« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

花を撮るなら早朝

 ここ数日にわか雨もあってか、庭の花たちがしっとりと露におおわれていました。花を撮るにはこのしっとり感ある早朝が狙い時ともいえる。

Dsc_94961

今や我が家の裏庭の主になってしまったヒルザキツキミソウ。

Dsc_94981

シランの花も満開をむかえた。

Dsc_95061_2

なぜか白い花だけが残った庭のバラ。

Dsc_9507_3 

花ではありませんが、つる性の植物の先端には、露というより大きな水滴がついていました。

   

2012年5月29日 (火)

お茶の摘み取り

 私達の地域には学校茶園なるものがあり、昨日今日とその茶園における摘み取り作業 (つみ取るというよりでかいバリカンで刈り取るといった感じ。) のお手伝いに出かけました。1ヘクタールほどの茶園で、摘み取り後その日のうち製茶にする必要があり、午前中だけの作業なので3日ほどかかりました。

Dscn3913

今年は遅霜に襲われ、収穫は3割減ということでしたが、茶畑は新茶の香りがいっぱして、初夏の香りとして楽しむこともできました。
つみ取ったお茶の葉は、すぐに製茶工場に運びお茶に加工されますが、販売のための袋詰めなどは中学校で生徒達が行い、茶園のある地名を取って「舳五山 (へごやま) 茶」として販売されます。

2012年5月28日 (月)

砺波平野の散居村

 昨日の続きで海王丸撮影の帰りによったのは砺波平野の散居村。となみ夢の平高原にある展望台から眺める砺波平野の景色は写真撮影の人気スポット。

Dsc_0540

Dsc_0539

特に5月の初め、田植え直前に水が張られた田んぼが、夕陽を受けて赤く染まる景色が人気。

Dsc_0508

散居村とは、農作業の効率化を図るため、農家の家のまわりに その家の田んぼを集約しているため、一戸の農家が田んぼに囲まれ て独立している集落のこと。砺波平野の農家は屋敷林に囲まれているのも特徴の一つです。

Dsc_0537

夕陽が傾く頃雲が厚くなり、残念ながら真っ赤な夕陽にそまる風景は撮影できませんでした。

Dsc_0528

こちらは展望台。

 

2012年5月27日 (日)

海王丸

 今日は写真仲間と富山市射水市にある海王丸パークで、今年最初の海王丸の総帆展帆作業が行われるということで撮影に出かけました。

Dscf0896

ここに係留されているのは、昭和5年に進水した初代海王丸で、全長97メートルの大型練習帆船。(平成元年の新しい海王丸の竣工に伴い59年の使命を終え、この伏木富山港に保存されることになった。)

Dsc_0382

Dsc_0373

総帆展帆作業はボランティアの方々により年10回ほど行われるようですが、天候などの都合で今日が今年初めての作業となったそうです。女性のボランティアの方もたくさん見えましたが、ロープ一本を足場にしての高所作業ですので、勇気のある人でないと務まらないようです。

Dsc_0349

Dsc_0411

上が展帆前、下が展帆後の海王丸。

Dscf0868 

Dscf0880

もちろん、展帆作業中をのぞき、船甲板、船室など有料になりますが見学できます。

2012年5月26日 (土)

ジャガイモの花が満開

 バラではなく我が家の畑で開花の最盛期をむかえていいるのはジャガイモの花。十勝こがね、とうや、男爵を栽培したが、今はどこにどの品種を植えたのか解らなくなってしまいました。こんなに綺麗な花が咲いて、食べられれば十分と納得しました。

Dscf0789

Dscf0791

花の色が違うので品種が違うのはわかりますが、さてどれが何という品種なのか

2012年5月25日 (金)

バラが見ごろ

 今日は花フェスタ記念公園に。公園ではバラが見頃をむかえ、バラ祭りが行われていました。

Dsc_01671

公園のバラはしっとりと雨に濡れていちだんと鮮やか。

Dsc_03231

Dsc_0232

傘をさしての散策でしたが、パラバラ程度の雨でさほど苦になりません。

Dsc_0181

Dsc_0312_2

Dscf0804

今日撮った写真、少しだけ手を加えて載せてみました。 

2012年5月24日 (木)

タンポポのわた毛。

 タンポポの花が終わりを告げ、見られるのはわた毛ばかりとなった。種子が風か吹くたびに飛んでいき、やがてまた新しい芽吹きが始まる。

Dsc_94501

夕暮れの陽を受けてわた毛はキラキラ輝いいてた。

Dsc_9481

風か無いので茎をゆらしてみたらパラパラと落ちたが、互いに絡み合いまるでサーカスのようにぶら下がって止まっり、さらにゆらしても地上に落ちることはなかった。

Dsc_9366

こちらはわた毛を閉じてしまった種子。明日は再び開くだろうか。

2012年5月23日 (水)

イトトンボ達

田植えが終わり、水が張られた田んぼは水辺の昆虫たちの楽園にかわり、今日もイトトンボの仲間があちこちでみられました。

Dsc_9456

お腹の縞が鮮やかなホソミエツネントンボ。成虫で越冬し、オスは春になると薄茶色から鮮やかな青色に変色する。

Dscf56971   

こちらも成虫で冬を過ごすホソミイトトンボ。 

2012年5月22日 (火)

押し花アート

 毎年行われる町の生涯学習の成人講座、今年も手作り講座を選び、今日は押し花アートに挑戦しました。ただこの手作り講座は、40人の受講者の中で男性が3人という、男にとっては肩身の狭い思いもある講座です。

Dscn3910

押し花アートとは、押し花を利用して絵画のように絵を作りますが、今回は初めてということでカレンダーの作成となりました。

Dscn3901

まずは講師の先生から手ほどき受けます。

Dscn3905

すでに作られた花や花びら、葉っぱなどの押し花 (ドライフラワーのようなもの) を重ね合わせて貼り付けていきますが、見本はないので、最初にイメージするデザインを考え、糊をつけずに一度 組み立ててみるのがコツです。

Dscn39042_2 

下から順番に押し花を貼り合わせてほぼ完成。シンプルにまとめた私の作品です。

Dscn39071
最後にラミネートをして紐つけ完成。写真は知り合いの女性の作品ですが、それぞれに作者のセンスや個性が表れて、大変おもしろい作品に仕上がりました。材料となる押し花の作り方は時間の関係で今回は説明のみとなりました。

2012年5月21日 (月)

晴れて良かった

 昨日の夕方の空は厚い雲に覆われあきらめていた金環日食でしたが、日が昇るにつれすこしづつ雲が切れ、日食が始まる頃は時々雲が程度、それでも金環食になる時には少しの雲もかからないのを願いつつの観察でしたが、金環食の間は雲もなく世紀の天体ショー見ることができました。
Dsc_0123

食のはじまりの太陽。3ッほどの大きな黒点が見られ、太陽が活動期に入っていることを示しています。

Dscf5687

Dsc_01331

80%ほど進んだ日食に雲がかかりハラハラ。それでもこれはこれでおもしろい写真になりました。

Dscf5690

木漏れ日が地上にたくさんの輪を作っていました。

Dsc_0162_2

右上から左下に月が移動 (正式には太陽が月を追い越している)しショーの終わりを告げました。

金環日食速報

 当地域(岐阜県御嵩町)で観測した金環日食の写真を掲載しました。

Dsc_0143

午前7時31分の金環食。以下は部分日食から金環食に変わる経過写真です。

Dsc_0139

午前7時30分 部分日食から金環日食へ。

Dsc_0141_2

午前31分03秒金環食はじまり

Dsc_01431

午前7時31分~33分金環食。

Dsc_0146

午前7時33分金環食終了。

Dsc_0147

午前7時34分の部分日食。   

2012年5月20日 (日)

ムラサキツユクサが見ごろ

隣の畑のムラサキツユクサが満開をむかえている。毎年紹介しているが、この花の雄しべの毛は肉眼でも確認できる大きさで、高校の生物の教科で原形質流動の観察などに取りあげられる。顕微鏡が無くても、虫めがねなどで観察してみるのもおもしろい。

Dsc_9395

ムラサキツユクサの雄しべの毛をよく観察すると、小さな細胞が数珠状に繋がっているのが解る。

Dsc_9362

こちらは白い花弁のムラサキツユクサ。

2012年5月19日 (土)

一日農繁期

 小さな集落の田植えが始まり今日一日はたんぼは賑やかでした。ほとんど兼業農家で農作業は土日に集中するためです。2日ほどすれば、蛙の鳴き声しか聞こえない静かな田んぼになってしまい、あっという間の農繁期なのです。

Dscn3865_2

私も今日は田植えを行った。1.5ヘクタールほどの田植えは、準備やかたづけを含めても一日で終わるので、一日農繁期といっています。

Dscn3867

とはいえ、水が張られた水路や田んぼには、人はいなくなってもカエルやトンボがやってきて、里山の自然に活気が出てきます。

Dscn3876

Dscn3889

こちらは、田んぼの畔ぐろに花を咲かせたニワゼキショウ。紅白そろって花を咲かせていました。

2012年5月18日 (金)

マツバウンラン

 田植えの頃に、田んぼの畔に毎年数ミリほどのさな花をつけるマツバウンラン。今年も小さな可愛い花をつけていました。

Dsc_9445

北アメリカ原産の帰化植物で、ランと名前がついていますがラン科ではなく、ゴマノハグサ科のなかま。

Dsc_9380

花を咲かせながら成長するこの花、紹介するのが遅かったようで下部は結実していました。

2012年5月17日 (木)

題名のないモノクロ写真展

 モノクロ写真展

Conv0128

夕照の帰港

2007_09180206

2007_09180313

志摩の海女

Dscf07501

湖と根株   

2012年5月15日 (火)

雨の日

 ここ数日雨が無く、畑に植えた苗たちがグロッキーぎみだったが、今日の雨で元気を取り戻した。得手勝手だか、晴れてほしいときは晴れて、雨がほしいときは降ってほしい。

Dsc_93071

Dsc_9334_2 

裏庭に咲いたアヤメ ( 園芸種) も雨の日がよく似合う。

Dsc_9352

こちらも裏庭のクレマチス。こちも日陰か雨を好むようです。

Dsc_9351

雨の日の新緑もまた美しい。

2012年5月13日 (日)

キアゲハ誕生

このところ初夏とはいえ冬のような冷たい風が吹き寒い毎日ですが、風のない日射しのもとではやっぱり夏で、体調管理が難しい日がつづきますね。
裏庭には今年し初めてでしょうか、羽化し誕生したばかりのキアゲハを見ることができました。 

Dscf0777

誕生したばかりのキアゲハ。初々しい身体と鮮やかな模様は標本にしたいほど。

Dscf0780

こちらは太陽を背にしたキアゲハ。透かして見る羽根の模様は一段と鮮やか。

2012年5月10日 (木)

いずれアヤメかカキツバタ

 このところの天候不順にもかかわらず、自然は着実に夏の装いを深めてきています。隣の家の畑にはアヤメが満開をむかえていますが、正直なところ最近は色々な園芸種が出回り、アヤメかカキツバタかハナショウブかわからない。5月の始めに湿地でもない畑に咲いていることからアヤメと決めました。理由はただそれだけ。

5102

写真を油絵風に加工してみました。

Dscf56832

アップで撮るとこんな感じ。アヤメでなかったらごめんなさい

2012年5月 8日 (火)

小さな小さな花たち

 このところ畑の雑草取りに追われている。野菜作りには邪魔な雑草たちですが、小さな小さな花を咲かせ、懸命に生きようとしている姿はけなげにでもあります。

Dscf0408

Dscf04191

Dscf04212

Dscf0428

Dscf56702

上からキュウリグサ、カタバミ、タチイヌノフグリ、コハコベ、アメリカフウロ。いずれも5㎜もみたない小さな花たちです。

2012年5月 7日 (月)

シャクナゲの里

昨日の続きになりますが、根の上高原への途中に寄った集落ではシャクナゲか見頃をむかえていました。

Dscf0587

標高があるため、まだつぼみもありましたが、集落を見下ろす山すその土手にはたくさんのシャクナゲが植えられていました。

Dscf0562

黒い雲に覆われ雷も鳴る天候、フラッシュを発光させて花を強調しました。

Dscf05342

少し下った別の集落に咲いていたシャクナゲは満開をむかえていました。管理をして見える農家の方にお話を聞くと、花の摘み取り、下草刈り、剪定、施肥などこまめに面倒見ないと良い花は咲かないそうで、手入れが大変なようです。写真を撮るだけの私達には少し申し訳ない気持ちにもなりました。

2012年5月 6日 (日)

根の上高原のミツバツツジ

 連休も今日が最後の日。時々雷雨というあいにくの天気でしたが、ミツバツツジ見ごろをむかえた根の上高原に写真仲間で行きました。今日はそんなミツバツツジの作品を紹介します。

Dscf0641

岐阜県中津川市と恵那市にまたがる根の上高原は標高1,000mほどあり、白樺も点在する高原地帯。

Dscf07242

高原には保古湖という湖もあり、湖面を背景にミツバツツジを撮ることができます。

Dscf0670

Dscf07581

あいにくの雨で、湖面を行き交うボートを入れることは出来ませんでしたが、しっとりと雨に洗われたミツバツツジを撮ることが出来ました。 

2012年5月 5日 (土)

谷間の姫百合

 いま裏庭のスズランが見頃をむかえました。小さな白い鈴をたくさんつけたランと言うことでスズランと呼ばれますが、別名は君影草とか谷間の姫百合などともばれます。
いずれも清楚でロマンチックな呼び名ですが、この野草の実態は、食べると死に至るケースもあるという毒草だそうで、「綺麗なバラにはトゲがある」のことわざ以上の花のようです。

Dsc_9285

Dsc_9298

北海道などに自生するニホンスズランと、園芸種のドイツスズランがありますが、写真は園芸種のドイツスズラン。

2012年5月 4日 (金)

野生のノダフジ

公園などの藤棚のフジは当然ですが、山の雑木林の野生のフジも、いま見ごろをむかえています。

Dsc_92701

一般的にフジと言われるノダフジ。花序も長く左巻きに巻きあがり成長する。関西以西のヤマフジ(ノフジ)と呼ばれるフジは、右巻きで花序も短ようです。

Dsc_92732

下から見上げるフジもまた綺麗です。

Dscf0509

こちらは藤棚に咲く園芸種のフジ。これはこれでまた綺麗ですね。

2012年5月 3日 (木)

日本昭和村のアルパカ

今日からゴールデンウイーク後半、そこで孫と一緒に最近になって日本昭和村にきたというアルパカを見に行きました。

Dscf04611

アルパカ小屋に行くと、窓から可愛い顔を覗かせていました。最近名前がつけられて、写真の左が雌の「なごみ」(和)、右が雄の「しょう」(昭)だそうです。

Dscf0464

長い髪の毛の「しょう」。ヒツジに似ていますが首が長いラクダの仲間。良質な毛が採れることから、南米地方で家畜として飼われていますが、ここのアルパカはまだ毛が刈り取られていなかったためか、モップのような姿でした。

Dscf0484

昭和村では色々なイベントが行われていて、今日は阿波踊り、バンド演奏、手品などが披露されていました。

Dscf0511

菜の花やチューリップも咲いていて、昭和村では今が一番いい季節かも知れませんね。

2012年5月 1日 (火)

まだ咲いているサクラ

 今日から五月。あっという間に夏が来て、近くの田んぼでは田植えの準備がはじまり、いよいよ里山はにぎやかになってきました。でも 今年は暖かくなるのが遅かったせいか、今花をつけているサクラがあります。

Dscf04062_2

Dscf04051

ウワズミザクラ  とてもサクラとは思えませんが、バラ科サクラ属にのなかまで、小さな花が穂状(花穂)につき、一つ一つの小さな花をよく見るとやっぱり桜の花に似ます。

Dscf03762_2

Dscf0374 

こちらは近くの広場に咲いて満開をむかえた八重桜。もつとも、東北や北海道ではこれからが桜の見頃ですので、そんなに驚くこともないのでしょうが。

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »