけかぶったアジサイの冬芽。新しい緑の新芽が姿をあらわしていました。

Dsc_9675_2

こちらは暖かそうなミンクの毛皮を纏ったコブシの冬芽。

Dsc_9591

冬芽ではありませんが、鈴なりになったプラタナスの実にも綿帽子。目玉オヤジの感じがしないでもありませんね。

2011年1月17日 (月)

雪の里山

昨日から降り続いた雪も止み、今日の朝は集落をカメラ片手に一回り。通勤で車の行き交う道路から少し入ると、そこは人の足跡もないひっそりとした里山の原風景にであうことができました。

Dsc_9633

集落の外れにある、今は無人となった家屋。夏には小川にホタルが飛び交います。

Dsc_9609

田んぼには人影もなくひっそりと雪に埋もれていました。夏にあれほど鳴いていた蛙の声も今は聞こえません。

Dsc_9605_2

耕作されなくなった山すその田んぼには、朽ちかけた小屋がひっそりとたたずんでいました。

Dsc_96551

話は変わって、雪の日にはナンテンの実を食べによく訪れずれるヒヨドリ。今日もこの鳥だけはピ-ピーと元気でした。

2011年1月16日 (日)

雪の日

このところ大雪のニュースで持ちきりですが、私達の地域では降雪が少なく、今日はこの冬に入って初めて本格的な積雪を観測しました。といっても夕方に計った積雪は7㎝ですが、それでもまわりの景色を一面に銀世界に変えました。

Dscn30592

今日の降雪。一時は傘も役に立たないほどの吹雪状態でした。

Dscn30972

夜には少し小やみになりましが、夜の降雪はまっ黒な空から雪が生まれてくるような不思議な雰囲気でした。

Dscn30813

誰も歩いていない雪の上を歩くのは、フカフカしてとても気持ちのいいものですね。

« 2011年1月9日 - 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月23日 - 2011年1月29日 »