« 2011年12月18日 - 2011年12月24日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »

2011年12月25日 - 2011年12月31日

2011年12月31日 (土)

さようなら2011年

happy01 いろいろあった2011年、明日からは2012年。暦が変わっても劇的に世の中が変わるわけではありませんが、せめて多くの人の命が失われることのない年であってほしいですね。

Dscf48591

沈みゆく太陽。今年最後の穏やかな夕陽。

Dscf4867

我が家の夕食は「年越しソバ」ならぬ「年越しみそ煮込みうどん」。アツアツでカメラのレンズが曇りました。

Dscf4858

床の間に飾った既製品の鏡餅と御神酒。農家なれど今は餅はつなくなってしまいました。

2011年12月28日 (水)

雪のウエーブ

happy01 今日は比較的暖かでしたが、日陰では先日来の雪が凍りついていてなかなか融けません。

Dscf48531

表の屋根の雪は落ちてしまいましたが、北向きの屋根の雪は残っていて、一部はこんな垂れ下がり状態で綺麗なウエーブをえがいていますが明日にはドサッと落ちるようです。

2011年12月27日 (火)

今日もイガイガ

今朝の冷えこみも厳しく、昨日は雪が積もって真っ白だった庭の木々は、今日は霜で真っ白でした。

Dscf3357

選定した桑の木の先に霜がついてイソギンチャクのよう。

Dscf3362

こちらはサボテン?

Dscf3367

おなじみアジサイの冬芽。

Dscf3378

ムクゲの実についた霜。

2011年12月26日 (月)

豪雪の板倉

今日は撮影仲間と飛騨市宮川の種倉地区に板倉の撮影に行きました。
高山市を過ぎる頃から猛烈な雪に見舞われ、それでも何とか種倉につきましたが、降りしきる雪の多さに視界もきかず撮影は困難を極めました。

Dscf3302

降りしきる雪のため視界がききません。

Dscf3264

Dscf3305

降りしきる雪の中で撮影に挑む写真仲間。

Dscf3296

板 倉  土蔵に変わって板でつくられた山間地方の穀物など保管する倉庫。火災から倉を守るため母屋から離れた場所に造られていて、緊急時には寝泊まりもできる。

Dscf3344

Dscf3348

積もる雪にあちらこちらで除雪が行われていました。 

2011年12月25日 (日)

残り柿と雪

happy01 今日はほぼ一日雪にみまわれ、予測していたよりも大雪になりました。
近くのまだ赤い実を残していた柿が気になり、さっそくカメラを片手に出かけることに。
途中、雪の重みで垂れ下がった竹に 行手を阻まれながらも、雪の帽子を被ったに残り柿を撮ることができました。

Dscf3251_2

湿った雪なのか。雪の重みで道路を塞ぐ竹。

Dscf32441

Dscf3254

Dscf3252

3枚とも別の場所の柿ですが、赤い実と白い雪のコントラストがとても綺麗でした。

« 2011年12月18日 - 2011年12月24日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »