« 冬芽と葉痕 | トップページ | 水滴写真 »

2012年1月20日 (金)

地衣類の子器

happy01  この地域ではまだ井戸水に頼っていて、このところの雨不足で井戸水も涸れる農家が出てきていましたが、昨夜からの雨で少しは回復したのでしょうか。
近くの桜の枯木に張りついていた地衣類もこの雨で元気を取り戻していました。

Dscf34401

おなじみマッチ棒のようなコアカミゴケの赤い子器 (胞子などを作る生殖器官) はツルツルと輝いていました。

Dscf3445

こちらはチヂレウラジロゲジゲジゴケでしょうか皿状の子器を広げていました。

Dscf34441

大きな子器は縁が盛り上がっています。こうしてみるとコケ(菌類)の仲間ということがわかります。

« 冬芽と葉痕 | トップページ | 水滴写真 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コケって、こうして見ると芸術です ナ!
ところで
そこ里山では まだ上水道ないの?

小さな世界も目をこらして見るとなかなかおもしろいですよ。
この地域では上水道がなくいまも井戸水に頼っています。長年、上水道を町に要望してきましたが財政難を理由に実現しませんでした。でも、やっと重い腰を上げ、2~3年後に水道を引くことになりました。でもその頃、生きているかどうか・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬芽と葉痕 | トップページ | 水滴写真 »