« 美濃和紙あかりアート館 | トップページ | 不思議な写真 »

2012年2月28日 (火)

ピラタス蓼科

happy01  昨日は樹氷を求めてピラタス蓼科に行ってきました。

Dscf0360

ピラタス蓼科スキー場のロープウェーに乗って一気に2,200メートルの世界へ。

Dscf0352

山頂駅付近は銀世界。夏には2度ほど来たことのあるピラタスですが冬は初めて。スキーヤーはここからロープウエーの出発駅までの4,000メートル(標高差約500m)を一気に下ります。

Dscf02091

Dscf0229

私達は山頂駅を降りてすぐ坪庭に。すでに坪庭は大勢のハイカーやカメラマンで賑わっていました。それにしても氷点下15℃の世界。風は刺すように冷たく、鼻の息が氷り、鼻の中がネバネバしました。

Dscf0238

小さな木々は雪に覆われ、顔を出しているのは大きな木々だけ。ここでは霧氷が発達して「エビの尻尾」と呼ばれる現象ができ、ミニモンスターができていました。

Dscf0197

「エビの尻尾」は樹氷の一種ですが、過冷却した霧が一定方向の強い風によって木々に付着し、氷の結晶となって発達したもの。

Dscf0283

岩山にもエビの尻尾現象が見られ 、坪庭ならではの景観。

Dscf0253

坪庭からは遠く北アルプス、南アルプスなどの山々を望むことができます。

« 美濃和紙あかりアート館 | トップページ | 不思議な写真 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美濃和紙あかりアート館 | トップページ | 不思議な写真 »