« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »

2011年8月14日 - 2011年8月20日

2011年8月19日 (金)

秋の足音

happy01 暑い暑いと言っているうちに、いつの間にか秋雨前線が列島を横断し、この地方も午前中は強い雨でした。田んぼの稲穂もさらにいっそう頭を下げ黄色く色づきはじめていました。

Dscf1079

近くの広場の路面には、朝の雨で落ちたわくらばが秋の風情を感じさせていました。

Dsc_5637 

Dsc_5731_2

近所の農家の庭には秋の七草、オミナエシ、キキョウも咲き始め秋の訪れを告げています。

2011年8月18日 (木)

空中写真

happy01 隣町にある花フェスタ記念公園の無料入場券が今月で期限切れになるため、孫と一緒に遊びに行きました。孫は近隣の小学生のため無料で、結果2人とも無料で入園。とはいえ、散策するだけで汗が噴き出るこの時期の入園者は少なくひっそりとしていました。

Dsc_56752_2

ちびっ子広場も私達の独占状態で、ポールの先の球に写る私達 の姿はまるで空中写真。

Dsc_5649

バラのテーマガーデンから花の地球館に抜けるトンネルはまるでタイムトンネルのよう。

Dsc_56602

散策の途中で見つけたのはアオイトトンボ。メタリックグリーンのとても綺麗なイトトンボです。

Dsc_5722

今、キバナコスモスが見ごろです。

2011年8月17日 (水)

ウリではなくカボチャだよ

happy01 畑の空いているところに植えた、スクナカボチャといわれるカボチャが大きく育ち、畑を飛び出して大きな実をつけていました。

Dscf4251_2

Dscf4252

漢字で「宿難南瓜」と書く、このカボチャは飛騨地方原産で、知り合いの農家の方からから種をいただき、一昨年から育てています。実は丸くならずまるでウリのようですが、甘味のあるホクホクした食感の美味しいカボチャです。 収穫したカボチャは重さ3㎏、長さは50㎝ぼどありました。.

2011年8月16日 (火)

無題

毎日つづく猛暑日。暑いだけまだしも、この「じとじと、べとべと」感はにうんざりしますね。

Dsc_7547

この地域では花を落としたノウゼンカヅラ。牧歌の里ではこれから見ごろを迎えようとしていました。

Dsc_7538

一昨日紹介したアルストロメリア。こんな花です。 

2011年8月15日 (月)

シロオニタケというキノコ

happy01 久しぶりに道路沿いの林の中に真っ白なキノコを発見。シロオニタケとよばれるキノコのようです。

Dscf1068

シロオニタケとよばれるこのキノコ、けっこう大型で傘の径は7~8㎝ほどありました。図鑑によれば、傘が開く頃は直径15㎝ほどの大きなキノコになるそうで、名前の由来もそこから。傘には鬼の角のような突起物がたくさんついていて、それもまた鬼らしい。テングタケの仲間で毒キノコだそうです。

Dscf42281

話は変わって、畑のピーマンを収穫中に目の前に現れたのは、超大型のイモムシで、クロメンガタスズメとよばれるスズメ蛾の幼虫。

Dscf42371

地上に降ろして見るとこんな感じ。尾角とよばれるシッポが可愛い。成虫の背中に人面模様があることからクロメン(黒面)と名前がつけられたそうで、一度、成虫の蛾になったときの姿を見てみたいですね。

2011年8月14日 (日)

スリッパが飛んだ日

happy01今日は夏休みのプレゼントとして孫を連れてひるがの高原にある「牧歌の里」に。1,000メートル近い高原にあるため吹く風は爽やかでしたが、人の多さにはビックリ。でも、ヒツジやウマなどにふれあうことが出来、孫は満足だったようです。

4

東日本大震災支援チャリテイとして行われていたスリッパ飛ばし。UFOのごとく高く上げても遠くへ飛ばず、やはりコツをつかんだ人が有利でした。 参加料20円は義援金になるそうです。

Dsc_7530

家畜とまったく縁がない今の子供達、餌をやるのもおっかなびっくりです。

Dsc_7553

こちらはマスのつかみ取り。高原といえども夏で、ついつい水に入ってみたくなり、こちらも人気のイベントでした。

Dsc_75701

Dsc_7577

花はロシアンセージやアルストロメリアが見頃 。ラベンーダーは最盛期を過ぎていましたがまだ見られました。これからはサルビアが見ごろとなり、コスモスも咲き始めるようです。 

« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »