« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

雪の茶臼山

 昨日は写真仲間と愛知県の茶臼山方面に撮影旅行。若い頃、スキー担いで2回ほど来たことのある茶臼山でしたが、平日のためスキーヤーは5~6人ほどで、人影のないウソみたいな光景。でも写真を撮るには最高でした。

Dscf0065

Dscf0073

茶臼山の高原牧場は真っ白な雪に覆われ、愛知県とは思えず、まるで北海道の光景。

Dscf0080

路肩に積まれた雪塊。なんだかヒマラヤ山脈の高峰に見えました。

Dscf0023

とはいえ、1千4百メートルを超える高原、吹く風は冷たく、時々ミニブリザードも出るほど。
明日はみどり湖の写真を掲載します。

2012年1月28日 (土)

フキノトウ

  寒い毎日が続いていますが、谷間の日だまりにはフキノトウが花を咲かせ始めていました。日ましに強くなる日射しに、春は着実にやってきているようです。 

Dscf3499

つぼみを開き花を咲かせ始めたフキノトウ。

Dscf3501

花は小さな管状花 (筒状花) の集まり。

2012年1月26日 (木)

赤い実

 今年は野鳥の飛来が少ないようで、よく見かけるのはスズメとヒヨドリくらい。そんなこともあってか野山には赤い実がまだまだたくさん残っているようです。

Dscf3489

Dscf34921

近くの林で見つけた赤い実はカマツカ実でしょうか、とても美味しそうに見えるのですが鳥達の好みではないかもしれませんね。

Dscf49622

陽が沈むと急に冷たい風にかわり、一時は数十メートル先も見えないほどの雪が降りました。山では大雪になっているいるのでしょうか。

2012年1月24日 (火)

モノクロームの世界

 冬の殺風景な風景もモノクロ写真にするとまた違った雰囲気。

Dscf4772

Dscf4765

2012年1月23日 (月)

当選は切手シート1枚

 昨日は年賀状のお年玉抽選日だったので、今日は80枚ほどいただいた年賀状を確認。当選していたのは下2桁の切手シートが1枚。昨年は切手シートが3枚だったので、今年はつきがない年かとしょんぼり。

Dsc_8453 Dsc_8471 Dsc_8476

そんなこんなで、このところブログに書き込むほどの話題が登場しない。
ということで先日行った「木曽馬の里」の写真から「君のヒトミは100万ボルト~・・・・」。
古いなー ・・・・・・

2012年1月21日 (土)

水滴写真

 今日は大寒、この日から節分までは一年の内でももっとも寒い時とされる。もつともこの地域では雪ではなく雨の一日で比較的暖かだったようです。

Dscf3462  Dscf3429

とはいえ雨の日はやっぱり冷たいし、久しぶりに水滴写真を撮ったが、花も何もないこの時期は映り込むのは枯れ木ばかりで侘びしい。

2012年1月20日 (金)

地衣類の子器

  この地域ではまだ井戸水に頼っていて、このところの雨不足で井戸水も涸れる農家が出てきていましたが、昨夜からの雨で少しは回復したのでしょうか。
近くの桜の枯木に張りついていた地衣類もこの雨で元気を取り戻していました。

Dscf34401

おなじみマッチ棒のようなコアカミゴケの赤い子器 (胞子などを作る生殖器官) はツルツルと輝いていました。

Dscf3445

こちらはチヂレウラジロゲジゲジゴケでしょうか皿状の子器を広げていました。

Dscf34441

大きな子器は縁が盛り上がっています。こうしてみるとコケ(菌類)の仲間ということがわかります。

2012年1月18日 (水)

冬芽と葉痕

 時々紹介する冬芽と葉痕。花も咲かない冬の時期は野山も殺風景ですが、春を待ちわびる冬芽や、秋に葉を落として残った葉痕をさがし散策するの楽しい。

Dscf34191_2

Dscf34161

何に見えるかはおまかせします。

2012年1月17日 (火)

花寿司

 今日は御嵩町花ずしの会の依頼で花寿司の物撮り。物撮りといっても材料から作成行程、完成までの一連を撮って冊子にするというお話。
ボランティアですが、日頃自由に写真を撮っているため緊張する撮影となりました。

Dscn3798

花寿司 のり巻き寿司で、普通は小さなのり巻きを3~5本ほど束ねて1個ののり巻きずし、その切り口が花模様なるよう作られます。
最近は作り手の創作により色々な模様の花寿司がつくられるようです。
写真はお弁当にいただいた簡略化した花寿司で、物撮りした花寿司はもっと豪華です。 

2012年1月16日 (月)

白樺模様

 一昨日の開田高原の撮影で寄った日和田高原、ここは積雪もあり雪と白樺の白が幻想的な世界を造っていました。

Dsc_8366

日和田高原の白樺林。夏とはまた違った風景。

Dscf3402

白樺の幹の表面には傷の跡でしょうか、色々な事物に見えておもしろく、こうした模様を探して歩くのも楽しいですね。アヒルに見えました。

Dscf3401

こちらはすこし強引ですが、魚のアンコウ、ナマズに見えました。

Dscf3408

ヤドリギの実も色づき白樺林に色を添えていました。

2012年1月14日 (土)

白川氷柱群と木曽馬の里

 今日は長野県の開田高原方面に撮影旅行。思ったより少ない雪に少し期待はずれでしたが、好天に恵まれ一日楽しくすごすことができました。

Dsc_8345

Dsc_83551

開田高原に行く途中にある白川氷柱群。風景写真家間では有名な氷柱群で、今日も大勢のカメラマンでにぎわっていました。
人物と比べるとそのスケールの大きさがわかります。

Dsc_8428

Dsc_8548

こちらは開田高原にある木曽馬の里。好天にめくまれて、多くの馬が牧場に放されていました。

2012年1月12日 (木)

滝と虹

 今日は隣町 八百津の五宝の滝に氷結を期待して撮影にいきました。しかし残念ながらツララも一つない状況で残念。
でも陽が差し込むと滝に虹があらわれ、しばし虹のかかる滝を楽しむことができました。

Dsc_8248

昔、宮本武蔵が修行した地と伝えられている五宝の滝です。冬のこの時期は木の葉も落ちて三段の滝を見ることができます。
写真上は上から一の滝、二の滝ですが、下に三の滝があり、三の滝からは三段に見ることができます。

Dsc_8280

Dsc_8277

滝壺付近に架かった虹。水量が多いときはもっと綺麗に見ることができるそうですよ。

2012年1月10日 (火)

冬の造形

Dscf3184

Dscf3149

このところ日の入りが遅くなってきたことを実感しますね。暦を見ると日の入りが一番早い12月中旬と比べると20分は日の入りが遅くなってきているようです。とはいえ夏場より3時間も早い日の入りで、まだまだ一日が短く、外の仕事がはかどらない毎日。

2012年1月 9日 (月)

抹茶オーレ

 最近は時々飲み出した抹茶オーレ。
抹茶とクリームといえば抹茶アイスですが、こちらは暖かな冬バージョンといったところ。
カフェオーレよりもマイルドで癖になりそうです。

Dscf4876

 

2012年1月 8日 (日)

節分会と護摩供養

 今日は各地で成人式や出初め式など行われましたが、御嵩町にある古刹大寺山願興寺では節分会と護摩供養が行われました。

Dsc_8072_2

護摩供養 厄払いや、今年一年の健康や幸せなどを祈願する行事

Dsc_8195_2

節分会豆まき  

Dsc_82071

参拝者には芋に豚汁などがふるまわれました。
大寺山願興寺の詳細については 左のリンク先から大寺山願興寺のホームページで確認できます。 

 

2012年1月 7日 (土)

寒中お見舞い

Dscf3266_3

 昨日から寒に入り、いちだんと寒くなったよう。何らかの理由で年賀状を出さなかった方へ 寒中見舞いをと思い立ち作成しました。

2012年1月 5日 (木)

御嵩町美術展始まる

Dscf49364_2

Dscf4931

Dscf4933_2

 今日は午後から「御嵩町中山道みたけ館」で、御嵩町美術展の写真の部の展示準備。
この美術展は部門ごとに開催日を分けて行い、トップを切って明日(6日)から10日まで展示を行います。興味のある方はぜひお越しください。
なお 陶芸・書 1月12日~1月18日・ 日本画1月20日~月25日・ 洋画 1月28日~2月2日・ 伊勢型紙 2月4日~2月9日 まで順次開催されます。

2012年1月 4日 (水)

今日も雪景色

Dscf4928

 今年は天気予報の予想どうり、昨年と比べ降雪が多いようで、今日も一時は先の見えないほどの雪でした。
道路には一時真っ白に、それでも午後には融けて、ほっと安心しましたが、まだまだこれからが雪との戦いになるようですね。

2012年1月 3日 (火)

事始め

Dscf49241

Dscf4926

 今日は仕事始めならぬ事始め。
美術展やサークルの例会が迫り、一日中作品作りに取り組みました。
手間暇かかりますが自分の気に入った色調やトリミングができて、今は作品のほとんどを自前のパソコンとプリンターで仕上げています。ということで写真屋さんにはここ数ヶ月いっていないのが現状てす。
もっとも、モノクロの時代は、フイルムの現像から作品のプリントまでを、真夜中に押し入れに入って朝まで作業していたので、それに比べればほんとに楽になりましたね。
なお、御嵩町美術展写真の部は1月6日~10日まで「御嵩町中山道みたけ館」で開催しますので興味のある方はお越しください。

ブログのトップに文字が入れられなくなってしまいました。直るまでこんな状態ですのでよろしくね。

強風の日

Dscf4888 Dscf4878_2

昨日は強風が吹き、裏庭の小屋のトタンがはがれて飛んだり、立てかけていた脚立が倒れたりするほど。川の堰から流れ落ちる水も強風で逆く戻り。

Dscf49061_2

洗濯物も飛んでいきそうです。
地球は膨大な再生可能自然エネルギーに満ちあふれている。これをどう蓄え利用するか知恵をだすときがきたようです。

 

2012年1月 1日 (日)

初詣

201201010650003

 明けましておめでとうございます。毎年のことながら元旦事始めは地元の氏神様を祀る神社への初詣。
町内氏子の初顔合わせも兼ねての初詣ですが、神社拝殿までの長い石段を登り切るには近年少々息が切れるようになりました。
それでも参拝後に配られる、お酒とスルメとミカンを口にしながら、わいわいガヤガヤの楽しい時間をすごし、家に帰ると酔いもまわって、今年もやっぱり寝正月。
平凡ながらこれもまた幸せなのですね。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »