« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月13日 - 2011年11月19日 »

2011年11月6日 - 2011年11月12日

2011年11月12日 (土)

明治村の印象

happy01 今日は文化協会の明治村研修。穏やかな小春日和に恵まれ村内を巡り歩くも汗が出るほどでした。そんな明治村の印象を写真で紹介します。

Dsc_6613

この人形、生きているようで一瞬ドッキリ。金沢監獄中央看守所にて

Dsc_66251

ステンドグラスを通して太陽の光が差し込み何もない床もとてもカラフル。聖ザビエル天主堂にて。

Dsc_66331

これはまるで宇宙船。宇治山田郵便局舎の天井。

   Dsc_6635

明治の重厚長大産業の幕開けをつげる機械館。

Dsc_67531

夏目漱石、森鴎外が住んだ家。なにもかも西洋化が進む明治にあって、しっとりと落ち着いたたたずまいは執筆に最適な環境だったことが伺えます。

2011年11月11日 (金)

クサギの実

happy01 今日は冷たい雨の一日。こんな雨を時雨というのでしょうか。
近くの山や林はツタやハゼの木などが色づき始めずいぶんカラフルになってきましが、そんな林でクザギが「さるぼぼ」のような赤い実をつけいました。

Dsc_82921

夏には白い花をつけ、葉や枝に傷つけると独特の臭気を放つクサギですが、今はこんなに綺麗な実をつけていました。

Dsc_82932

果皮が赤く実が黒紫の実で、飛騨地方の人形 「さるぼぼ」にイメージが似ています。

Dscf4580

先日、葉のない小さなサンショウの木から、少し葉の残る大きなサンショウの木に移したアゲハの幼虫。雨に打たれながらも大きく成長していました。もうすぐ蛹になるようです。

2011年11月10日 (木)

年度賞受賞

happy01 このたび月刊写真雑誌 「フォトコン」で年度賞5位を受賞することになりました。チャレンジしたのはフォトコンスクール ネイチャーの部で、銀賞作品3点、銅賞作品1点でのすべり込みセーフといったところ。

Dsc_5416

4月号 銀賞 「きらめく幼樹」

Dscf3399 

8月号 銅賞 「ねむい春」

Dsc_7135

10月号 銀賞 「水滴模様」

Dscf0743

11月号 銀賞 「小宇宙」

毎月応募した中で選ばれたのは以上の4作品でしたが、次年度からは中、上級コースということで、ちょっとハードルが高くなりますがチャレンジしていきます。 

2011年11月 8日 (火)

立冬

happy01 立冬の今日は冬型の気圧配置になり少し寒くなりましたが、今までの暖かさの影響でしょうか裏庭のアジサイが再び花をつけました。

Dscf4571

花をつけたのは白いアジサイ。このところ季節外れに植物の花が咲くのを見ることが多くなりました。

Dscf4575_2

畑のミカンもたくさん実をつけて収穫の時期を迎えました。

Dscf4574

畑ではカマキリがコオロギを捕らえムシャムシャと頭から食べていました。冬をこす卵を産む準備のようです。

2011年11月 7日 (月)

ヒスイさがし

happy01 一昨日と昨日富山方面に行きました。最初に寄ったのはヒスイ海岸。欲に目がくらんだグループはさっそく海岸でヒスイ拾いに挑みました。

Dsc_82181_2

曇りながらも穏やかにヒスイ海岸。つりをしている人がみえましたが、ヒスイを探している人は見当たりません。

Dsc_82201_2

欲に駆られたグループは、ヒスイ海岸にあるオートキャンプ場の管理人の方から、ヒスイは比重が重く硬い石で表面がなめらかであること、必ずしも緑色でないこと、などと書かれたヒスイの探し方というチラシをもらって挑戦。

Dsc_82191

波に洗われて丸くなった石たち、それぞれとても綺麗で、あれもこれもヒスイに見えてきて、頭の中がこんらんしてきました。

Dsc_82213

結局どれがヒスイかわからず時間が過ぎ帰ることに、でも未練が残り目線は足下ばかり。

Dsc_8225_2

帰りがけに管理人さんから見せていただいたヒスイの原石と磨かれたヒスイ。探す前に見せていただいていればきっとヒスイを見つけられたかもとガックリ。

Dsc_82311

このあと親不知海岸まで足を伸ばして、ピアパークにある102tもある原石を見ることに。その大きさに圧倒されましたが、素人が見ればただの大きな岩山にしか見られません。玉も磨かざれば・・・・ですね。.

« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月13日 - 2011年11月19日 »