« 取り壊されたトマソン的建設遺産 | トップページ | 生き物たちの活動開始 »

2012年3月 6日 (火)

金環食用フイルター

happy01 来る5月21日の見られる金環食撮影のため、太陽撮影フィルターを購入しました。今日はそのフィルターをカメラに取り付け、久しぶりに午後から顔のぞかせた太陽を撮影してみました。

Dscf5159

購入したフィルターはND-100000というフィターで、今回の金環食撮影用に作られた太陽撮影用フィルター。もちろんこのフィルターをかざして、一般の風景を見ても真っ黒けで何も見えません。

Dscf0480

さっそくカメラに取り付け、フィルターの付録についていた手引きを参考に、ISO800とし、マニアル露出でシャツター速度500分の1、絞りをf16で撮影しました。 注意点として、太陽を肉眼で直接見ることは危険なため、カメラのファィンダーを覗きながら、太陽を視野に入れる必要があり、三脚の雲台は自由雲台が良いようです。

Dscf0477

こちらは上の画像を拡大したもの。大きな黒点が現れていました。6月6日には金星の太陽面通過が見られますので、こんなふうに見えるかも知れませんね。いずれにしても5月21日は晴れてほしい。

« 取り壊されたトマソン的建設遺産 | トップページ | 生き物たちの活動開始 »

地学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 取り壊されたトマソン的建設遺産 | トップページ | 生き物たちの活動開始 »