« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

スミレいろいろ

 今、野山は花ざかり。今日も色々な花とであいました。今日はその中で4種類のスミレに会いました。

Dscf0364

スミレ 日本全土の日当たりのよい山野に咲く。

Dscf0237

タチボスミレ  日本各地の林野の縁などに咲く。

Dscf0399

ツボスミレ 白い小さな花で、山野の少し湿った場所に咲く。

Dsc_9172

ノジスミレ 道路ばたなどに咲き、花は濃い紫色。

2012年4月29日 (日)

ミツバアケビの花

 近くの山すその土手に今年もミツバアゲビが花をつけた。同じ花序に、雌雄別の小さな花をつける少し変わった花。

Dscf03491

アケビの花 上が雌花で下が雄花で、いずれも赤紫色で、陽に透かしてみるとけっこう綺麗です。

Dscf0340

上につく雌花の拡大写真。

Dscf0355

花序の下部につく雄花。小さな白い萼(がく)が開くと、くるりと巻いたシベが現れる。

ミツバアケビ 葉に三枚の小葉をつけることからミツバアケビ呼ばれ、アケビと同じ実をつける。

2012年4月27日 (金)

新緑へ一直線

 今日は25度をこえ真夏日になり、あまりの暑さに今年になって初めて車のエヤコンを冷房に入れて走行しました。車窓から見る野山は一段と芽吹きが進み、新緑に一直線です。

Dsc_9127

透きとおるような若葉をつけたクロモジの木。

Dscf5661

芽吹きが遅いと言われるカキの木も萌葱色の葉をつけました。

Dscf5654

木々の下から空に透かしてみると、とてもカラフルに見えます。 

2012年4月26日 (木)

雨の日は水滴写真

 今日は一日雨。雨の日は外に出るのがおっくうになりますが、そんなときは家の周りで水滴写真を試みるのもおもしろい。

Dscf0289

Dscf0300_2

Dscf0293

2012年4月25日 (水)

広角レンズ代用

 写真を撮るとき時々カーブミラーを広角レンズの代用するときがある。超広角で写るし、直接カメラを向けること無くスナップを撮ることもできる。ただ固定されているので限られた範囲の写真しか撮ることが出来ないが、全国のいたるところに立っているカーブミラー、うまく利用すればおもしろい写真が撮れそう。

Dsc_92122

2012年4月24日 (火)

初夏

 今日は初夏の陽気で、いよいよ夏が近づいてきたのを実感する一日でしたね。少し遅ればせながらトウモロコシとレタスの種を蒔いたが、これから農作業が忙しくなる。

Dsc_91972

耕され畔ぬりも終わり、代かき、田植えをまつばかりの棚田。

Dscf0221

話は変わって近くの溜池にキンクロハジロ見た。渡りの途中の休憩だろうか、水温む湖面で、さかんに羽根を広げ水浴びに余念がなかった。

2012年4月23日 (月)

花びら模様

 昨日の雨で桜の花びらがほとんど落ち、地上に落ちた花びらが模様が綺麗。

Dsc_92231

Dsc_9227

Dscf02681_2   

2012年4月22日 (日)

雨の日もまた楽し

 今日は月一回のデジカメ教室の日。予定していた野外勉強会は雨に打たれての撮影でしたが、雨の日はならではの被写体に恵まれ、これもまた楽しい勉強会でした。

Dscf01211 

勉強会は隣町 八百津のめい想の森で。 森から眺める山々は山桜と霧が織りなす絵画のような世界でした。

Dscf0161001

遊歩道も雨で一気に落たサクラの花びらで、まるでピンクのじゅうたんを敷いたよう。

Dscf0167

森の木々の芽吹きも進み、新緑の季節を迎えようとしています。

Dscf0192

見ごろを迎えようとしているミツバツツジもしっとり鮮やか。

2012年4月21日 (土)

キジと菜の花畑

 隣町に行く途中、道路沿いの菜の花畑にいたのは雄のキジ。さっそく車を止め車内から300㎜望遠レンズで撮ってみました。

Dscf00941

菜の花畑のあぜ道を抜き足差し足。

Dscf01001

途中で止まったかと思うと、大きな声で「ケンケン」と鳴きました。

Dscf0101

鳴いた後はおきまりの羽ばたき。きっと雌が近くにいるのかもしれません。

キジ 留鳥で日本の国鳥となっています。 

2012年4月19日 (木)

サクラ散り始め

 サクラの花が少しずつ花びらを落とし始め、池の水面は花びらを浮かべていました。これを「はないかだ」とよぶそうです。水面に写った桜の木と重なって、こちらも花が咲いたようにみえます。

Dscf5628  

Dscf0724

花びらが散り始めると、すぐに葉が顔を出し始める。これもまた自然の節理なのか。

Dscf0715

ハナモモ咲きはじめ百花繚乱となっています。

2012年4月18日 (水)

モグラの受難

 好天に誘われて地上に出てしまったモグラ。家の横の水路に誤って落っこちてしまったようで、必死に水路から出ようともがいていました。

Dscf5579

初めは柔らかい土の部分はないかと、鼻先で探しながらコンクリートで覆われた水路を行ったり来たり。

Dscf5583

こんどは水路をはい上がろうと必死でした。でも、土を左右にかき分ける力はあっても、ネズミのように上にはい上がる力はないようで、ただただもがくばかり。
見かねてこの後、魚とり用のタモで助けて裏山に放してやりました。このモグラにとってはとんだ受難の日だったようです。

Dscf5592

Dscf5589 

話は変わって、我が家の近くの桜が満開をむかえ、街灯に照らし出された夜桜がとても綺麗です。

2012年4月17日 (火)

梅にウグイス桜にメジロ。

 ようやく近所の桜が咲き始めたと思ったら、3日もたたずに満開をむかえた。桜の花が咲いて、今までいっこうに姿を見なかったメジロもやってきて賑やかになった。

Dsc_0105

梅にウグイス桜にメジロで、メジロは桜にやってきても、ウグイスは林の中でさかんに鳴いてはいますが姿は見せない。好みがあるんですね。

Dsc_0098

桜の花の蜜を吸うメジロ。

2012年4月16日 (月)

フクジュソウと飛騨路の遅い春

 今日はフクジュソウの花を求めて飛騨市河合町稲越地区へ。

Dsc_9101

まだ雪の残るこの地域に春をつけるフクジュソウ。黄色い花をたくさん咲かせていました。

Dsc_9083

このところの暖かさで雪解けが進み、開花が一気に進んだようです。
Dsc_0040

フクジュソウ やや寒冷な地方の山野に生える多年草。

Dsc_0024

近くに咲いていたのはアズマイチゲ。フクジュソウと同じキンポウゲ科の仲間。

Dsc_9084

おなじみフキノトウは至る所に顔を出していました。

Dsc_0067

昨日紹介するのを忘れていたザゼンソウ。こちらもフクジュソウとおなじ場所に咲いていました。

2012年4月15日 (日)

毛槍が飛ぶ日

 今日は全日写連の笠松祭り撮影会。郷土の祭りや伝統を記録し残そうと年4回ほど実施されている行事。この祭りの一番の特色は子供、少女、成人が奴となり、毛槍を受け渡しをしながら進む大名行列。

Dscf0666

毛槍を掲げて独特の仕草をして進む奴。l

Dsc_99441

毛槍を回しながら高く掲げると先端はまるでUFO。

Dsc_99192

こちらは子供達の奴。

Dscf06641

毛槍をいかに高く飛ばし、相手に渡すかが見せ所です。

2012年4月14日 (土)

ツグミ

このところツグミの姿を頻繁に見るようになった。冬の間ほとんど見ることがなかったが、裏庭や畑で採餌している姿をほぼ毎日見ることが出来る。まもなくシベリヤに渡りさる時期なのできっと渡りのための体力を養っているのでしょう。

Dscf0580

ムスカリがたくさん花をつけた裏庭にで、さかんに地面をつつき 餌を探していました。

Dscf3202_2

時には軒先にまで現れますが、あたりを見回し油断はしていません。

2012年4月13日 (金)

ツクシの群生

 春なのでツクシそのものは珍しくもありませんが、我が家の畑の隣りの空き地には、みごとなまでにツクシが群生していました。

Dscf55581

Dscf55561

どちらを見てもツクシだらけ、まるで栽培されているほど。

Dscf5540

話は変わって、こちらは菜の花ではなく白菜の花。初冬に収穫せずに畑に放置していた白菜、丸い白菜が今はこんなに育ち、菜の花のような黄色い花をつけました。

2012年4月11日 (水)

ミツマタ

一昨日続きになりますが、この地域では目にすることがないミツマタ。身延山の帰りに寄ったミツマタの群生地では花が満開をむかえていました。

Dsc_9713

ミツマタの花 枝先が三つに分かれていることから、三叉と名前がつけましたが、在来種ではなく、室町時代に和紙の原料として、中国から渡来し植えられたものが野生化したもの。

Dsc_9715

Dsc_9712

林内に咲くミツマタは、木漏れ日を受けて金箔の蒔絵をほどこしたようでした。 

2012年4月10日 (火)

身延山久遠寺のしだれ桜

 またまた桜の話ですが、昨日は山梨県にある身延山久遠寺のしだれ桜を撮影に行きました。全国しだれ桜10選にも選ばれていて、寺:境内だけでなく周辺一帯にしだれ桜の古木が沢山あり見ごたえがありました。

Dsc_9604_2

Dsc_9589

樹齢400年以上のしだれ桜が境内周辺に植えられていて、早朝は多くのカメラマンで賑わっていました。午前9時頃からは、一般の観光客や参拝者で身動きが取れないほどになり、写真撮影は早朝がお勧め。

Dsc_9642

Dsc_96641

Dsc_9657

周辺の坊にあるしだれ桜。

Dsc_96291

咲きはじめのしだれ桜は濃いピンク色でとても綺麗です。 

2012年4月 8日 (日)

桜の咲かないさくら祭り

 開花が遅れている桜。隣町の可児市兼山地区で行われた「蘭丸の里・兼山さくら祭り」もつぼみの中で開催となりました。

Dscf55112

子供達が主役のこのさくら祭り。今日で春休みも終わって、明日からは学校が始まり、繰り延べすることの出来ない事情で開催されました。本格的な見ごろは5~6日先になるようです。

Dscf5530 

一番の人気は地元 兼山小学校の児童によるマーチングバンド。小学校のマーチングバンドは都市の学校では珍しくありませんが、全校児童70名足らずの学校でのバンドは珍しいこと。孫も今年から奏者に加わたため楽しく聞くことが出来ました。

Dscf5468

こちらは20年ほど前に、女性ばかりで結成された烏峰太鼓。地元近隣のイベントで引っ張りだこのチームです。

2012年4月 5日 (木)

ようやく咲き始めた桜 カワズザクラ

 桜がようやく咲き始めた。といってもソメイヨシノではなく、道路脇に植えられたカワズザクラ。

Dsc_8951

カワズサクラ 伊豆半島では2月の内に花をつける早咲きの桜

Dsc_8953

ソメイヨシノのように、パット咲いてパット散る華やかさはないけれど、しとやかに下向きにピンクの花を咲かせていました。

2012年4月 4日 (水)

またまた雪が

 低気圧が通過後は寒くなるとの天気予報でしたが、今朝はその予想どうり雪が舞う寒い朝を迎えました。4月になってから雪が降るのは珍しいことだそうだが、私の記憶ではツツジの花に雪が積もったのを見たことがあるので、この先まだまだ寒い日がつづくかも知れない。

Dsc_9011

Dsc_8995_2

昨日は強い風の洗礼を受けた裏庭のツバキや裏山の木々たち、今日は冷たい雪の洗礼うけていました。暖かい太陽の光をいっぱい受けて、早く芽吹きを進め 新緑を迎えたいのは木々たちも同じです。 

2012年4月 3日 (火)

嵐が描いた絵画

 ニュースで知ってはいたものの、今日の台風並みの低気圧で今日の嵐はすごかった。うっかりしまい忘れたバケツやチリ取は早々とひっくり返って飛んでいった。最盛期には激しい風に山鳴りもして木々が大きく揺れました。

Dsc_8966

赤い花をつけ始めた裏庭のツバキも、大きく揺れて花もちぎれて飛んでいくほど。

Dsc_89781

Dsc_89801_3 

隣の家の竹ヤブも大きく揺れて、スローシャツターで撮った写真は、絵画のような芸術作品に仕上がりました。

   

2012年4月 2日 (月)

ショウジョウバカマ

毎年紹介している近くの畑のショウジョウバカマ。今年は1週間以上遅れての開花となりました。

Dscf0548

頭が赤い顔と毛に覆われた伝説の生き物、猩々(ショウジョウ)に似ていることから、また、その葉がその猩々の袴(はかま)似ていることから、ショウジョウバカマと名前がつけられましたが、早春に咲くことからこの花もユキワリソウと呼ぶ地方もあるようです。

Dscf0545

咲きかけのショウジョウバカマ。瑞々しく、個人的には咲きかけが好き。

Dscf0559_2

こちらはいちばん猩々に似た、真っ赤な花のショウジョウバカマ。白い花もあるようです。

2012年4月 1日 (日)

春祭り

 今日から4月で、春本番なのに冷たい風の吹く一日。それでも春祭りのシーズンを迎え、わが町でも 大寺山願興寺で薬師祭礼が行われました。この祭り、かっては4月1日に行われていましたが、数十年前から4月の第一日曜日に行われるようになりました。でも今年はその第一日曜日が1日になり、往時をしのぶ祭りとなりました。

Dsc_93051

Dsc_9364

祭りのメインは老女の面と衣装をつけ、手にシキミをの小枝を持って参拝者の身体をたたき厄払いして、今年一年の健康と幸せを祈願する。

Dsc_9461

Dsc_9471_2 

途中、寝ているシシにつくハエを 追い払うとするが、シシが起きてしまい 再び暴れ出す、という場面は仕草がおもしろく、見ている者の笑いをそそる。

Dsc_9500

蝿追いの行事が終わると、お囃子の乗った大山が寺の前に引き出され演奏されます。

Dsc_9496_2 

子供達にとっては、祭りの行事よりも 屋台の出店の方が魅力的なようです。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »