« 2011年9月11日 - 2011年9月17日 | トップページ | 2011年9月25日 - 2011年10月1日 »

2011年9月18日 - 2011年9月24日

2011年9月23日 (金)

暑さ寒さも彼岸まで

happy01 今日の早朝は冷えこみ、玄関脇の寒暖計は12℃を指していて、あわててチョッキを着込んでしまいました。台風の通過とともに一気に北の冷たい空気が入り込んできて、「暑さ寒さも彼岸まで」のことわざどうりでしたが、あまりの気温の激変に体調がおかしくなりそうです。

Dscf1570

近くの広場の芝生は早朝の冷えこみで朝露におおわれ、陽が差し込むとキラキラ輝いてとても綺麗でした。

Dscn36921

話は変わって、畑の土手にはツルボが淡紫色の綺麗な花をつけていました。
ツルボ スルボともよばれますが名前の由来は不明。日当たりの良い山野に生え小さな花が穂状つきます。

2011年9月22日 (木)

台風15号の影響

happy01 台風15号に伴う大雨で 私達の地域ではあちらこちらで土砂崩れや浸水の被害がでました。ネット回線も被害を受け3日間ほどインターネットも電話もできない状況が続きました。今日ようやく回線が復旧しブログの書き込みができるようになりました。
便利な生活に慣れてしまった私達にとって長期の停電ほどではありませんが、長時間の電話もネットも繋がらない状況はやはり不便というより不安を感じてしまいます。

Dscf43901Dscf4392

Dscf4394

大雨で増水した近くの河川( 可児川 9月20日 )
ネットの復旧を予定していなかったため今日の画像がありません。代わりに20日に予定していた画像をアップします。日頃は河床が見えるほどの水量ですが、この日は堤防すれすれまで増水していました。

Dscf43871

河川の増水のため水路に逆流した水が道路や歩道にあふれ出していました。 この日は50㎜を超える強い雨が朝から夕方まで連続して 降っていました。

2011年9月19日 (月)

赤いお尻

happy01 今もピンクや白のムクゲの花が咲いています。もう3ヶ月ほど花を咲かせていますが、ムクゲの花は一日花といわれますので、一日20個の花をつけたとしても3ヶ月で1800個でその花の数には驚かされますね。前にもブログで紹介しましたが、そんなムクゲの赤いお尻のフタトガリコヤガという蛾の幼虫。葉だけでなく花を美味しそうに食べていました。

Dscf1578

ムクゲの花びらを食べていたフタトガリコヤガの幼虫。カメラを向けたら葉っぱに身体を移動させてしまいました。残念!

Dscf15771

肛上板とよばれる赤いお尻をなめる幼虫。黒いあごひげと目玉ような模様のある方が頭です。
フタトガリコヤガ 幼虫時にムクゲ、アオイのほかオクラなどを食草とする蛾で、名前は2枚の羽の先が尖っていることからつけられたようです。作物の害虫。

Dsc_7835

こちらは、秋の彼岸が近づき赤い花をつけ始めた彼岸花。暑くても寒くても、いつも几帳面に彼岸の頃に花をつける彼岸花。樹下などの涼しい場所から花を咲かせるようですが、その開花時期の正確さに驚かされますね。

2011年9月18日 (日)

○○心と秋の空

happy01 迷走する台風15号は日本上陸をあきらめ消滅すると思っていましたが、勢力を強めて再び日本上陸をめざしているようです。今日はそんなしぶとい台風の影響か、早朝は涼しかったものの日中は再び猛暑になり、空の雲もめまぐるしく変わっていきました。

Dscf4375

涼しかった早朝は巻雲とよばれるすじ雲も出ていて秋空でした。
巻 雲  雲の中でももっとも高層にできる雲で、台風や低気圧が近づくと真っ先に現れる雲。

Dscf4383

昼には朝の涼しさはどこえやら厳しい暑さになり空の雲も積雲とよばれる綿雲に変わりました。
積 雲  地表付近から2キロメートルほどの低い高さに出来る雲。 発達すると積乱雲(雷雲)となります。

Dsc_7836

夕方にはひつじ雲やむら雲とよばれる高積雲があらわれました。
高積雲  地上2~7㎞に現れる雲 昔から「ひつじ雲が現れると明日は雨」といわれるくもで、低気圧接近の朱鷺など似よく現れる。 ○○心と秋の空といわれるように雲の姿からも明日からは下り坂のようですね。

« 2011年9月11日 - 2011年9月17日 | トップページ | 2011年9月25日 - 2011年10月1日 »