« 2011年7月24日 - 2011年7月30日 | トップページ | 2011年8月7日 - 2011年8月13日 »

2011年7月31日 - 2011年8月6日

2011年8月 6日 (土)

小さなアリの挑戦

happy01 庭のコンクリートの上を小さなアリが、 大きなアブラゼミの羽を 時折吹く風に翻弄されながらもも、 一生懸命運んでいました。

Dscf4189

軽い羽ではありますが、風に翻弄されながらも懸命に運ぶアリ。

Dscf4196

コンクリートの断崖絶壁を 四苦八苦しながら必死で降りました。

Dscf4195

次は採石混じりの凸凹した庭に挑戦。
土の露出した庭まではまだまだ10㍍ほどあります。きっとそのあたりに蟻の巣があるのですね。
時間切れで観察はここで終了しました。でも、こんな大きな羽はアリの巣には入りませんが、いったいどうするのでしょうか。いらぬ心配ですが、苦労の割には報われない仕事に思えました。think

2011年8月 4日 (木)

これはもう芸術

happy01 夜間晴天の早朝は露が降りて、庭の木々はまるで雨が降ったほどしっとりと濡れ、クモの巣も露でキラキラ輝いてとても綺麗です。

Dscf1000

枯れかけたアスバラガスの枝に張られたクモの巣ですが、露に濡れてキラキラ輝いて、その造形はまるで芸術作品のようでした。 でも、日が昇り太陽の光が射しこむとあっという間に消えてなくなりました。

Dscf10241

ヒグラシ。 話は変わって早朝や夕方に鳴いているヒグラシ。今年は異常発生とも思えるほど、夕刻の林の中で大合唱していました。

2011年8月 3日 (水)

薬王寺の大賀ハス

happy01 久々の夏らしい陽ざしに誘われ 隣町 可児市帷子の薬王寺の大賀ハスの池に行きました。最盛期を少し過ぎていましたが、まだまだ見頃でした。

Dsc_54061

地元のボランティア人たちにより、前に訪れたときよりもさらに蓮池が拡張されていました。

Dsc_5399

Dsc_5376 

ここのハス池の魅力は南側に林があって、撮影方向によっては背景を暗くすることができることですね。

Dsc_53781

シオカラトンボもたくさん飛んでいました。地元の方によると、もう少したてば赤いショウジョウトンボも現れるそうです。

Dsc_5394

こちらは上の池に生育するヒメコウホネ(絶滅危惧種)。とまっているのは羽化したばかりのセスジイトトンボのようです。

 

2011年8月 2日 (火)

坂の上の雲

happy01 大正村に行った帰りに寄った周辺の風景。こちらも懐かしい子供の頃を思い出す景色でした。

Dsc_52691

坂の上の雲。 あの坂の上からはどんな風景が見えるのでしょうか。(恵那市東濃牧場)

Dsc_5308

アルプスの少女 ハイジ。 ちょっと強引ですがアルプスの少女 ハイジの世界にみえました。(東濃牧場)

Dsc_5265

故 郷。 兎追いしかの山、こぶな釣りしかの川 ~・・・ sad  農村景観日本一の風景(恵那市岩村)      

2011年8月 1日 (月)

大正村ウォッチング

happy01 今年は大正100年ということで、大正村(恵那市明智町)は色々なイベントが企画され賑やかです。そんな村を散策して見つけた気になるものを特集しました。ただし気になるものは私の個人的判断よるのものですので悪しからず。

Dsc_5211

アナログ電話機。 まずはオーソドックスですが、大正時代の郵便局 (当時電話事業は郵便事業と同じ逓信省の所管でありました) にあった電話機。 今の携帯電話などと違い、まるで目や口がついているようで暖かみのある電話です。残念ながらレシバーの部分がありませんでした telephone

Dsc_5232

こびとの家。 こちらは窓の格子に間に置かれていたマッチ箱(高さ5~7㎝)ほどの家。巣箱にしては小さすぎますし、入り口は大きなもではハツカネズミが入れるほどですが、小さな入り口のものはアリがやっと入れる程度。下には木の枝が置かれていて、なにかがこの枝に一度とまって入ったのでしょうか~think

Dsc_5234

壁になった自販機。 こちらはずいぶん昔に壊れた自動販売機ですが、壁に埋め込まれて設置されたため、家を取り壊すまでは壁の一部としてこれからも活躍するようです。

Dsc_5250

丸いもの入れ。 壁にパイプが埋め込まれ、その穴が水洗い用の入れ物になっていました。 冬はきっと薪ストーブ の煙突の出口になるかも。 空間の有効利用に脱帽 confident

Dsc_5203

大正村ではこんなレンタル衣装もあります。大正時代の衣装で街を散策すれば、気分はもう大正時代にタイムスリップですね。happy01

2011年7月31日 (日)

花火の撮り方

happy01 今の時期あちらこちらで花火大会が開催されていますが、昨日は隣町 土岐市の花火大会があり誘われてカメラを持って出かけました。花火は難しいようですが、撮り方の基本を学べば意外と簡単に撮れます。ただ、おもしろい写真はやはり色々なテクニックを使って撮る必要がありますね。

Dscf0891

まずは普通に撮った写真。 感度 ISO 100 、絞りF16  、シャツター B (バルブ)、三脚使用

Dscf0904

多重露出  カメラで3回の多重露出を設定し、カメラをシャッター1回ごとに水平移動し撮った写真。花火がにぎやかになりました。 多重露出設定のないカメラではシャッターをB(バルブ)にして、露光中にレンズの前にキャップをしたり、はずしたりするなどして多重露出を行うことができます。

Dscf0927

こちらは露光中にレンズ上下又は左右に振って撮ったもの。

Dscf0905

露光間ズーム バルブで露光中にズームレンズを動かして像を拡大又は縮小するなどして撮る方法。

Dscf0991

仕掛け花火のナイヤガラに、打ち上げ花火を多重露出で重ねた写真。 

« 2011年7月24日 - 2011年7月30日 | トップページ | 2011年8月7日 - 2011年8月13日 »