« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月2日 - 2011年10月8日 »

2011年9月25日 - 2011年10月1日

2011年10月 1日 (土)

白糸の滝

Dsc_60991

白糸の滝 草津温泉から軽井沢に向かう途中にある滝。富士山麓にある白糸の滝の滝のミニチュア板といった滝で、落差は3㍍あまりで幅は70㍍ほど。地下水の湧水にる滝ですが、人工的に手が加えられて現在の滝の姿となっているそうです。

Dsc_60931

Dsc_6100

白色粘土層と、粗粒の軽石層から湧水する地下水が、白い糸を垂らしたように幾重にも流れ落ちることから白糸の滝と名前がつけられようです。

Dsc_6075

地下水のため流量が変わらず、いつも清水が流れています。

2011年9月30日 (金)

浅間山と鎌原観音堂

happy01 天明3年の浅間山の大噴火による土石流で鎌原村(現嬬恋村鎌原地区)は壊滅、村民570名ほどのうち477名もの命が失わました。この時村外にいた者と、土石流に気づき高台にある観音堂に逃れた者 併せて93名のみが助かったといわれます。 今、火山災害から命を救った観音堂は厄除けの観音堂として地元保存会の人により守られています。

Dsc_6024

観音菩薩を祀る礼堂

Dsc_6042_2

村人が50段の階段を登り難を逃れたという石段は、土石流に埋まり15段ほど残すのみとなっていて、埋没した石段からは2名の人骨などが発見され、当時の噴火のすごさをうかがうことができます。

Dsc_6022

観音堂周辺には祀られた素朴な顔のお地蔵様。

Dsc_6028

今も鎌原地区のお年寄りによって毎日先祖供養が行われています。

Dsc_6043

白い噴煙を吐く浅間山  標高2568㍍、ランクAの活火山 

2011年9月29日 (木)

志賀高原と草津温泉の旅 その2

happy01 昨日に続き志賀高原と草津温泉の旅のうちから今日は白根山周辺の写真を掲載します。

Dsc_59752

渋 峠 志賀高原から白根山に向かう国道で、日本一標高の高い場所といわれ、ここから朝日の日出を狙うカメラマン人気の撮影スポット。早朝に期待して登りましたが、東の空に厚い雲があり日の出を撮ることが出来ませんでした。

Dsc_59771_2

白根山と浅間山 渋峠の展望台から白根山火口を望むと、遠くに噴煙を吐く浅間山を見ることができました。

Dsc_5876

Dsc_5897 

弓 池  白根山火口の麓にある池で火口湖の一つですが、周囲は湿原となっていて池の周りを一周することができます。

Dsc_5917

白根山火口  乳白色の水をたたえ湯釜ともよばれる火口湖。

2011年9月28日 (水)

志賀高原と草津温泉の旅 その一

happy01 昨日、一昨日と撮影を兼ね志賀高原周辺と草津温泉にの旅行に行ってきました。期待していた紅葉はまだまだ先で期待はずれでしたが、写真仲間との楽しい時間を過ごすことができました。掲載する写真は私が勝手に選んだものでストーリー性はありませんのであしからず。

Dsc_58331

田野原湿原

Dsc_58571_2 

紫色の蕾を付けていたリンドウ(田の原湿原)

Dsc_5818

白樺とやっと色づきはじめていたレンゲツツジ(一沼にて)

Dsc_57781

一沼のヒツジグサ なぜか裏返しなっていた葉が赤くなっていてデザイン画のよう。

Dsc_5811

蓮池とホテル群

2011年9月25日 (日)

ノシメトンボとマユタテアカネ

happy01 秋の到来と共にトンボも軽やかに飛ぶようになった気がしますね。今日のトンボはノシメトンボとマユタテアカネ。

Dscf1631

Dscf16261

ノシメトンボ 羽の先が黒褐色のトンボ 水田や沼で羽化し里山の林や高山まで移動する。

Dscf1633

Dscf16353_2   

マユタテアカネ(♀) 名前は顔に眉をたてたような黒い斑紋があることから。 水辺で羽化しますが林などに見られます。雄は成熟すると赤くなります。 

« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月2日 - 2011年10月8日 »