« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »

2011年10月2日 - 2011年10月8日

2011年10月 8日 (土)

コルチカム

happy01 ヒガンバナが終わりを告げたこの時期に突然花を咲かせるコルチカム。ヒガンバナに似て、葉が出る前に地中から花伸びてビックリさせます。

Dscf18771

Dscf1875

薄紅紫の花は秋の陽を受けてとても綺麗です。
コルチカム イヌサフランを園芸用に改良したもの。ヨーロッパ南部からアフリカ北部原産でコルヒチンという有毒のアルカロイドを含み花が終わると葉がでて夏には枯れる。

2011年10月 7日 (金)

地歌舞伎

happy01 今日は中学時代の同級生が出演することもあって、隣町日吉にある美濃歌舞伎博物館相生座の地歌舞伎見学にいきました。地元保存会の人達の熱演による歌舞伎が行われ会場は熱気につつまれました。

Dscf1723

8月と10月の年2回行われる地歌舞伎。秋は敬老公演として地元及び周辺のお年寄りの招待もあって会場は満員御礼となりました。

Dscf1802

壇ノ浦錣軍記(だんのうらしころぐんき)の一場面。

Dscf1807

ご存じ白浪五人男が勢揃いする青砥稿花紅彩画の花道での一場面。

Dscf1844_2

最後は今日のハイライト、恋女房染分手綱のうち、重の井子別れの一場面。家老役の友人と子役の名演技が光り、会場は満場の拍手と多くのおひねりが飛びました。

Dscf1863

最後は役者と舞台裏方さんも参加してのお礼の挨拶。会場はやんややんやのかけ声と拍手につつまれました。今も岐阜県の東濃地方ではこうした保存会による地歌舞伎が各所で演じられています。

2011年10月 6日 (木)

夏の終わり

happy01 このところ一段と秋らしく涼しくなってきて、家の周では夏の昆虫たちの寂しい姿が見られるようになりました。

Dscf1707

裏庭にごぞんじアブラゼミのなきがら。

Dscf17092

こちらはヤブキリでしょうか。羽を広げたままミイラ化していました。

Dscf17101

話は変わって、ニホンアマガエルも朝の寒さに耐えて、暖かい壁とサッシの間に身体の色を変え体を潜めていました。その姿は冬眠しているよう。                                                                                                      

2011年10月 4日 (火)

ヒガンバナ咲く棚田

happy01 我が家の近くにも小さな棚田があり土手には赤い彼岸花が咲きとても綺麗です。

Dsc_78751

赤いヒガンバナと曲線を描く田んぼのコントラストが綺麗です。

Dsc_7881

下の田んぼはまだハザ掛けが行われて、ハザの微妙な曲線もいいですね。

2011年10月 3日 (月)

キイロスズメバチ

happy01 隣の方から「あなたの家の土蔵にスズメバチが巣を作っている」と教えられ、土蔵の裏の軒をよくよく見るとキイロスズメバチの巣がありビックリ。時々母屋の屋根裏や土蔵の軒に巣をかけることがありますが、ここ数年は巣かけることがなかったため気にも留めていなかったもの。教えられてやっと気ついた今では巣は大きくなりすぎて手のつけようがないようです。

Dscf4416

土蔵の棟の軒に巣を作ったキイロスズメバチ。一旦は竹の棒でつついて落としてしまおうかと思いましたが無謀な作戦のようで、このままそぉーとしておいても冬までにはいなくなると消極的な作戦に変更しました。

Dscf4418

巣の大きさは40㎝ほど。巣の周りにはせっせ せっせと巣作りに励む働き蜂がいっぱい。またまだ巣を大きくするようです。

2011年10月 2日 (日)

海野宿(うんのじゅく)と姨捨(おばすて)

happy01 志賀高原と草津温泉の旅の最後に寄ったのは、北国街道の海野宿と民話 「姨捨山」で有名な姨捨(おばすて)。

Dsc_6132

Dsc_6151

海野宿(うんのじゅく) 長野県東御市にあり北国街道のの宿場で、本陣、脇本陣を有し、参勤交代だけでなく佐渡の金の運搬や善光寺参りの人々で賑わった宿場。現在も650㍍に及ぶ町並みは宿場の面影を色濃く残しています。

Dsc_6169

Dsc_6165

姨捨(おばすて)の棚田 姨捨山の民話で有名な姨捨には「田毎(たごと)の月」としても知られた棚田があり、スイッチバックのある姨捨駅周辺からの見下ろすと、善光寺平を背景に広がる棚田を見ることができます。今もハザかけが行われ棚田の秋の風情をひきたてていました。

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »